前回は距離不問のオールラウンダーたちを紹介したが、今回は芝でもダートでもG1勝ちを収めた馬場不問の二刀流馬たちをピックアップしよう。

 現在までに芝とダートの両方でG1(Jpn1を含む)を勝った日本の馬は全部で5頭。意外に少ないと感じるかもしれないが、これは日本ではフェブラリーステークスがG1に昇格となった1997年まではダートG1が存在しなかったから。そのため、これ以前に現Jpn1の東京大賞典を勝ったイナリワン(芝でも有馬記念などを勝利)や、Jpn1昇格直前の96年に川崎記念を制したホクトベガ(芝でエリザベス女王杯を優勝)などは前述の5頭には含まれない。

 ちなみにこの5頭のうち4頭は2000年頃に活躍したほぼ同世代の馬たち。史上初めて芝とダートの両方でG1馬となったのはアグネスデジタルだった。人気ゲーム「ウマ娘」にも登場しているこの馬こそが日本競馬史上もっとも馬場不問のオールラウンダーと言っても過言ではない。

 アグネスデジタルは3歳時(旧馬齢表記)から芝もダートもお構いなしに出走し、1999年にG2全日本3歳優駿(ダート1600m)で重賞初制覇。翌年の秋にはG3武蔵野ステークス(ダート1600m)2着からG1マイルチャンピンシップ(芝1600m)に挑戦して優勝した。

 しかしこれはアグネスデジタル伝説のまだまだ序の口。翌年は9月にG3日本テレビ盃(ダート1800m)圧勝からG1南部杯(ダート1600m)を連勝すると、その次走では芝の中距離に挑戦して天皇賞(秋)も制覇。この時に負かした相手が前年からこの年の春にかけて芝の中長距離路線を牛耳ってきたテイエムオペラオーとメイショウドトウだったのだから恐れ入るしかない。

 だがアグネスデジタルの無双はここからが本番。年末には香港へ遠征し、芝2000メートルの香港カップを制して海外G1勝利の快挙を達成。しかも翌年2月には再びダート路線に転じてフェブラリーステークスまで制してしまった。ダート(地方)→芝(中央)→芝(海外)→ダート(中央)でG1を4連勝。こんなローテーションで走る馬ですらまれなのに全て勝つのは空前絶後の偉業と言っていいだろう。

 アグネスデジタルはさらに2003年の安田記念も制覇。ダートでG1制覇後に芝のG1を勝ったのは後にも先にもアグネスデジタルただ1頭だけだ。

 アグネスデジタルから遅れること1年。芝ダート二刀流で頂点に立ったのが同世代のイーグルカフェだった。4歳(旧馬齢表記)だった2000年の春に芝のNHKマイルカップでG1初制覇を果たした後はなかなか勝ち星に恵まれず、4歳になってからはダートのフェブラリーステークスにも挑戦したが、それも8着に終わるなど結果が出なかった。

 それでも長く現役を続け、6歳となった2002年の夏にG3七夕賞で2年2カ月ぶりの白星をゲット。その秋にはフランス遠征を敢行して芝中距離のG2ドラール賞で3着と善戦した。そこからの帰国初戦に選んだのが、G1ジャパンカップダート。ここまでにダートは7戦して重賞での2着こそあったものの未勝利とあって5番人気に過ぎなかったが、世界的名ジョッキーのランフランコ・デットーリ騎手の好騎乗もあって断然人気だったアドマイヤドンらを下してダートG1馬の称号も手にした。

 余談だが当時のジャパンカップダートは土曜日開催で、デットーリ騎手は翌日に行われたジャパンカップも9番人気のファルブラヴで制覇。2日続けて伏兵でのG1勝利はデットーリ・マジック炸裂と日本のファンを感嘆させた。

 続いて紹介するのは、イーグルカフェとアグネスデジタルの1歳年下にあたるクロフネ。3歳春まではNHKマイルカップ制覇に外国産馬の出走が限定解禁されたダービーでの5着など、同世代のアグネスタキオン、ジャングルポケットと並んで3強と称されていた。

 芝の王道路線を歩んでいたクロフネの運命が変わったのは、その秋のこと。天皇賞(秋)を目標としていたクロフネだが、当時は2頭しか外国産馬の出走枠がなかった同レースにメイショウドトウと前述のアグネスデジタルが参戦したため、クロフネは路線変更を余儀なくされる。そこで陣営が選んだのが、天皇賞前日のダートG3武蔵野ステークスだった。

 このレースで、クロフネはこれも前述のイーグルカフェになんと9馬身差の圧勝。しかも勝ちタイムは1分33秒3という芝並みの破格タイムで、当時のJRAレコードを1秒以上も塗り替えるものだった。

 続くジャパンカップダートも直線で独走状態となり、前年の勝ち馬ウイングアローを7馬身もちぎり捨てる圧勝。この勝ちタイム2分5秒9もJRAレコードだった。残念ながらこのレースを最後に故障で引退してしまったが、無事に古馬となっていれば日本史上初の海外ダートG1制覇の偉業はクロフネが達成していたかもしれないと、当時を知る競馬ファンなら今でも無念の思いとともにその雄姿を思い出すのではないだろうか。

 4頭目は、クロフネより1歳年下(つまりイーグルカフェとアグネスデジタルからは2歳年下)のアドマイヤドン。母は二冠牝馬ベガ、兄アドマイヤベガはダービー馬という超良血馬で、自身も01年にデビュー3連勝でG1朝日杯フューチュリティステークスを制したエリート馬……だった。

 しかし期待された3歳春は皐月賞7着、ダービー6着と不発に終わり、秋の菊花賞も4着どまりでクラシックは無冠のまま終了。ここで陣営はデビュー戦で圧勝したダート路線に活路を見出さんと盛岡でのJBCクラシックに挑戦し、アドマイヤドンは見事に期待に応えて勝利した。

 続くジャパンカップダートは1番人気に推されるもイーグルカフェの激走の前に3着。翌年からはほぼダートに専念し、フェブラリーステークスや南部杯、帝王賞を勝ったほか、JBCクラシックは3連覇を達成した。ただしジャパンカップダートだけは03年が米国の伏兵フリートストリートダンサーの2着、04年もタイムパラドックスの2着と勝ちきれず。04年末には有馬記念で久々の芝レースに出走したが、ゼンノロブロイの7着だった。

 以降はしばらく芝とダートの両G1を勝つ馬は現れず。2010年に皐月賞と有馬記念を勝ったヴィクトワールピサは翌11年に日本調教馬初のドバイワールドカップ制覇の偉業を成し遂げたが、当時のドバイWCはオールウェザー開催だった。

 久々に芝とダートでG1勝ち馬となったのは、モズアスコット。この馬のローテーションも特異で、18年の安田記念制覇はオープンの安土城ステークス2着からの連闘だった。9番人気で芝マイルG1を制したモズアスコットだが、その後は翌年にかけて8連敗。そこで陣営は20年からダート参戦を決断する。

 その初戦だったG3根岸ステークスで、モズアスコットは見事に勝利。続くフェブラリーステークスもノンコノユメやインティら過去の優勝馬を抑えて連勝し、アドマイヤドン以来の芝ダートG1制覇を達成した。

 近年は得意な距離や馬場を狙い撃ちするローテーションが主流とあって、芝とダートの二刀流でG1制覇はハードルが上がっている感もあるが、白毛で注目を集めた21年の桜花賞馬ソダシは今年のフェブラリーステークスで3着と好走。もともと母系はダートでの活躍馬が多く、父も二刀流で成功したクロフネだけに今後もダート路線での活躍が見込めそう。あるいはこの馬が史上6頭目の快挙を成し遂げるのかもしれない。(文・杉山貴宏)