かつては広島商(広島)、松山商(愛媛)、高松商(香川)、県岐阜商(岐阜)、箕島(和歌山)、池田(徳島)など公立高校が甲子園でも多く優勝を重ねていたが、近年は私立の優位が続いている。最後に公立高校が甲子園で優勝したのはセンバツでは2009年の清峰(長崎)、夏の選手権では2007年の佐賀北(佐賀)であり、既に10年以上が経過している。2018年夏には吉田輝星(現日本ハム)を擁する金足農(秋田)が快進撃で勝ち上がったが、決勝では大阪桐蔭(大阪)の前に屈した。今後、公立高校で甲子園優勝を果たすチームがあるのか。近年の戦いぶりから探ってみたいと思う。

 ここ数年、最も安定した戦いぶりを見せているチームと言えば明石商(兵庫)と高松商の2校になるだろう。明石商は明石市が2005年に全国から野球指導者の公募を行い、明徳義塾中で全国大会優勝経験のあった狭間善徳監督を採用。2007年から監督に就任してから本格的な強化がスタートした。当初はなかなか結果が出なかったが、2011年春に県大会優勝を果たすと、2016年には吉高壮(現日本生命)を擁してセンバツに初出場し、ベスト8に進出。2018年夏からは3季連続で甲子園出場に出場し、2019年は春夏とも準決勝まで勝ち進んでいる。

 松本航(西武)、水上桂(楽天)、山崎伊織(巨人)、中森俊介(ロッテ)、来田涼斗(オリックス)と5人もの選手をプロに送り出しているのも見事だ。市の全面的な支援を受けて球場や室内練習場など充実した設備を誇り、プロに選手を送り出している実績もあって有望な中学生も数多く入学してくるようになっている。今後もコンスタントに甲子園で勝ち進む可能性は高いだろう。

 高松商も復活のきっかけとなったのは狭間監督と同じく中学野球で実績を残した長尾健司監督が就任したことだ。2014年に監督に就任すると、2015年には秋の四国大会を制すると、その後に行われた明治神宮大会でも優勝。翌年春のセンバツでも決勝で智弁学園(奈良)に延長戦でサヨナラ負けしたものの、優勝まであと一歩に迫り、名門復活を強烈に印象付けた。その後も3度甲子園に出場し、昨年夏も優勝した智弁和歌山(和歌山)と接戦を演じるなど、強さを維持している。

 かつての手堅い野球から一変し、今年のドラフト有力候補の強打者である浅野翔吾を2番で起用するなど、現代野球に合った戦い方をしている印象が強い。また昨年12月にはイチロー氏の指導を受けたことでも話題となったが、それを実現させたところにも長尾監督の手腕がよく表れている。今年のドラフトで浅野が上位指名されれば、さらに県内の有力選手の目が高松商に向かう好循環が生まれることになりそうだ。

 名門復活と言えば県岐阜商(岐阜)も忘れてはならない存在だ。2015年春に高橋純平(現ソフトバンク)を擁してセンバツベスト8に進出してからは低迷が続いていたが、2018年に同校OBで秀岳館(熊本)を3季連続甲子園ベスト4に導いた鍛治舎巧監督を招聘すると、早くも2019年秋には東海大会で準優勝(2020年春のセンバツは新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止)。昨年も春夏連続で甲子園に出場し、いずれも初戦で敗れたものの1点差の接戦を演じている。

 複数の力のある投手を揃え、昨年のドラフトでプロ入りした高木翔斗(現広島)など下級生でも力のある選手は早くから抜擢してチームの柱とするやり方は、秀岳館時代と同様であり、それがしっかりと結果に結びついているように見える。鍛治舎監督は今年で71歳という年齢からも長期政権は考えづらいが、今の勢いが続けば甲子園で再び上位進出も期待できそうだ。

 レベルの高い近畿で明石商と並んで存在感を示しているのが市和歌山(和歌山)だ。過去10年間で春4回、夏2回甲子園に出場。昨年は小園健太(現DeNA)、松川虎生(現ロッテ)のバッテリーが揃って1位でプロ入りを果たした。今年のチームも米田天翼、淵本彬仁と2人の力のある投手を揃え、センバツでも2勝をマークしている。バッテリーを中心とした手堅い守りには定評があるだけに、攻撃力がアップできればさらに上を狙えるだろう。その他では県内の有望選手が集まる仕組みが大きな強みである静岡(静岡)、伝統的に公立の強い四国で安定した戦いを続けている鳴門(徳島)なども有力候補である。

 かつては渡辺智男(元西武)を擁してセンバツ優勝を果たした伊野商(高知)のようにスーパーエースがチームを優勝へ導くケースもあったが、吉田輝星の例や球数制限を考えると、大会日程や方式が大きく変わらない限り今後そのようなことは起こりづらいことは確かである。やはりチーム力全体を底上げしていくことが重要になりそうだ。

 また私立校の県をまたいだ越境入学を批判する声は根強いが、少子化や地方の過疎化を考えれば公立であっても魅力のあるチームを作り、他県から選手が入学することも地域の活性化にプラスとなるはずだ。実際、県外から生徒を受け入れているチームは増えている。今後、そういった時代の流れに合ったやり方が、より一層重要になってくることは間違いないだろう。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。