黒のスーツを着込んだ宇野昌磨が滑る『Gravity』には、世界王者らしい成熟した雰囲気が漂っていた。

 4月29日「プリンスアイスワールド2022−2023 Brand New StoryIII 横浜公演」初回で宇野が滑ったのは、来季のショートプログラムだった。「つい先日までスイス合宿に参加していて、その場でステファン・ランビエールコーチに作っていただきました」と宇野が説明するこのショートは、アメリカのギタリスト、ジョン・メイヤーによる『Gravity』を使用している。ゆったりと流れていく『Gravity』は大人の男性をイメージさせる曲で、ベテランの域に入りつつある宇野にふさわしい。

 宇野は「まだ作り立てなので、あまりこのプログラムについて深く何も聞いていない」としながら、自分が感じるところを述べている。

「曲調の強いところと弱いところが、ちゃんと音楽として明確に分かれている部分なのかなと思うので、そういった部分を表現出来たらなと思っています」

「昨年もプリンスアイスワールドに出演させていただき、そこでは『ボレロ』を滑っていました」と宇野は振り返る。

「当初はまったくできていない状態のお披露目ではあったと思うんですけれども、そこで何公演も挑戦することによって、間違いなくこのプリンスアイスワールドの期間中に得たものがたくさんあったと思います」

 振付を手がけたランビエールコーチの宇野への期待がつまった今季のフリー『ボレロ』は、4種類5本の4回転を跳んだ後に激しいステップを踏んでいく、難しいプログラムだった。確かに昨年のプリンスアイスワールドでは最後のステップまで体力が続かないようにも見受けられたが、宇野はシーズンオフから逃げることなく『ボレロ』に取り組み続けた。シーズンに入っても継続してプログラムを磨き続けた結果が、優勝した世界選手権での最後のステップまで力強く滑り切る『ボレロ』だった。

『Gravity』の最後にも、『ボレロ』同様スプリットジャンプが組み込まれた華麗でハードなステップがある。昨年のプリンスアイスワールドで『ボレロ』のスプリットジャンプを着氷した宇野は一瞬うずくまるような姿勢になっており、そのハードさがうかがわれた。対して今年のプリンスアイスワールドではそのスプリットジャンプを軽々と決めているところに、宇野の成長が感じられる。しかし『Gravity』では、スプリットジャンプの着氷後に続けてバレエジャンプも跳ぶという、さらにハードな振付になっていた。

 思い起こされるのは、世界選手権の記者会見でのランビエールコーチの言葉だ。『ボレロ』について「今後どのプログラムやるにしても、このプログラムよりは楽だなって思えると思います」と口にした宇野に対し、司会者に発言を促されたランビエールコーチは「ショーマ、さらにステップアップするから楽になることはない」と断言している。

「さらにハードワークを重ねるからこそいい選手になって、その先にはまた新たなチャレンジが待っているんですよ、と伝えたいと思います」

 宇野は『Gravity』を滑りながら、このランビエールコーチの言葉を体感しているのかもしれない。

 プリンスアイスワールドについて、宇野は「ここからが自分の今シーズンのスタートだと思います」と言う。

「こうして一年間いい年で終われたというのも、ここから始まった出来事なのかなと思いますし、また来シーズンもここから始められたらなと思っています」

 宇野の新しいシーズンは、もう始まっている。(文・沢田聡子)

●沢田聡子/1972年、埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社に勤めながら、97年にライターとして活動を始める。2004年からフリー。シンクロナイズドスイミング、アイスホッケー、フィギュアスケート、ヨガ等を取材して雑誌やウェブに寄稿している。「SATOKO’s arena」