2019年のドラフトで入団した選手がブレークしている。いわゆる「佐々木朗希世代」はほかに、奥川恭伸(ヤクルト)、宮城大弥(オリックス)、紅林弘太郎(オリックス)、石川昂弥(中日)、西純矢(阪神)、及川雅貴(阪神)、堀田賢慎(巨人)と多士済々である。過去57年間のドラフトで、大活躍した選手が集中した各世代を振り返ってみる。

「大活躍選手」の定義は打者「1800試合」「1500安打」「200本塁打」「タイトル4個」、投手「500登板」「100勝」「120セーブ」「タイトル4個」とした(注/例えば同じシーズンに首位打者とベストナイン受賞は一つと数えた)。

【1968年ドラフト組】(入団当時の球団名。現役選手は現在の所属球団名)
大橋穣(東映)、山本浩二(広島)、田淵幸一(阪神)、有藤通世(東京)、大島康徳(中日)、島谷金二(中日)、加藤秀司(阪急)、福本豊(阪急)、金田留広(東映)、野村収(大洋)、星野仙一(中日)、水谷則博(中日)、山田久志(阪急)、東尾修(西鉄)

 山本、田淵、富田勝は「法政三羽ガラス」と呼ばれた。しかし「いの一番」指名は大橋だった。大橋は当時の東都大学リーグ記録の20本塁打。だが、プロでは「守備の人」で阪急に移籍した72年から7年連続ダイヤモンドグラブ賞(現在のゴールデングラブ賞)を受賞。阪急は山田、加藤、福本の社会人野球経由3人が「名球会入り」(投手で通算200勝以上か250セーブ以上、打者で通算2000安打以上)を果たしている。「名球会入り」は、それ以外にも東尾、有藤ら4人いて、計7人。田淵ら監督経験者計7人と、そうそうたる顔ぶれだ。

【89年ドラフト組/野茂世代】
小宮山悟(ロッテ)、佐々木主浩(大洋)、橋本武広(ダイエー)、潮崎哲也(西武)、佐々岡真司(広島)、野茂英雄(近鉄)、新庄剛志(阪神)、古田敦也(ヤクルト)、前田智徳(広島)

 当時のドラフト史上最多となる8球団が野茂を1位指名した。野茂以外を指名して、そのまま交渉権獲得となったのは潮崎、与田剛(中日)、佐々岡、大森剛(巨人)の4球団である。88年のソウル五輪は、アマチュア選手しか出場できず、五輪に出場するためにプロ入りを延ばしていた社会人野球選手も多かった。五輪出場投手は野茂のほか潮崎、渡辺智男(西武)らであり、佐々岡、与田、西村龍次(ヤクルト)さえもメンバーから外れる高いレベルであった。大学4年生も佐々木、小宮山、葛西稔(阪神)、酒井光次郎(日本ハム)ら好投手が目白押しだった。高校出ではドラフト4位で前田、5位で新庄が指名されて入団。好成績を残している。

【96年ドラフト組】
井口資仁(ダイエー)、松中信彦(ダイエー)、小坂誠(ロッテ)、岩村明憲(ヤクルト)、和田一浩(西武)、森野将彦(中日)、小笠原道大(日本ハム)、谷佳知(オリックス)、大塚晶文(近鉄)、黒田博樹(広島)

 96年アトランタ五輪に出場した社会人野球選手が多数プロ入りした。松中、谷らである。井口も大学生ながら五輪に出場していた。打者に逸材がそろっていた。和田は大学から社会人経由のドラフト4位でありながら、通算2000安打を達成した。異彩を放つのは小坂だ。新人王、盗塁王2度、ゴールデングラブ賞4度で「大活躍選手」の仲間入りを果たしている。

【98年ドラフト組/松坂世代】
小林雅英(ロッテ)、藤川球児(阪神)、福原忍(阪神)、上原浩治(巨人)、岩瀬仁紀(中日)、松坂大輔(西武)、新井貴浩(広島)、福留孝介(中日)、金城龍彦(横浜)

 98年は松坂と上原が人気を二分したが、当時は「逆指名制」で、上原と二岡智宏が巨人を逆指名した。逆指名権のない高校生の松坂は西武のほか、日本ハムと横浜も指名している。80〜81年生まれのいわゆる「松坂世代」だが、高校出で入団して活躍した選手は驚くほど少ない。藤川のほかは、東出輝裕(広島)と森本稀哲(日本ハム)くらいだ。「松坂を見てもっと力を磨かなくては」と大学に進学したという、2002年のドラフト入団組には和田毅(ダイエー)、村田修一(横浜)、永川勝浩(広島)らがいる。他の年の社会人組では杉内俊哉(ダイエー)が「大活躍投手」であり、久保康友(ロッテ)が新人王を受賞した。しかし「松坂世代」から「名球会入り」は出ていない。98年ドラフト組の打者では金城が首位打者、新井が本塁打王・打点王のタイトルを獲得している。福留は45歳ながら現役だ。

【2006年ドラフト組/マー君世代/ハンカチ世代】
田中将大(楽天)、前田健太(ツインズ)、坂本勇人(巨人)

「マー君世代」で高校卒業後に入団して大活躍した選手は、田中と坂本、前田の3人。田中と坂本が少年野球時代にバッテリーを組んでいたのは有名な話だ。坂本は首位打者獲得、40本塁打マーク、通算2000安打達成、ゴールデングラブ賞5度で、すでに史上ナンバーワン遊撃手といっても過言ではない。前田も沢村賞を2度受賞していて、「名球会入り」も有望視される。同い年で高校卒業後に入団した吉川光夫(栃木ゴールデンブレーブス)は、日本ハムで12年に14勝、最優秀防御率に輝いた。会沢翼(広島)はベストナインを3度受賞。斎藤佑樹(日本ハム)と同様、大学進学組で10年ドラフト組の「ハンカチ世代」「マー君世代」には、澤村拓一(レッドソックス)、大野雄大(中日)、柳田悠岐(ソフトバンク)、秋山翔吾(パドレス傘下3Aエルパソ)らがいる。田中と同い年の社会人組では、150セーブを達成した増田達至(西武)、100ホールドを達成した松永昂大(ロッテ)、最優秀防御率に輝いた石川歩(ロッテ)、首位打者に輝いた宮崎敏郎(DeNA)がいる。06年ドラフト組の大学出身者では希望枠入団の岸孝之(楽天)が今季通算150勝達成間近であり、独立リーグから入団した角中勝也(ロッテ)は首位打者を2度獲得している。

 こうして考えると「1968年ドラフト組」が断トツで、それに続くのは「野茂世代」「96年ドラフト組」の順だろうか。「松坂世代」「マー君世代」は大学進学後にプロ入りした選手の活躍が目立つ。「佐々木朗希世代」は、今後どんな活躍を披露してくれるのだろうか。(新條雅紀)