球団新記録となる11連勝を飾るなど、現在順調にパ・リーグの首位を走る楽天。投手陣ではエースの田中将大が完全復活を感じさせる安定感を見せ、攻撃面でも新加入の西川遥輝がリードオフマンとして機能するなど、投打が噛み合っている印象を受ける。ただそんな中で、目立たないながらも確実にチームの勝利に結びついているのが安定した守備力ではないだろうか。

 ここまで43試合を消化した時点でチームの失策数はわずかに7で12球団トップの数字となっている。2位のヤクルトのチーム失策数が19ということを考えると、いかに楽天の守備が安定しているかがよく分かるだろう。では今年の楽天は歴代の守備力が高かったチームと比べても高水準なのだろうか。過去の記録と比較しながら検証してみたいと思う。

 2000年以降で守備力が高かったチームと言えば、落合博満監督時代の中日を思い浮かべるファンも多いのではないだろうか。内野は荒木雅博、井端弘和の“アライバコンビ”が数多くの打球を処理し、扇の要である捕手には谷繁元信が君臨。外野もセンターの大島洋平など守備範囲の広い選手が揃い、また控え選手にも渡辺博幸、英智といったスペシャリストが揃っていた。中でも2004年のチーム失策数はセ・リーグ歴代最少の45で、6人の選手がゴールデングラブ賞を受賞している。安定した投手陣や中軸を打つ選手の打力ももちろん優れていたが、広いナゴヤドームで多く勝ちを拾えたのは、高い守備力が大きかったことは間違いない。

 落合監督退任後は選手が多く入れ替わったが、2019年の中日も守備面では非常に高い数字を残した。この年の失策数は先述した2004年に並ぶ45で、試合数は5試合多い中で記録している(2004年は球界再編によるストライキの影響もあり138試合)。広い守備範囲と堅実さを兼ね備えた京田陽太と球際の強さと正確なスローイングが持ち味の高橋周平が組む三遊間は特に安定感抜群で、京田はリーグトップの補殺数と守備率を記録している。またビシエド、阿部寿樹の一・二塁間も堅実さが光った。ゴールデングラブ賞こそ高橋と大島の2人だけで、捕手と外野はあらゆる選手が出場していたが、その中でこれだけ失策が少ないというのはチーム全体の守備の意識が高いことをよく物語っている。

 この中日を上回り、歴代最少の失策数(38)かつ歴代最高の守備率(.993)を記録したのが2017年のソフトバンクだ(失策数は1991年の西武と並んでタイ記録)。セカンドは流動的だったもののそれ以外の内野は内川聖一、松田宣浩、今宮健太が固定され、揃って安定したプレーを見せた。外野も柳田悠岐が1年を通じてセンターでプレーし、キャッチャーもこの年から甲斐拓也が不動の正捕手に定着している。控えにも高谷裕亮、明石健志、川島慶三、福田秀平といった守れる選手が多く揃っていたことも大きな強みだった。黄金時代のチームは守備力も高いという代表例と言えるだろう。

 一方今年の楽天は現在のペースで計算すると、シーズン失策数は23となり、歴代最高記録を大きく更新することになる。ただ、これまでのチームと大きく違うのは固定されているポジションが少ないということだ。特に内野はセカンドの浅村栄斗はほぼ固定だが、それ以外は日替わりに近い。ただ裏を返せばそれだけ複数のポジションを守れる選手が多いということであり、鈴木大地、渡辺佳明、小深田大翔、黒川史陽などはあらゆるポジションで先発出場している。状態に合わせて柔軟にポジションを入れ替えながら起用できるというのは、首脳陣にとってもありがたいことだろう。また外野はセンターの辰己涼介が圧倒的な存在感を示しており、西川もレフトへ固定となったことでスローイングの不安材料が軽減されたということも大きいだろう。

 もちろん失策が少なければイコール守備力が高いというわけではない。ただ守備力を総合的に評価するUZRを見ると(DELTA社 1.02 ESSENSE OF BASEBALL)、ほとんどのポジションでリーグ平均を上回っており、ショートの小深田大翔だけがわずかに低い程度にとどまっているのだ。ダントツの数字を残している選手は少なくても、平均以上の守備力を持っている選手が多いというのが今年の楽天の特徴と言える。

 投手のピッチングや野手のバッティングなどと比べると、どうしてもスポットライトが当たることが少なくなってしまう守備だが、過去の記録を振り返ってみても強いチームはやはり高い守備力を誇っていることが多い。そういう意味でも今年の楽天の守備はシーズンの見どころの一つでもある。失策のチーム記録の更新を含め、楽天の守りにも注目してもらいたい。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。