日本の国籍を持つ選手としては、初めてメジャーリーグのドラフトで全体100位以内で指名を受けた加藤豪将。今季はプロ入り10年目にしてメジャーデビューを果たしたことが話題となった。

 その後、所属していたブルージェイズでは初ヒットも記録したが早々に事実上の戦力外(DFA)となり、メッツに移籍後もメジャーに定着できない日々が続いている。米国では安定したポジションを確立できない加藤については、NPBドラフトを通じての日本球界入りを熱望する声も聞こえている。仮に加藤がNPBへの移籍を希望した場合、実際に獲得に動く球団はあるのか、そして日本で活躍するだけの実力はあるのだろうか。

 6歳の時に当時住んでいたサンディエゴで野球を始めた加藤は、ランチョ・バーナード高に在学中、打率.411、25本塁打、114打点の成績を残し、ルイスビルスラッガー社が選ぶ全米ファーストチーム(全米の高校生ベストナイン)に選出。攻守に優れた高校生としてメジャー球団の目に留まり、2013年のドラフトでヤンキースの2巡目(全体66位)指名を受けてプロ入りした。

「米球界では10代の選手に関しては技術よりもフィジカル、メンタル面を考慮して指名する傾向が強い。(加藤は)飛び抜けた体格ではないがパワーとスピードに優れている。米国の選手に引けを取らないと判断されただけでも評価に値する。日本人選手特有の技術の高さ、細かさが加われば、勝負も期待できると判断されて指名された」(MLBアジア地区担当スカウト)

 加藤はプロ入り後も着実にステップアップし、2019年にはチーム傘下の3Aで83試合に出場し、打率.279、11本塁打、39打点、8盗塁、出塁率.382をマーク。その後はマーリンズ、パドレスのマイナーでプレーし、パドレス時代にも3Aで打率.306を記録するなど結果を残したが、メジャーに昇格することはなかった。

「プロ入り後の成長曲線は素晴らしく、獲得したい球団も数多くあったがヤンキースは手放さなかった。マーリンズ移籍でチャンスがあると思えたがコロナ禍が重なり、タイミングも悪かった(マーリンズに在籍した2020年はマイナーの試合が開催されず)。各球団、経営状態が悪化してマイナー球団も削減された。多くの要因が重なり所属球団での出場機会も限られてしまった」(在米スポーツライター)

 そしてプロ10年目の今シーズン、ブルージェイズに移籍した加藤は春季キャンプで結果を残して開幕ロースター入りを果たす。4月9日には代走でメジャーデビューを飾り、27日にはキャリア初安打となる二塁打を放った。だが、その後はDFAやメッツへの移籍など、自身の立ち位置が定まらない状態が続いている。マイナーではしっかりと実力を示してはいるが、今後も米国でプレーするとなれば、メジャー定着へは厳しい状況が続くと予想される。

「プロ入り前からの本職セカンドに加え、ショート、サード、ファーストを守ることができる。足も速いので外野手もできるはず。打撃も期待できるユーティリティ選手なので今後も需要は間違いなくあるでしょう。ただ今のままではジャーニーマンとして毎年のように球団を移る可能性が高い。27歳という脂が乗る年齢、野球人生で本人が何を望んでプレーするかが今後のキャリアの決断に影響を与えるでしょう」(MLBアジア地区担当スカウト)

「年齢的には米国でさらにレベルアップできる伸び代はある。しかし余程飛び抜けた結果を出さないと今後も同じような起用、契約になるでしょう。これからの野球人生、自身のルーツが日本にあること、経済面などを客観的に考えると日本球界入りの可能性も否定できない」(在米スポーツライター)

 日本球界を経由せずメジャーリーグでプレーした加藤の場合、NPBのチームに入団するためにはドラフトで指名される必要がある。過去にはオリックスでプレーしたマック鈴木が同様のルートでNPB入りしたが、実際に加藤が日本球界入りを希望した場合、“需要”はあるのだろうか。

「パンチ力のある打撃と俊足を持ち合わせた攻撃的な選手。投高打低になりつつあるNPBでは、どの球団も欲しいタイプです。守れるポジションも多いのでチームプランに左右されず常時試合出場も見込める。NPB挑戦を決断したとなれば、手を挙げる球団は多いかもしれません」(在京球団編成担当)

 また、野球の実力だけではなく、経歴的にも面白いプレイヤーだけに、日本球界入りとなれば“人気者”となれる可能性も秘めている。

「生い立ちを含めてストーリー性抜群の選手。細身の身体でスピード感溢れるプレーはイチロー氏を思い出させる。NPB挑戦で結果を残してくれたらスター選手になれる。TV出演やCMオファーが殺到することも予想されます」(大手広告代理店担当者)

 ヤンキース入団からマイナーリーグで結果を残し、メジャーまで辿り着いた加藤。適応能力とタフなメンタルを持ち合わせているのは間違いない。仮に加藤が加入すれば、戦力的な部分はもちろん、野球への姿勢など有形無形のプラスもあるはずだ。最近では日本で結果を残してメジャー球団と好条件を結んで米国に帰国する助っ人たちが増えたが、加藤もこの路線を狙って日本でプレーするのも悪くないはずだ。また話題の面でも貢献してくれるのは間違いなく、日本の球団が興味を示す可能性は決して低くないだろう。