誤審や疑惑の判定がクローズアップされるたびに、批判の的になる審判だが、その一方で、「さすが!」とファンを唸らせるような“神判定”で名を馳せた審判もいる。

 ビデオ判定がない時代に、誰が見てもアウトと思われた本塁クロスプレーをセーフと判定し、翌日の新聞写真によって、その目の確かさが証明されたのが、岡田功審判だ。

 問題のプレーは、1969年10月30日の日本シリーズ第4戦、巨人vs阪急の4回裏に起きた。

 3点をリードされた巨人はこの回、土井正三、王貞治の連打で無死一、三塁とし、4番・長嶋茂雄がフルカウントから空振り三振に倒れた際に、ダブルスチールのスタートを切った。

 だが、セカンド・山口富士雄が、捕手・岡村浩二の送球を二塁ベース手前でカットし、すかさずバックホーム。三塁走者・土井は岡村のブロックに阻まれ、本塁タッチアウトになったように見えた。ところが、岡田球審は「セーフ!」をコールするではないか。

 このプレーの直前、長嶋のカウント1−2からの4球目の空振りを取らず、ボールと判定されたことにも激しく抗議していた岡村は、度重なる不利な判定にぶち切れ、ミットをはめたまま岡田球審の顎に左ストレートを繰り出した。

 岡田球審が岡村に日本シリーズ史上初の退場を宣告すると、西本幸雄監督とコーチ陣が食ってかかり、たちまち抗議の輪が広がる。岡村も「あれは絶対の自信を持ったブロックだった。完全なアウトだった。1発で退場というのはカッコ悪いので」と輪の中に乱入し、もう1発岡田球審にパンチをお見舞いした。

 西本監督も「巨人が見逃せば全部ボールになる。ホームをつけば全部セーフになるのではかなわん。あれがセ・リーグを代表する審判というのですか。このことに関しては、何らかの形ではっきりしてもらわんと、日本シリーズをやる意味はない」と口を極めて非難した。

 一方、土井は「オレはしょっちゅう冗談で嘘をつくが、あれだけは信念を持ってセーフだと言えるよ。だって、岡村の両足の間をくぐって、オレの左足がホームを突いたんだもの」と主張した。

 はたして、翌日の新聞に土井が岡村のタッチをかいくぐって本塁ベースを踏んでいる“証拠写真”が掲載され、岡田球審の判定が正しかったことが証明された。

 グラウンドでプレーしていた選手たちは、誰一人として状況を理解できなかったのに、その中にあって、唯一状況を認識し、ルールに則した正しい判定を下したのが、谷博審判だ。

 91年6月5日の大洋vs広島、球史に残る珍プレーが起きたのは、2対2の同点で迎えた9回裏だった。

 大洋は1死満塁から清水義之が紀藤真琴の初球を本塁ベース近くのやや三塁寄りに高々と打ち上げた。打球が落ちはじめるのを見た谷球審は「インフィールドフライ・イフ・フェア」と宣告した。打球がファウルになったらファウル、フェアゾーンだったら、捕球したかどうかに関係なく、インフィールドフライという意味だ。

 この日は三塁側から右中間に風が吹いており、フェアゾーンに吹き戻された清水の打球は、両手を上げて捕球態勢に入った捕手・達川光男の1メートル後方にポトリと落ちた。

「しめた。ゲッツーだ」とほくそ笑んだ達川は、打球をワンバウンドで処理すると、本塁ベースを踏み、そのまま一塁に転送した。「バウンドした瞬間、一か八かで走った」と本塁に突っ込んだ三塁走者の山崎賢一は、達川がベースを踏むのを見て、「アウトと思った」という。

 ところが、谷球審は清水にインフィールドフライでアウトを宣告するとともに、達川が山崎にタッチしなかったことから、本塁セーフをコール。思いもよらぬ形でサヨナラゲームとなった。

「何で? ベースを踏んだじゃないか」と達川は絶叫し、山本浩二監督もベンチを飛び出して抗議したが、谷球審の説明を聞くうち、しだいに青ざめていった。「ルール上、そうだからなあ。審判はちゃんと宣告したし」(山本監督)。

 一連のプレーをミスなく完璧に裁いた谷球審は、91年度のファインジャッジ賞を受賞している。

 四球と思われた場面で、ファウルチップを見逃さず三振をコールし、「ナイスジャッジ!」と賛辞を贈られたのが、石山智也審判だ。

 20年7月30日のロッテvs楽天、2回の楽天の攻撃で、太田光がフルカウントから石川歩の内角高め直球に反応しかけたが、明らかなボール球と見て取ると、グリップエンドを前に突き出すようにして、バットを止めた。

 バットを振らずに見送ったので、四球になってもおかしくない場面だったが、石山球審はなんと、三振をコールした。

 実は、太田がバットを止めた直後、ボールがグリップをかすめ、捕手・田村龍弘のミットに収まっていたのだ。たとえバットを振っていなくても、ファウルチップを田村が捕球している以上、三振というわけだ。

 決定的瞬間を見逃さなかった石山球審に対し、ネット上で「審判ナイス!」「芸術点高めの三振」など絶賛する声が相次いだのは言うまでもない。

 解説者の里崎智也氏は「当たったかどうかではなく、音です」と、石山球審が音でファウルチップと判断したのではないかと推理していたが、審判が視覚だけではなく、聴覚も活用していることが窺えるエピソードである。(文・久保田龍雄)

●プロフィール
久保田龍雄/1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2021」(野球文明叢書)。