前回は「メジロ」の名馬たちを取り上げた冠名シリーズ。今回もオールドファンにとっては懐かしの、そして人気ゲーム「ウマ娘」ファンの方たちにとってもお馴染みの「アグネス」を冠する名馬たちを紹介しよう。

 1970年代から競馬場に登場し始めたアグネス軍団にとってのG1初勝利は1979年。アグネスレディーによるオークス制覇だった。翌年も京都記念や朝日チャレンジカップを勝って引退したアグネスレディーは6番仔としてロイヤルスキー産駒の牝馬を送り出す。

 アグネスフローラと名付けられた牝馬はデビューから無傷の5連勝で1990年の桜花賞を制し、母とのクラシック親子制覇を達成した。ただし続くオークスはエイシンサニーの2着で母との2代制覇はならず、故障によってこれを最後に引退を余儀なくされてしまった。

 早々と現役時代が終わってしまったアグネスフローラだったが、彼女は繁殖牝馬としても優秀だった。4番仔のサンデーサイレンス産駒はアグネスフライトと名付けられ、4歳(旧馬齢表記)となった2000年2月にデビュー勝ち。皐月賞は不出走となったが、5月にG3京都新聞杯を勝ってダービー出走を確定すると、本番では最後の直線で抜け出していた皐月賞馬エアシャカールをハナ差で差し切った。

 祖母アグネスレディー、母アグネスフローラの主戦も務めた河内洋騎手にとっては45歳で待望のダービー初制覇。またクラシック三代制覇も史上初の快挙となった。残念ながらダービー後は勝てずに引退し、種牡馬としても成功を収めることができなかったが、歴史に名を刻む存在となったことは間違いなかった。

 そのアグネスフライトの1歳下の全弟として誕生したのが、アグネスタキオンだった。ダービー馬の全弟ながら2000年12月の新馬戦では3番人気に甘んじたが、結果は3馬身半差の快勝(ちなみに1番人気で5着のボーンキングもダービー馬フサイチコンコルドの半弟だった)。

 そして今なお語り草となっているのが、その年末に行われたラジオたんぱ杯3歳ステークス。アグネスタキオンは先行策から早めにまくってレコード勝ちという快勝を見せたのだが、2馬身半差で下した2着馬はのちのダービー馬ジャングルポケット、3着馬はNHKマイルカップを勝つクロフネだったのだから、この勝利は後になるほど価値あるものとみなされるようになった。

 翌01年は3月の弥生賞から始動し、デビュー戦での雪辱を期すボーンキングを5馬身差で返り討ち(4着には秋に菊花賞を制すマンハッタンカフェもいた)。無敗で臨んだ続く皐月賞でも先行策から抜け出す危なげないレースでダンツフレーム(翌年に宝塚記念を勝利)、ジャングルポケットを下し、兄フライトに続いて三代クラシック制覇を達成した。

 そのまま無敗の三冠も期待されたアグネスタキオンだが、5月に屈腱炎を発症。ダービーを走ることなく引退となった。種牡馬としては兄と違って優秀で、初年度産駒から2005年のNHKマイルカップを制したロジックを出し、その後も桜花賞や有馬記念などG1を勝ちまくった名牝ダイワスカーレット、ダービー馬ディープスカイ、皐月賞馬キャプテントゥーレなどを次々と送り出した。

 2008年には内国産馬としては51年ぶりとなる総合リーディングサイアーを獲得。このままタキオン時代が来るかと思われたが、翌09年に急性心不全で世を去った。ウマ娘には娘のダイワスカーレットともども実装され、リアルでは走ることがなかったダービー以降のレースを勝つ姿でファンを喜ばせている。

 名前のとおり短い生涯を走り抜けたタキオンの陰に隠れる形となったが、同期のアグネスゴールドも非凡な馬だった。デビューからきさらぎ賞とスプリングステークスの重賞2勝を含む4連勝。タキオンと同様に河内騎手が主戦だったためクラシックではどちらに乗るかで注目を集めるほどだったが、ゴールドはスプリングS後に骨折が判明。春のクラシックを棒に振り、タキオンが引退して不在となった秋に復帰すると引き続き河内騎手の手綱で菊花賞に臨むも8着に終わった。

 結局この秋を3連敗で終えると、ゴールドは故障による長期休養の末に引退。種牡馬入り直後は芽が出なかったが、アメリカを経由してブラジルへ輸出されると、ここで思わぬ大成功が待っていた。

 現地での産駒がブラジルダービーなどG1を勝ちまくり、2020年にはアイヴァーが米G1シャドウェルターフマイルを制覇。21年にもインラブが米G1キーンランドターフマイルを勝つなど、産駒たちが南米および北米で大活躍したのだった。

 アグネス軍団は自前の血統をつなぐだけではなく、外国産馬にも何頭かの活躍馬が存在した。世界的な名種牡馬ダンジグの産駒アグネスワールドは、最強世代の呼び声もある98年クラシック世代の一角。もっとも自身は短距離を主戦場としたためスペシャルウィークやセイウンスカイとは対戦がなかった。

 2歳時に芝の函館3歳ステークス、ダートの全日本3歳優駿を勝つなど早くから活躍していたワールドだが、真価を発揮したのは古馬になってから。99年の夏に小倉でオープン戦を連勝すると、陣営は欧州遠征を敢行。10月にロンシャン競馬場の芝1000メートル直線コースで行われたG1アベイドロンシャン賞を見事に制してみせた。

 その暮れのG1スプリンターズステークスではブラックホークの2着、翌春のG1高松宮記念ではキングヘイローの3着と国内ではG1を勝ちきれなかったアグネスワールドだが、再度の欧州遠征では英G2キングズスタンドステークス2着後に臨んだG1ジュライカップで、2度目の欧州G1制覇を達成した。これは日本調教馬による初の英国重賞勝ちでもあった。

 帰国後のG1スプリンターズステークスでは最低人気馬ダイタクヤマトにまさかの逃げ切りを許してまたも2着。続く米国遠征でのG1ブリーダーズカップスプリント(ダート6ハロン)8着を最後に引退した。真価を発揮できるのが直線コースかつ芝1000メートルまでという、日本では実力を発揮しきれない不器用な直線番長だった。

 余談となるが、アグネスワールド自身はウマ娘にはまだ未登場だが、半兄でスプリンターズステークスの勝ち馬ヒシアケボノは競走馬時代をほうふつとさせるキャラで実装されている。人気の98年世代ということもあり、ウマ娘が海外レースを実装する日が来ればアグネスワールドもゲームに登場するかもしれない。

 そのウマ娘にアグネスタキオンとともに実装されているのが、史上屈指のオールラウンダーぶりで知られたアグネスデジタル。以前に芝・ダートの二刀流での活躍馬を取り上げた記事でも紹介したが、この馬のハイライトは2001年の秋から翌02年にかけてダート1600メートルの南部杯、芝2000メートルの天皇賞(秋)、芝2000メートルの香港カップ、そしてダート1600メートルのフェブラリーステークスと、芝とダートだけでなく距離、そして地方・中央・海外もお構いなしに4連勝したことだ。

 この破天荒すぎるローテーションでの快進撃に、当時のファンは親しみを込めて「変態」と呼んだりもしていた。そのためかウマ娘では自身もウマ娘でありながら重度のウマ娘オタクなキャラとして登場し、二刀流で活躍した実績はゲームでも「あらゆるウマ娘を近くに拝みたい一心で芝ダート問わぬ万能な走力を見せつける」という設定に生かされている。(文・杉山貴宏)