高校球界では、2010年代に大谷翔平、佐々木朗希が“夢の160キロ台”を実現したが、50年近く経った今でも“高校野球史上最高の投手”といわれているのが、作新学院時代の江川卓だ。

「高2の秋が一番速かった」といわれ、「150キロ以上」とも推定されている江川の球は、数字には表せない凄みがあった。特に高めにホップしてくる速球は、ほとんどの打者がボールとわかっていても振ってしまう独特の軌道を描き、地方大会では当たり前のようにノーヒットノーランを連発。打者がバットに当てただけで、スタンドからどよめきが起きるなど、木製バットの時代という条件を差し引いても、まさしく“怪物”だった。

 江川の“剛球伝説”は、背番号17でベンチ入りした1年夏の栃木県大会から始まっている。

 1971年7月18日の2回戦、足尾戦、4回からリリーフした江川は、5イニングを7奪三振のパーフェクトに抑え、8回コールドの参考記録ながら、継投によるノーヒットノーランで公式戦デビューを華々しく飾った。

 さらに公式戦初先発となった7月22日の3回戦でも、足利工大付を8回3安打6奪三振の無失点に抑えたあと、翌23日の準々決勝、烏山戦では、2日連投の1年生が、なんと、栃木県大会史上初の完全試合を達成した。

 高校時代の江川の凄さを物語るエピソードのひとつとして知られるのが、正捕手・小倉偉民(現亀岡姓。衆議院議員)が故障で休み、控え捕手がマスクをかぶった試合だ。

 5回まで無安打に抑えた江川は「6回から本気で投げてもいいか」と声をかけ、第1球を投じた。

 ところが、江川の球に慣れていない控え捕手は、高めに伸びてくる球を捕球できず、ボールは球審のマスクを直撃。球審はむち打ちになり、急きょ「座っているだけでいいから」と小倉が駆り出されたという。

 だが、そんな「50年に一人」の逸材も、甲子園とはなかなかご縁がなかった。

 1年夏は県大会準決勝で宇都宮商に延長11回の末、惜敗。2年秋も不運に泣いた。関東大会1回戦の前橋工戦、江川は1回2死から10連続奪三振と付け入る隙を与えなかったが、1対0とリードした5回の打席で頭部死球を受け、そのまま入院。チームも逆転負けを喫した。

 さらに2年夏の県大会も、ノーヒットノーラン、完全試合、ノーヒットノーランと3試合続けて快投を演じたが、準決勝の小山戦では、9回まで無安打に抑えながら、延長10回に初安打を許し、0対0の11回にスクイズで無念のサヨナラ負けとなった。

 そんな不遇の日々を経て、江川が高校3年間で最大の力を発揮した2年秋がやって来た。

 県大会4試合で29回を無失点に抑えた江川は、関東大会でも1回戦で東農大二を6回1安打13奪三振無失点。甲子園出場がかかった準決勝の銚子商戦では、被安打1の20奪三振に切って取り、4対0の快勝。銚子商の各打者は、バットを短く持って食いつこうとしたが、打球は前に飛ばず、バントで揺さぶろうとしても次々にファウルになった。

 江川自身も「銚子商戦が私の最高の出来でした。あの一戦だけは落とせなかったものですから。センバツのためにも」と振り返っている。決勝でも横浜を4安打16奪三振で6対0と下し、“横綱相撲”で関東の覇者となった。

 そして、翌春のセンバツ、甲子園のマウンドに上がった江川は、全国のファンの前で、そのベールを脱ぐ。

 1回戦で北陽を2安打19奪三振完封、準々決勝の今治西戦も1安打20奪三振完封と、噂どおりの怪物ぶりを発揮。準決勝で広島商の機動力野球に敗れたものの、通算60奪三振は今も歴代トップで、まさに江川のためにあったような大会だった。

 だが、チームメイトが本塁打を打っても、騒がれるのは江川ばかり。いつしかチームはバラバラになり、打線もつながらなくなった。加えて、センバツ後は、全国から招待試合や練習試合の申し込みが殺到し、基礎練習や投げ込みもほとんどできないほど多忙なスケジュールに追われた。

 チームワークも体調も万全にほど遠い状態で、高校最後の夏を迎えた江川だったが、県大会で連日“異次元”の快投を見せる。

 初戦の真岡工戦は、21奪三振1四球でノーヒットノーラン。3回戦の氏家戦でも2試合連続ノーヒットノーランを記録も、捕手からの送球を一塁手がベースの前で捕球した結果、振り逃げの走者を許し、惜しくも完全試合を逃している。

 その後も、準々決勝の鹿沼商工戦、準決勝の小山戦のいずれも1安打無失点に抑え、決勝の宇都宮東戦では、高校通算9度目のノーヒットノーラン(完全試合2度、ノーヒットノーラン7度)を達成したが、2つのエラーがなければ、パーフェクトだった。

 だが、県大会5試合で被安打わずか2と無双しまくった江川も、甲子園入り後は、別人のように球の切れを欠き、2回戦の銚子商戦で延長12回、雨中の押し出しサヨナラ四球という思わぬ形で敗れ去った。

 話は1球前に遡る。フルカウントになって、内野手がマウンドに集まってきた。「真っすぐを投げたい。それでいいか?」と尋ねる江川に、ふだん江川と口を聞かなかった選手も含めて、「お前の好きなボールを投げろよ。お前がいたから、ここまで来れたんだ」と声を揃えた。

 結果は大きく高めに外れるボール球になったが、最後の最後でチームがひとつにまとまったことに安堵した江川は、爽やかな気持ちでマウンドを降りたという。(文・久保田龍雄)

●プロフィール
久保田龍雄/1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2021」(野球文明叢書)。