試合中、突然マウンドの佐々木朗希(ロッテ)に詰め寄り、「大人げない」と世論の批判を浴びた白井一行審判。その後も5月15日のレアード退場事件で再び「球審白井」がトレンド入りするなど、騒動の余波が続いているが、審判が当事者となったトラブルは、今に始まった話ではない。50年以上前には、ひとつの判定をめぐり、白井審判以上に世間の逆風にさらされたばかりでなく、後に誤審ではなかったことが判明し、一転“名ジャッジ”とたたえられた審判も存在した。

 その審判の名は、岡田功。セ・リーグを代表する審判として、実働36年にわたって職務をまっとうし、レギュラーシーズン通算3902試合出場はNPB記録でもある。

「プロ野球審判の“見事な判定”列伝」(5月31日配信)でも紹介した球史に残る事件が起きたのは、審判就任14年目、球審を務めた1969年10月30日の日本シリーズ第4戦、巨人vs阪急の4回裏だった。

 0対3とリードされた巨人は無死一、三塁、4番・長嶋茂雄がフルカウントから三振に倒れると、一塁走者・王貞治がスタートを切った。三塁走者・土井正三も、捕手・岡村浩二が二塁に送球するのを見ると、迷わず本塁に突っ込み、二塁からの好返球でクロスプレーになった。

 だが、172センチ、62キロの土井は、175センチ、80キロの岡村のブロックに跳ね返され、一回転してファウルグラウンドに吹っ飛ばされてしまう。岡村は本塁ベースに覆いかぶさるようにして土井にタッチしており、誰の目にもアウトに見えた。

 ところが、岡田球審の判定は「セーフ!」だった。

 直前にカウント0−2から長嶋のハーフスイングを「ボール!」と判定されたときにも、「完全に振ったじゃないか!」と抗議していた岡村は、度重なる不利な判定にぶち切れ、岡田球審の顎にパンチをお見舞いした。

 さらに阪急・西本幸雄監督も岡田球審の服を掴み、ボタンを引きちぎらんばかりの勢いで食ってかかる。退場を宣告された岡村も、去り際にもう一発、岡田球審にパンチを浴びせるなど、本塁上の騒動は約3分にわたって続いた。

 だが、岡田球審は「岡村はブロックしていたと言うが、両足の間にわずかな空間があり、そこに土井の足が入ったのを見届けた。だから、自信を持ってセーフと判定した」ときっぱり断言した。

 にもかかわらず、世論のほとんどはアウトの見解だった。スタンドの巨人ファンも「アウトにされても仕方がないね」と阪急に同情するありさま。テレビ中継のスロービデオの映像も、岡村がブロックしながら土井をタッチアウトにしたように見えたことから、全国のファンも「あれはアウト!」と“世紀の大誤審”を確信した。

 取材中の新聞記者たちも同様だった。試合後、コミッショナー会議の会場に押しかけ、「審判問題で(今後)ビデオを採用することはないか?」「多くの人がこのスロービデオで(判定に)不満を抱いているとすれば、何らかの形ですっきりさせるということを講じてもいいのではないか?」などと異例の申し入れを行った。

 この日の岡田球審は、まさに四面楚歌のような状況だった。ひとつの判定をめぐり、マスコミも含めて、これほどまでに世論を敵に回した事件は、おそらく他にほとんど類を見ないだろう。

 ところが、その後、各新聞社で問題のシーンのフィルムを現像してみると、関係者は皆、あっと驚いた。

 岡田球審が説明したとおり、土井の左足が、ブロックする岡村の両足の間のわずかな隙間をかいくぐるようにして、本塁ベースを踏んでいる瞬間が、はっきり写し出されていたのだ。「よくぞ見ていた!」と言いたくなるような“神判定”だった。

 当時報知新聞記者だった近藤唯之氏は、岡田球審の自宅に電話を入れ、写真によって判定の正しさが証明されたことを伝えた。

 筆者は以前、近藤氏から当時の話を取材する機会があったが、電話口の向こうの岡田球審は、ベロベロに酔っている様子だったという。

 帰宅後、岡田球審は「ミスジャッジをしてしまったかもしれない」と思い悩み、辞表を提出することも考えていたといわれる。判定には自信があったのに、心ならずも世論の集中砲火を浴びたことで、やりきれない気持ちになり、酒を飲まずにいられなかった一人の男の悲しい心情が、如実に伝わってくるような話である。

 翌日、新聞各紙は土井の足が本塁ベースを踏んでいる写真をこぞって掲載し、晴れて岡田球審の名誉が回復された。

 一夜明け後、岡田球審は「やはり私の判定は間違っていなかった。夜、新聞社の人から『セーフのようだ』と写真の結果を知らされたが、やはり昨夜は寝られませんでした」と述懐している。

 この話は、後にアニメ化されている。「巨人の星」第148話「グラウンドの孤独者」(1971年1月23日放映)の中で、日米野球の話に設定を変えて紹介されたのだが、当時小学生だった筆者も見ていた。以来、岡田氏は、子供心にも最も身近な存在の審判として記憶されたのは言うまでもない。

 これほどまでにドラマチックな審判の判定をめぐる物語は、はたして、これからも生まれるだろうか?(文・久保田龍雄)

●プロフィール
久保田龍雄/1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2021」(野球文明叢書)。