5月30日(現地時間:以下同)、鈴木誠也(シカゴ・カブス)の負傷者リスト入りが発表された。鈴木の負傷者リスト入りの報は、多くの現地メディアにも衝撃を与えた。『NBCスポーツ』や『CBSスポーツ』、『ESPN』といった大手メディアは速報を出し、スポーツメディア『クラッチ・ポイント』は、「鈴木誠也のけがの続報はカブスに残忍な打撃を与えた」という見出しで、その深刻さを伝えている。

 発端は5月26日の敵地でのシンシナティ・レッズ戦。3回に二盗を試みた鈴木は、相手の送球を避けた際に塁に頭から滑り込みベースに左薬指を突き指。盗塁は成功したが、激痛でしばらく起き上がることもできず、4回の守備から途中交代。試合後の検査で、左薬指捻挫という診断を受けた鈴木は、試合後「バットも握れなかった」と、痛みの度合いを明かした。その後、鈴木は大事をとって28日から2試合欠場するも、30日に10日間の負傷者リストに入った。

 カブスの公式発表によれば、鈴木の負傷者リスト入りは5月27日から適用とされ、最短で6月6日に復帰可能になる。鈴木は負傷後もチームに帯同し、マシン打撃などの練習に参加している。カブスのデビッド・ロス監督は、「腫れはかなり良くなったようだ」と話し、「長引かないことを願いたい」と早期復帰に期待を寄せた。

 しかし、鈴木の患部は良い状態にあるとは言い難い。負傷から3日後に負傷者リスト入りしたことが何よりの証拠だろう。地元紙『シカゴ・トリビューン』は30日、「カブスは鈴木が捻挫した左薬指の回復を可能な限り待った。しかし、月曜日(30日)の試合前の練習後、良い状態にはなかった」と報じた。また、翌31日にはカブス地元紙『シカゴ・サンタイムズ』は「鈴木はボールを打つこと、捕球することに不快感を感じていると話している」と伝えている。さらに鈴木も31日、患部の状態を次のように説明している。

「じん帯が伸び、内出血もしていて、グローブをはめても痛いし、髪を洗っていても痛い」

 本人の話によれば、左の薬指は半分ほどしか曲がらず、人さし指も力が入りにくい状態だ。現在は、右手だけでティーバッティングや投球動作のみしか行えず、「3日間くらいはバットを握らないでと言われている」ともいい、6日の復帰はまだわからない。

 このような状況に、カブスの専門メディアは悲痛な叫びをあげている。『カブス・インサイダー』のエバン・アルトマン記者は筆者に対し、「右翼手のレギュラーとして試合に出場し、打線の中軸も担う鈴木誠也の負傷者リスト入りは、あまりにも苦痛なニュースだ」と悲嘆。同記者は、5月28日から6月5日までの9日間で11試合を行うカブスの過密スケジュールに加え、鈴木以外にも負傷者が相次いでいるチーム事情に触れ、「非常にタイミングが悪かった」と嘆いた。

 また同記者は、鈴木は負傷以外にも不運に見舞われているとも話す。しかも、それが、ここ最近の打撃低迷に関係しているという。

 今季開幕直後、鈴木はメジャーでも傑出した活躍をみせていた。4月18日はナ・リーグの「週間MVP」に、5月3日にはナ・リーグの4月の「月間最優秀新人」に選出され、一時は打率4割という好成績もマークした。ところが、5月に入ると鈴木は失速。打撃は低迷する一方、三振率は上昇。スポーツメディア『ブリーチャー・ネーション』からは「36.4%(5月23日時点)の三振率はひどいものだ」と酷評を受けた。

 しかし、アルトマン記者は、『カブス・インサイダー』で「鈴木は他のどの選手よりもひどいストライク・ジャッジを受けている」という記事を執筆し、「鈴木の30.1%の三振率、特に4月20日以降の高さを見ると、少し憂慮すべきものがある。鈴木の低迷のほとんどは相手投手からの対策によるものではあるが、審判もこれに関与している」と指摘。著者にも次のような見解を述べた。

「鈴木選手は非常に忍耐強い打者で、(MLBの)ストライクゾーンへ知識も豊富です。それは春季キャンプ中からも明らかになっていました。彼の選球眼は申し分なく、開幕直後は四球での多く出塁していました。しかし、審判は、鈴木選手に対しボールであるはずの球を24回もストライクと判定しています。この結果、彼は無理にボールを追いかけるようになり、コンタクトは減少。そして、打撃の生産性が落ちていきました」

 アルトマン記者の指摘は、別のメディアでも取り上げられている。米スポーツメディア『ジ・アスレチック』は、31日掲載の記事も「スタットキャスト(データ解析ツール)の判定によれば、鈴木の打席でストライクと判定されたボールのうち、8%は(ストライク)ゾーン外であった。これは規定打席に到達している選手の中でも2番目に高い確率だ」と紹介。さらに、「2ストライク後にストライクと判定されたうち、3.9%はスタットキャストがゾーン外と判断している。これはMLBでも9番目の多さ」というデータも載せている。

 どうやら、この不可解なストライク判定が、鈴木の打撃低迷の一因にもなったと現地メディアは見ているようだ。ただ、メジャーでも3番目に高い37.9%という見逃し三振率は見逃せない。改善は必須で、復帰後の大きな課題になるとの指摘もある。先ほどの『ジ・アスレチック』は、次のデータを示しながら今後の改善点を挙げている。

「鈴木は19個の見逃し三振を記録しており、これはメジャーでも5位だ。この見逃し三振のうち、8つはスタットキャストがゾーンの『中心』と定義しているもので、これはメジャーでも2番目多い。ただ辛抱強く待つだけはなく、相手からどのように攻められるか、ゾーン内の球をどう対応するかを理解していく必要がある」

『ジ・アスレチック』は、鈴木は打席でよりアグレッシブになるべきではないかと指摘している。前出のアルトマン記者も、「(三振の)解決策は、凡打のリスクはあるが彼自身のゾーンを広げていくか、あるいは審判がどう判定するかを理解していかなくてはいけない」と、ほぼ同じ意見を持っていた。

 こういった意見について鈴木も「確かにそれを考えたことはあるが、自分はボールゾーンの球は常に振らないようにしたい」といい、「自分のストライクゾーンは変えたくない」とも話している。(いずれも『ジ・アスレチック』)

 アルトマン記者は「私の彼に対する期待は誰よりも高い。彼は非常に優れた選手で、スランプに陥ってもすぐに克服できるでしょう」と期待するが、克服できるかどうかは鈴木次第である。

 いずれにせよ今回の離脱は、鈴木に良い影響を与える可能性はありそうだ。鈴木も「今は治療に専念して神様が与えてくれた時間だと思って、時間を有効に使おうと思う」と話しており、課題解決の糸口が見つけられるかもしれない。早期復帰を願いつつ、しっかりと調整を続けてほしい。(澤良憲/YOSHINORI SAWA)