羽生結弦がアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」に登場した。北京冬季五輪以来の演技が期待される中、情熱あふれる滑りと演出で観客を魅了した。AERA 2022年6月13日号の記事を紹介する。

*  *  *

 フィギュアスケートのアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」がコロナ禍を経て3年ぶりに開催され、5月27日の千葉・幕張公演初日で、羽生結弦(27)や今年2月の北京五輪銅メダリスト・坂本花織(22)、プロに転向した田中刑事(27)らが華麗な演技を披露した。

 羽生が演技を見せるのは、北京五輪のエキシビション以来96日ぶり。ショーの公式SNSでは、

「僕も全力で頑張りますので、ぜひぜひめちゃくちゃ楽しみにしてください」

 と呼びかけていた。五輪で負傷した右足首の回復が心配されていたが、オープニング早々にキレ味の良い4回転トーループを決め、エネルギー全開の様子。続けてスガシカオのライブによる「午後のパレード」では、全スケーターと共に黒いラメのジャケット姿でノリの良いダンスを披露した。客席を指さししたり、手拍子をあおったりと、ファンと一体になって北京五輪後初となるショーでテンションを爆発させた。

 再登場したのは大トリ。スガシカオの「Real Face」で力強いロックの世界へ観客をいざなった。

「自分が今感じていることや経験、北京五輪に立ち向かう時の気持ち、今も目指し続けている4回転アクセルへの想(おも)いを詰め込んだプログラムです」(羽生)

 グレーを基調にしたフード付きの衣装で、最初はフードを被って演技を始める。激しく全身を揺らし、「退屈な夜にドロップキック」の歌詞の部分ではキックを決め、「ずぶ濡(ぬ)れになった火曜日を」の歌詞に合わせて紙コップに入れた水を頭からかぶるシーンも。予想外の演出に客席からはどよめきが起き、全身から水しぶきを放ちながら回転するシットスピンは、五輪や4回転アクセルへの情熱を放出させていくさまを具現化したようだった。

 最近挑戦していることとして、

「ダンスです。振りを真似(まね)たり曲に合わせたりはできるのですが、ダンスの基礎がないので、動画とかを見ながら基礎的な練習をしています。もっといろいろな動きや表現ができるように」

 とコメント。自身の持ち技であるハイドロブレーディングやランジ、イナバウアーに加えて、ロックナンバーらしいキレ味ある動きや全身の細部にまで情熱を届かせるようなパフォーマンスで、観客を魅了した。

■フィナーレで大技披露

 そして注目すべきは、グランドフィナーレだった。各スケーターがスピンやバク転を交互に見せはじめると、羽生は衣装の胸元の襟飾りを取り外して身軽になり4回転トーループを披露。着氷した右足から左足に踏み替えて続けざまにトリプル(3回転)アクセルを跳んだ。この「4回転トーループ−トリプルアクセルのシークエンス」は、2018年に羽生が世界で初めて成功させた大技だ。しかし、超高難度にもかかわらず足を踏み替えて跳ぶため、ルール上は基礎点が0.8倍になってしまう。当時の羽生はそれでも挑戦した理由をこう語っていた。

「点数的にということではなく、自分ができる最高の連続ジャンプは4回転からの(トリプル)アクセルかなあと思った。スコアに関係なく自分がジャンプを楽しんでいる原点的なところ」

■挑戦を続ける意欲示す

 ところがなんと22〜23年シーズンに向けては、ジャンプシークエンスが0.8倍から1.0倍になる改正案が、6月の国際スケート連盟総会で通る見通しになっている。これはアクセルが得意な羽生にとっては追い風となるルール変更で、トリプルアクセルを連続ジャンプの後半に入れる新しい組み合わせに挑戦しやすくなる。

 その象徴ともなる「4回転トーループ−トリプルアクセル」をこのショーで披露した意味は大きい。現役続行を示唆とまでは言えなくとも、来季以降に向けてまだまだ新しい武器を磨いていく姿勢を示した、感慨深いジャンプだった。

 また、4回転の着氷直後にトリプルアクセルを跳べるのは、やはり4回転アクセルを練習してきたことでアクセルそのものの精度が高まっている証拠。ショーの公式パンフレットでも4回転アクセルについて「まだまだ目指すべき存在。何よりも力を注ぎきれるもの。怖さも痛みも辛さもふくめて、生きていることを体感できる」とコメントし、挑戦を続ける意欲を見せている。さらに羽生が4回転アクセルの扉を開けたことで、海外の若手もこの壁に挑み始めた。アクセルのライバルが現れることで、羽生の心に火がつくことも期待されている。

 一方、羽生以外のスケーターたちも魅力的なプログラムで感動を届けた。プロに転向したばかりの田中は二つの新ナンバーを披露。スガシカオの「Progress」では、「あと一歩だけ、前に進もう」の歌詞に乗って、気持ちを前に押し出すように伸びのあるスケーティングを見せた。スガシカオは「スケーターの皆さんの美しさ、力強さ、迫力、感動のあまり曲の歌詞が飛んでしまいそうになります」と感慨深そうに話した。

■「ロマンスの神様」熱唱

 また、広瀬香美もライブに参加し、「君にセレナーデ」で坂本が、「ゲレンデがとけるほど恋したい」で1月の四大陸選手権覇者の三原舞依(22)が、それぞれ元気な滑りでファンにパワーを送った。フィナーレでは広瀬が「ロマンスの神様」を熱唱し、“冬の女王”としてスキーだけでなくスケーターたちの心を熱く溶かした。

 世界から唯一無二の才能が集結し、夢のようなひとときを紡ぎ出す一夜。羽生は最後に「ありがとうございましたーーっ」と叫び、ファンへ、そしてスケートへの愛を伝えた。

(ライター・野口美恵)

※AERA 2022年6月13日号