15歳から、17歳へ―この決定は、どんな変化をもたらすのだろうか。

 6月7日に開かれた国際スケート連盟(ISU)の総会で、五輪などの国際大会に出場できるフィギュアスケート選手の年齢が、現状の15歳から17歳へ段階的に引き上げられることが決まった。2026年ミラノ・コルティナダンペッツォ五輪に出場できるのは、17歳以上の選手だ。

 この決定により、日本女子では、既に4回転ジャンプを成功させており活躍が期待されていた13歳の島田麻央がミラノ・コルティナダンペッツォ五輪に出場できなくなった。目標にしてきた五輪出場が叶わなくなった選手たちにとっては、大きな衝撃だろう。その心情は察するに余りあるが、近年の経緯からこの決定は避けられなかったと考える。

 年齢制限の引き上げについては2018年のISU総会でも提案されたが、この時は議題から外されている。しかし、その後も特に女子シングルでの低年齢化は加速していた。

 決定打となったのは、2022年北京五輪でのカミラ・ワリエワのドーピング問題だろう。五輪期間中に、当時15歳のワリエワについて、過去の大会で採取した検体から禁止薬物が検出されたことが明らかになった。しかし、世界反ドーピング機関(WADA)の規定では16歳未満の「要保護者」に相当することを理由に、CAS(スポーツ仲裁裁判所)によってワリエワの出場継続が認められた。物議を醸した女子フリーが行われた数日後、現地で関係者がメディアに対し、年齢引き上げ案をISU総会に諮る方向であることを明らかにしている。

 ロシア女子の中で例外的に長年活躍し続けている25歳のエリザベータ・トゥクタミシェワは、インスタグラムで今回の決定について意見を述べている。勝利する若手の位置にいた自分が今は難しい技を持つ若手と競う立場におり、それがモチベーションになっているとしながらも、この決定が「心身の健康維持の観点からは正しいのだろう」と綴った。そして、「結果的には、そうした変化がキャリアを継続するための動機付けとなり、選手のためになると信じたい」と結論づけている。

 選手寿命を延ばすためには、ジャンプ偏重にならない採点基準も必要だろう。今回の総会では、演技構成点の項目が現行の5項目から3項目に減らされることも決まった。演技構成点の係数が引き上げられたことで技術点との得点配分は従来とほぼ変わっていないが、演技構成点で何が評価されているのかが分かりにくくなった印象は否めない。ただジャンプを跳ぶだけという競技にならないためには、演技構成点で評価される部分こそが大切なのではないだろうか。

 体が軽い少女達が跳ぶ儚い花火のような高難度ジャンプに驚くのではなく、時間をかけて練り上げたスケーティングを含めてプログラム全体を味わう。フィギュアスケートの女子シングルは、そのような競技であってほしい。(文・沢田聡子)

●沢田聡子/1972年、埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社に勤めながら、97年にライターとして活動を始める。2004年からフリー。シンクロナイズドスイミング、アイスホッケー、フィギュアスケート、ヨガ等を取材して雑誌やウェブに寄稿している。「SATOKO’s arena」