柳田悠岐(ソフトバンク)が5月31日に巨人の3投手から「1試合5三振」を喫した。「三振は多いが、本塁打も多い」のは普通かもしれないが、柳田は「三振は多いが、打率は高い」という異彩を放つ打者である。三振について探ってみた。(記録は6月16日現在)

 過去の「1試合5三振」で、とくに目を引くのは3人だ。1980年のソレイタ(日本ハム)はこの年リーグ最多の121三振を喫したが、日本記録の「4打席連続本塁打」を実に2度記録(シーズン45本塁打)した。2019年の坂本勇人(巨人)は123三振だったが、1985年の宇野勝(中日=41本)以来、史上2人目となる遊撃手の40本塁打をマークした。さらに、2021年の佐藤輝明(阪神)はリーグ最多の173三振を記録したが、球団新人新記録の24本塁打を放った。米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平にしても、昨年の189三振は球団記録だったが、46本塁打をマークした。

 通算本塁打400本以上の選手は史上20人しかいない。中村剛也(西武、通算1952三振)は、通算三振数史上1位の清原和博(西武ほか=通算1955三振)に迫る勢いだ。史上4位の山崎武司(中日ほか=通算1715三振)は「三振でも、いい当たりのライナーでも、同じ1アウトに変わりなし」の考えを持っている。本塁打が多い強打者は、強く思い切り振るから三振も多くなる。つまり「三振の延長が本塁打」ともいえるだろう。中村は現役20年間で打率3割以上は皆無で、山崎も現役27年間で打率3割超えは2度しかない。

 柳田がフルスイングした打球の飛距離は群を抜いている。15年に三浦大輔(現・DeNA監督)から打った、横浜スタジアムのスコアボードを直撃した特大本塁打は記憶に新しい。この年の「トリプルスリー」達成が物語るように「三振は多いが、本塁打も打てて、打率が高い」異色の打者なのだ。これまで2度首位打者に輝いているが、15年は101三振ながら打率.363、34本塁打。18年は105三振ながら打率.352、36本塁打だ。

 柳田は今年の5月20日に通算1000三振を記録したが、同月3日に通算4000打数にも達し、生涯打率ランキングはリー(ロッテ).320、若松勉(ヤクルト).319、張本勲(ロッテほか).319、ブーマー(阪急ほか).317、青木宣親(ヤクルトほか).317に次ぐ史上6位に顔を出した。

 01年以降の首位打者をみてみよう。2度首位打者のタイトルを獲得している福留孝介(中日)は、柳田と似た打撃成績を残している。02年は96三振ながら打率.343、06年は94三振ながら打率.351、特に06年は31本塁打を放っている。

 ちなみに2リーグ制後の三冠王は、野村克也(南海)が1度、王貞治(巨人)が2度、ブーマー(阪急)が1度、落合博満(ロッテ)が3度、バース(阪神)が2度、松中信彦(ダイエー)が1度。三冠王獲得時のシーズンでは全員が100三振未満と、三振は多くないのだ。山田哲人(ヤクルト)の「トリプルスリー」達成時は、3度ともシーズン100三振以上を喫している。そして首位打者は獲得していない。

「三振は多いが、打率は高い」柳田は異色の打撃スタイルであり、「三振の延長が高打率」というタイプの打者なのかもしれない。

 過去、1951年に「シーズン最少三振6」の記録(300打数以上)を持つ「打撃の神様」川上哲治(巨人)は打率.377で首位打者(15本塁打)。97年に「連続打席無三振216」の記録を持つイチロー(オリックス)は打率.345で首位打者(36三振、17本塁打)。

 2001年以降の首位打者では、小笠原道大(日本ハム)が02年に打率.340(77三振、32本塁打)、03年に打率.360(65三振、31本塁打)。鈴木誠也(広島)が19年に打率.335(81三振、28本塁打)、21年に打率.317(88三振、38本塁打)で、「三振はそれなりにあって、本塁打と打率を残せる」タイプ。吉田正尚(オリックス)は20年に打率.350(29三振、14本塁打)、21年に打率.339(26三振、21本塁打)で「三振は少なく、打率を残せる」タイプといえるだろう。

「三振の延長が高打率」である柳田は、ますますもって異色の好打者だといえる。(新條雅紀)