欧州競馬も3歳クラシックの英仏ダービーやロイヤルアスコット開催まで終わり、秋の凱旋門賞に向けての勢力図も徐々に見えてきた。今年は日本からの参戦予定の有力馬も多く、クロノジェネシスとディープボンドが挑戦した昨年以上の注目が予想される。まだ始動前の馬もいるが、ひと足早く凱旋門賞へ向けた注目馬をピックアップしてみようと思う。

 英ロイヤルアスコット開催を終えた現地6月18日時点で、大手ブックメーカーが揃って1番人気(3倍前後)に推しているのは、英ダービーを快勝した3歳馬デザートクラウン。好位追走から鞍上のステッキ一発で2馬身半差の勝利と王道のレース運びだった。

 英ダービーを1番人気馬が制したのは、2015年のゴールデンホーン以来。そのゴールデンホーンは秋に凱旋門賞を制している。またダービー後に英国競馬統括機構(BHA)が発表したオフィシャルレーティング「123」は、昨年の英ダービー馬で凱旋門賞4着だったアダイヤーの「121」を上回っている。

 凱旋門賞を連覇した名牝エネイブルと同じナサニエル産駒で距離に不安はなく、ここまで3戦3勝といまだ底を見せていない。今後のローテーションは現時点で未定だが、凱旋門賞に出てくるようなら中心となるのは間違いないだろう。

 仏ダービー馬ヴァデニも前評判が高く、前売りオッズは6倍から9倍。ただし主戦のC.スミヨン騎手がマイルから10ハロン向きと語り、管理する JC.ルジェ調教師も厩舎の先輩である仏ダービー馬アルマンゾル同様に中距離路線へ進むことを示唆していることから、凱旋門賞への出走可能性は高くなさそうだ。

 むしろ注目すべきは英オークス2着の牝馬エミリーアップジョンの方だろう。デビュー3連勝で臨んだ英オークスでは出遅れと大外へのコース取りが響いて僅差の2着に敗れたが、長くて豪快な末脚は負けてなお強しの印象。毎年のように言われていることだが3歳牝馬は斤量の恩恵が大きく、この馬が潜在能力を開花させれば牡馬や古馬とも渡り合える可能性は十分にある。前売りオッズも英オークスで後塵を拝したチューズデー(15倍前後)よりも低い7倍から9倍でヴァデニと遜色なく、現地での評価の高さがうかがえる。

 一方、古馬に目を向けると今年は近年にない層の薄さが透けてくる。昨年の凱旋門賞の上位馬たちを見ると、人気薄での勝利で世界をあっと言わせたドイツ馬トルカータータッソが今年初戦だった5月末の独G2バーデン経済大賞で勝ち馬から17馬身以上も遅れたブービーの6着に惨敗した。

 2着だった牝馬タルナワは引退し、3着馬ハリケーンレーンは今年初戦だったロイヤルアスコット開催での英G2ハードウィックステークスで3着に終わって前売りオッズが12倍前後まで後退。4着のアダイヤーはなかなか体調が整わず今季初戦を何度も延期している(連覇のかかるキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスにぶっつけ本番で参戦予定)。

 5着馬シリウェイも5月末の仏G1イスパーン賞で牝馬のドリームローパーに屈しての5着。そして6着だったディープインパクト産駒の英愛オークス馬スノーフォールは今年1月に急死してしまった。そのほか、昨年はドバイシーマクラシックや英インターナショナルステークスを勝ったミシュリフも今年2月のサウジカップは14着。その後は休養に入ったままで、7月の英G1エクリプスステークスかキングジョージでの復帰が見込まれている。

 では新興勢力の台頭はというと、その筆頭候補だったベイブリッジは英G1プリンスオブウェールズステークスでステートオブレストの2着に敗れて連勝が5でストップ。勝ったステートオブレストは10ハロン前後の中距離が主戦場なうえ、オーナーサイドの意向で昨年同様に今年後半は豪州遠征に出る可能性が浮上している。

 ということで、今のところは5月の愛G1タタソールズゴールドカップでステートオブレストやロードノースを破ってG1初制覇を果たしたアレンカーと、仏G1サンクルー大賞勝ちや米G1ブリーダーズカップターフ2着があり、ハードウィックSでハリケーンレーンを下したブルームが目立つ程度。ただし両馬は昨年の凱旋門賞で9着と11着だったように決して欧州のトップオブトップではない(もちろん今年になって急成長した可能性はゼロではないが)。実際、前売りオッズもアレンカーが21倍前後、ブルームは34倍前後と伏兵扱いのままだ。

 上記の馬たちでは凱旋門賞からローテーションを逆算し、休み明けだったハードウィックSは叩き台と割り切っていた感のあるハリケーンレーンは結果を度外視してもいいが、これなら2020/21シーズンの豪年度代表馬でG1レース11勝を誇る名牝ベリーエレガントに注目したい。オセアニアの名馬の例に漏れず1600メートルから3200メートルまで幅広くG1を制した実績があり、5月にはフランスのF.グラファール厩舎へ移籍するなど陣営の本気度がうかがえる。前売りオッズは17倍から26倍とまだ伏兵扱いだが、欧州初戦の結果次第では一気に主役候補に躍り出るかもしれない。

 ちなみにオセアニア出身馬の凱旋門賞挑戦では、同じように欧州へ転厩したバルメリーノが1977年に歴史的名馬アレッジドの2着に善戦した記録がある。

 日本からの参戦予定馬でそれなりの人気を集めているのは、ドウデュース、シャフリヤール、タイトルホルダーの3頭。武豊騎手の手綱で日本ダービーを制したドウデュースは13倍から21倍で、アダイヤーとほぼ同評価を受けている。

 日本ダービー馬が3歳で凱旋門賞に挑んだ前例では、2013年のキズナ(4着)、16年のマカヒキ(14着)があるが、両馬はいずれも現地の前哨戦である仏G2ニエル賞を勝って本番に進んでいた。それに対してドウデュースは凱旋門賞に直行する予定。この臨戦過程が吉と出るか凶と出るか。

 3月にG1ドバイシーマクラシックを制した昨年の日本ダービー馬シャフリヤールは、ロイヤルアスコット開催での英G1プリンスオブウェールズSで4着に終わって評価を下げ、現在のオッズはおおむね17倍から26倍となった。

 問題のプリンスオブウェールズSでは、逃げ切ったステートオブレストをマークする2番手の好位につけながら直線でベイブリッジにあっさりとかわされ、昨年のジャパンカップでは先着していたフランスの6歳牝馬グランドグローリーとの3着争いにも敗れた。

 陣営はアスコット競馬場への慣れが必要とタフなコースへの適応力を敗因に挙げたが、それを言ってしまえばステートオブレストもベイブリッジもグランドグローリーもアスコットは初参戦だった。スローペースで先行しながら差し込まれた内容からも、評価が下がるのは致し方ないだろう。

 昨年の菊花賞と今年の天皇賞(春)を制して国内最強ステイヤーの座を不動にしたタイトルホルダーのオッズは21倍から26倍ほど。アレンカーや昨年の仏G1ガネー賞勝ち馬で今年6月に仏G2シャンティイ大賞を快勝したマレオーストラリスあたりと並ぶ評価だ。

 凱旋門賞はスタミナが要求されるタフなレースではあるが、欧州の長距離路線を主戦場とするステイヤーが活躍するレースとは言い難い(そもそもそうした馬たちはほとんど出てこない)。近年では英ゴールドカップ(20ハロン)の勝ち馬オーダーオブセントジョージ(2016年に3着、17年は4着)、英セントレジャー(芝14.5ハロン)を制したハリケーンレーン(21年に3着。ただし12ハロン実績も豊富だった)が目立つ程度か。

 日本から参戦したステイヤーたちも、三冠馬のオルフェーヴルを除けばヒルノダムール(10着)、ゴールドシップ(14着)、サトノダイヤモンド(15着)、フィエールマン(12着)、キセキ(7着)、ディープボンド(14着)と苦戦が続いている。さらに凱旋門賞では逃げて勝つのは至難の業(最後の逃げ切りは1996年のエリシオ)。タイトルホルダーとしては、次走予定の宝塚記念で中距離でも通用するスピードと持続性をあらためて証明しておきたいところだ。

 サウジアアラビアのG3レッドシーターフハンデキャップにG2ドバイゴールドカップと海外重賞を連勝したステイフーリッシュは、上記3頭とはやや離れて前売りオッズ34倍前後。ナカヤマフェスタとオルフェーヴルで凱旋門賞2着3回というステイゴールド産駒だけに一発の期待はあるが、こちらもタイトルホルダー同様にクラシックディスタンスへの適性がネックとなるか。

 これから季節は夏に入り、欧州ではエクリプスSやキングジョージなどで3歳馬と古馬の世代間対決が本格化。日本でも宝塚記念の結果次第で凱旋門賞に挑戦する顔ぶれが決まってきそうだ。数カ月後には勢力図に変化が生じているかもしれないが、その際はあらためて最新の展望をお届けしたいと思う。(文・杉山貴宏)