フィギュアスケートで主要国際大会に出場できる年齢が15歳から17歳になる。その理由は何か。次の2026年冬季五輪にどんな影響があるのか。AERA 2022年6月27日号の記事から紹介する。

*  *  *

 国際スケート連盟は6月7日の総会で、「まだ体が発達途上の選手が、4回転などの高難度ジャンプを練習することの身体的・精神的負荷」を理由に挙げて年齢制限引き上げ案を採択した。賛成100票(反対16票、棄権2票)で3分の2を上回り可決。日本も賛成票を投じた理由を、竹内洋輔フィギュアスケート強化部長はこう説明した。

「強化方針に変わる部分が出てくるし、シニアへのアプローチも変わる。しかし、選手の発育や障害予防の観点から賛同した」

 2022〜23年シーズンは現行の15歳だが、23〜24年シーズンは16歳、24〜25年シーズンから17歳になる。そのため26年ミラノ・コルティナダンペッツォ五輪の出場資格は、「25年7月1日時点で17歳」となった。

10代で引退する選手も

 年齢制限が話題になったのは、今回が初めてではない。女子は1994年リレハンメル五輪以降、06年トリノ五輪の荒川静香(当時24)を除いてすべての金メダリストが10代。これは体が未発達で細い選手のほうが軽々とジャンプを跳べることが影響している。

 幼少期の過度な練習でけがをしたり、体脂肪が増える10代後半にスランプに陥ったりして、10代で引退する選手も多い。18年平昌五輪では、当時15歳のアリーナ・ザギトワ(ロシア)がすべてのジャンプを演技後半に跳ぶ作戦で優勝。直後の総会でも「17歳案」は提案されたが、採決には至らなかった。

 しかし、今回は違った。22年北京五輪で、15歳で出場したカミラ・ワリエワ(ROC=ロシア・オリンピック委員会)はドーピング違反が発覚したものの、スポーツ仲裁裁判所から「16歳未満の要保護者にあたる」ことを理由に出場を許可されて暫定の4位に入った。その判断が物議を醸し、本来の議論とは違う要因ではあるものの、17歳案が世論の後押しを得た。

 4回転を幼少期から跳んでいる女子のほとんどがロシア勢であるため、17歳以上になった場合に最も影響を受けるのはロシア。総会ではこう反発した。

「選手寿命を延ばすことは重要だが、女子が五輪後に引退するのは商業的な問題だ。年齢制限引き上げで問題は解決しない」

成熟した「美」を求める

 しかし投票の結果は、フィギュア界が求めている「スケートの理想像」を浮き彫りにした。少女が4回転を跳んで世間を驚かせることよりも、熟練されたスケーターによる美とパワーの融合した滑りだ。「打倒ロシア女子」を掲げて幼少期から4回転を目指す潮流は、終焉(しゅうえん)を迎えることになった。

 ただし、この変更は光と影を生む。影の部分は、本来は26年五輪を目指していた現在12〜14歳の選手らだ。日本女子で唯一4回転トーループを成功させている島田麻央(13)は「26年の五輪で金メダルを」とかねて話していたし、21年全日本ノービス選手権の表彰台に乗った和田薫子(13)、村上遥奈(13)らも才能を芽吹かせている。彼女たちの五輪のチャンスは、8年後の30年へと先延ばしされた。

 一方で、日本にはシニア年齢になってもトリプルアクセル(3回転半)や4回転に挑む、滑りとジャンプの均整がとれた選手が多く存在する。北京五輪でトリプルアクセルを決めた樋口新葉(21)、今年の非公式試合で「トリプルアクセル−3回転トーループ」を決めた渡辺倫果(19)、21年全日本選手権で4回転トーループに挑んだ住吉りをん(18)らだ。26年五輪に向けては、大技は1本程度に抑えつつ成熟した美を求める動きが加速していくことが予想される。

 17歳に引き上げただけでは若い選手の心身の負担も、早期の引退も、すぐに解決するものではない。ジュニア期の育成方針や、4回転ジャンプへの偏重をどう扱うかのルール再検討も議論されていくべきである。

 まずは、スケート界は大きくかじを切った。選手たちは新たな「スケートの理想」に向かって再スタートを切ることになる。(ライター・野口美恵

※AERA 2022年6月27日号