「登った山は必ず下りてこなければならない。そして、また新しい山に登りはじめる」の名言で知られるのが、横浜を春夏連覇も含めて5度全国制覇に導いた渡辺元智監督だ。

 1973年のセンバツで初優勝した同校は、夏も連覇を期待されながら、神奈川大会準々決勝でまさかの敗退。「私は春のセンバツ優勝という山頂から十分に下山しないまま、夏の大会という別の山の山頂を目指していたのではないか」と反省させられた経験から生まれた言葉だという。

 同様に“春の山”で頂点に立ちながら、“夏の山”を登りきる前に、地方大会で敗れ去ったチームは多く存在する。
 
 81、82年と2年連続でセンバツを制しながら、夏はいずれも甲子園に届かなかったのが、PL学園だ。

 西川佳明(元南海など)、吉村禎章(元巨人)ら超高校級選手を揃えた81年夏は、大阪大会5回戦の大商大堺戦で、8回にエース・西川がつかまり、1対3と逆転負けを喫した。

 翌82年夏も準々決勝の春日丘戦で、1点リードの8回に追いつかれたあと、5対5の9回に本盗で決勝点を奪われてしまう。“打倒PL”を合言葉に、この日のためにサインプレーの練習を重ねてきた春日丘ナインの一か八かの奇襲作戦だった。

 その裏、2死二塁で2年続けてセンバツ決勝で活躍した“春男”佐藤公宏が長打性の大飛球を放つも、センターが背走しながら好捕し、ゲームセット。中村順司監督は「甲子園は遠いです。でも、選手たちはけっして油断したわけではない」と夏を勝ち抜く難しさを強調した。

 一方、“大本命”PLを下し、勢いに乗った公立校の春日丘は、悲願の甲子園初出場を実現している。

 94年にセンバツ初Vをはたした智弁和歌山も、春の山から夏の山への切り替えがうまくできず、連続出場の夢を絶たれた。

 夏の和歌山大会初戦の日高戦は、大久保勝信(元オリックス)に8回まで2点に抑えられたが、9回1死から追いついたあと、延長10回、4対3でようやく振り切った。高嶋仁監督は「受けに回る。勝ち味が遅い。どんなに力があっても、後手に回れば……。高校生なんだから」とナインを戒めたが、次戦でも悪い流れを変えることができなかった。

 3回戦の高野山戦も、先発・笠木伸二が初回に2者連続弾を浴び、いきなり3失点。智弁打線は3回に1点を返したものの、5回まで毎回安打を記録しながら、3併殺を喫し、6回に本塁打で再び3点差に。

 そして9回、中本拓主将の左翼場外弾で1点を返し、なおも無死一、三塁と攻め立てたが、痛烈な当たりが三直で併殺になる不運もあり、2対4で敗退。智弁は7安打を放ちながら4併殺に対し、高野山は3安打のすべてが本塁打という効率の良さだった。

 わずか2試合で終わった夏に、高嶋監督は「これが勝負です。(9回の三直は)いい当たりやったのに……。負けるときはこんなものなんでしょう」とトーナメントの一本勝負の厳しさを噛みしめていた。

 交通渋滞が勝敗に大きく影響したのが、08年のセンバツV校・沖縄尚学だ。

 絶対エース・東浜巨(ソフトバンク)を擁した尚学は、夏の沖縄大会でもV候補筆頭だったが、浦添商との決勝戦を前に思わぬアクシデントが待ち受けていた。

 決勝が行われた7月13日は、日曜日とあって、春の王者見たさに1万1千人もの観客が詰めかけ、球場周辺の道路は約4キロにわたって大渋滞。尚学ナインを乗せたバスも巻き込まれ、やっとの思いでグラウンド入りしたのは、試合開始45分前だった。5分後にはシートノックが始まるという慌ただしさに、東浜も「少し気持ちの整理がつかなかった」という。

 しかも、東浜は前日の準決勝、興南戦で島袋洋奨(元ソフトバンク)と7回まで1対1の投手戦を演じ、9回150球を投げたばかり。ウォーミングアップ不足と連投の疲労から制球が定まらない初回、球が高めに浮くところを狙われ、4安打3四死球で5点を献上してしまう。

 2回以降は立ち直り、10奪三振の無失点に抑えたものの、尚学打線は、伊波翔悟の丹念に低めをつく投球の前に、終盤に2点を返すのが精一杯。初回の乱調さえなければ……と悔やまれる敗戦に、東浜は「まだ信じられない。あっという間に過ぎた夏だった」と涙にくれた。

 09年センバツで長崎県勢では春夏通じて初の全国制覇を達成した清峰も、夏は甲子園に来ることができなかった。

 春夏連続出場を狙った長崎大会、最速152キロ右腕・今村猛(元広島)は、初戦から連続無失点記録を継続し、準々決勝で大瀬良大地(広島)の長崎日大と対戦した。

 1回、先頭打者を投ゴロに打ち取った今村は、次打者も三振に仕留めたが、振り逃げで出塁を許してしまう。

 これでリズムを崩し、3番に直球、4番にスライダーを連打されて大会初失点となる2点を失った。

 一方、「清峰に勝つことがチームの目標だった」という大瀬良は「初回に2点取ってくれたので、すごく楽になった」と気合が入り、「これ、打てないなと思った」と今村が脱帽するほどの力投を見せる。

 そして、1対3で試合終了。今村は「自分のせいで負けた。またみんなで甲子園に行こうと言っていたのに申し訳ない」と悔恨の涙を流した。

 長崎大会準々決勝で火花を散らしたライバル2人は、くしくもプロでチームメイトになり、大瀬良は先発、今村はリリーフとして広島の球団史上初の3連覇に貢献することになる。(文・久保田龍雄)

●プロフィール
久保田龍雄/1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2021」(野球文明叢書)。