トレードが可能な期間の終了まであと1カ月を切った今年のプロ野球。ここまでは動きがないが、優勝争い、CS進出争いに向けて、密かに補強を検討している球団も少なくないはずだ。そこで今回は2019年以降に成立した交換トレード、金銭トレードで見事に成功した例はどんなケースがあったのか、改めて振り返ってみたいと思う。またFAでの人的補償による移籍は今回対象外とした(今シーズンの成績は7月3日終了時点)。

 まず金銭トレードで最も成功したのは涌井秀章(ロッテ→楽天)になるだろう。2019年は6年ぶりに規定投球回数を下回るなど苦しいシーズンとなったが、オフに楽天に移籍すると開幕から8連勝をマークするなど見事に復活。コロナ禍での短縮シーズンながら、最後までローテーションを守り抜くと、11勝で最多勝のタイトルを獲得したのだ。ちなみに涌井は西武で2度、ロッテでも1度最多勝に輝いており、3球団での獲得はNPB史上初の快挙である。移籍2年目の昨年はシーズン終盤に調子を落として中継ぎでの起用となるなど成績を落としたものの、それでも6勝をマーク。今年は5月に打球を右手に受けて骨折するアクシデントで戦列を離れているが、それまでは3勝1敗、防御率2.88と安定したピッチングを披露している。今年で36歳となるがその力は健在で、怪我からしっかり回復すればまだまだ先発投手陣の一角として期待できるだろう。

 もう1人金銭トレードで大きな戦力となっているのが同じく楽天の炭谷銀仁朗(巨人から移籍)である。2018年オフにFAで巨人に移籍しながらも、大城卓三や岸田行倫の成長もあって、昨年の7月に楽天へとトレードとなった。移籍直後から一軍に合流すると、太田光に次ぐ51試合に出場し、チームのCS進出にも貢献。今年はここまで捕手としてチームトップの出場数を記録している。今年で35歳となるが、その安定したスローイングはまだまだ健在で、パ・リーグでもトップの盗塁阻止率(.467)もマーク。両リーグでプレーしてきた豊富な経験も強みだ。涌井、炭谷とも前の所属チームでは若返りを図るうえで微妙な立ち位置となっていたが、そんな2人を上手く再生させたというのは楽天にとって大きなプラスであることは間違いないだろう。

 次に交換トレードで両チームともプラスになったのが2019年に巨人と日本ハムの間で行われた吉川光夫、宇佐見真吾と鍵谷陽平、藤岡貴裕のケースである。吉川と藤岡は残念ながら目立った活躍ができなかったが、宇佐見と鍵谷の2人は大きな戦力となっている。宇佐見は移籍2年目に自己最多となる80試合に出場。昨年は二軍暮らしも長かったが、今年は開幕スタメンを勝ち取るとここまで捕手としてチームトップの55試合に出場するなど、一軍に欠かせない存在となっている。貴重な打てる捕手として今後も重宝される可能性が高い。一方の鍵谷も移籍1年目からブルペンの一角に定着。一昨年は46試合、昨年も59試合に登板し、二桁ホールドもマークしている。今年は開幕から出遅れ、成績を落としているが、後半戦の巻き返しに期待だ。

 一方のチームだけが大きなプラスとなった例としてはいずれも巨人と楽天の間で交換となった2020年の高梨雄平と高田萌生、池田駿とウィーラーの例が挙げられる。もちろん成功したのは高梨とウィーラーを獲得した巨人であることは明確だろう。高梨は移籍1年目となった2020年に44試合に登板して21ホールド、昨年も防御率こそ悪化したものの55試合に登板して20ホールド、そして今年もここまで11ホールドをマークするなど左の中継ぎとして貴重な存在となっている。ウィーラーも今年は外国人枠の都合もあって二軍暮らしとなっているが、一昨年、昨年は持ち味の長打力と勝負強さを発揮してチームの大きな得点源となっていた。一方、巨人から移籍した池田は既に引退し、高田も一軍の戦力になっていない。金銭トレードでは成功している楽天も、この交換トレードについては失敗だったと言わざるを得ないだろう。

 この2件では成功した巨人だが、ヤクルトとの間で昨年の開幕直前に成立した田口麗斗と広岡大志のトレードについては逆の立場となっている。広岡は昨年一軍で5本塁打を放ったものの、打率は1割台と課題の確実性が向上せず、今年も同じ状況が続いている。

 一方の田口は昨年、先発とリリーフ両方で起用されて5勝をマークすると、今年は勝ちパターンの中継ぎとしてここまで26試合に登板して15ホールド、防御率0.00と圧巻の成績を残しているのだ。ヤクルトの快進撃の立役者の1人とも言って良いだろう。リリーフ投手は長く活躍することが難しく、広岡も25歳と若いだけにこの後どうなるかはまだ分からないが、今年時点ではヤクルトが大きくプラスとなっていることは間違いない。

 こうして見てみると、どこかの球団が圧倒的にプラスになっているというわけではないが、やはりトレードをきっかけに成績を上げた選手は確実に存在していることがよくわかる。オフには現役ドラフトも予定されているというが、7月末までにもまた球界全体、そして選手自身にとってプラスとなるようなトレードが行われることを期待したい。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。