フィギュアスケート男子の羽生結弦が7月19日、記者会見でプロ転向を表明した。引退の言葉は使わず、これからも挑戦を続けていく「決意」を述べた。AERA 2022年8月1日号の記事を紹介する。

*  *  *

 自らが「決意表明」と題した会見に現れた27歳の羽生結弦は、清らかな笑みをたたえていた。北京五輪から5カ月。マイクを握ると、声を絞り出すように語りだした。「まだまだ未熟な自分ですけれど……」の言葉のあと、大きく息を吸い、続ける。

「プロのアスリートとしてスケートを続けていくことを決意いたしました」

 珍しく言葉をかみ、苦笑いする。「プロ」と「アスリート」という二つの言葉に、彼の生き方のすべてが込められていた。

 小さな頃は、とにかく野心の塊のような少年だった。大切にしてきたのは、自分の心を素直にさらけ出すこと。

「良い演技をするのが目標、なんて謙遜する選手が多いけど、完璧な演技で負けたら屈辱的でしょ。僕は勝ちたい」

 潔くそう言い切る。若き武者は闘争心をあらわにして、2010年にジュニアの世界王者へと駆け上がった。

「壁」という言葉を多用するようになったのは、シニアに上がった15歳の頃からだ。

「僕の目の前にはたくさんの壁があります。最初の壁が4回転トーループ。最後のほうにパトリック・チャン選手(カナダ)がいます。チャンという壁を越えれば、そこが世界の頂点ですからね」

東日本大震災が転機

 最後の壁を世界の頂点と位置づけ、虎視眈々(こしたんたん)と狙い続けた。

 大きな転機は、16歳で経験した東日本大震災。「被災地のスケーター」として大きなモノを背負うと、言動からやんちゃさが消えた。アスリートの自分と被災者の自分とが葛藤した。重圧をはね返したのは、17歳で出場したフランス・ニースでの12年世界選手権。フリーの演技中に雄たけびを上げ、渾身(こんしん)の滑りで銅メダルをつかんだ。

「被災地のために滑ろうと思っていたんですが、それは違う、僕は支えられている立場なんだと気づいたんです。応援を受け止めて演技することが恩返しになる。やっと自分のなかで震災を乗り越えられました」

 あの日の覚醒は、羽生自身だけでなく、フィギュアスケートの概念を変えた。これはエンターテインメントではなく、戦いの場なのだ、ということを。

 19歳で迎えた14年ソチ五輪は、新たな戦い方を見せた。がむしゃらにチャンへ挑むのではなく、五輪シーズン中での直接対決のたびに、新たな課題を得て、戦略的に抜き去った。

「パトリックと試合をするごとに、ただ負けるのではなく、負けた中で何を考え、自分の限界をどう超えるかを大事にしてきた。それが五輪のショート(プログラム)で通用したと思います。また4年、もっと高みへ向けて精進します」

がむしゃらさが戻る

 それからの4年は「現五輪王者として、(18年)平昌五輪で連覇するためにも圧倒的に強くならなきゃいけない」と言い、むしろがむしゃらさが戻った。20歳の誕生日を前に「20歳の約束」をこう答えた。

「僕はなにか目標をクリアしたらすぐに次の目標が出てくる。だから『常に課題を持ち続ける』です。20歳を過ぎても30歳になっても、何歳になっても、自分はここまでだとは思いたくない。出来ないことを克服し続けていきたいんです」

 その言葉は「プロのアスリート」への決意につながっていく伏線だった。

 15年NHK杯で計5本の4回転を成功させ、史上初の300点超えをマーク。絶対的な王者の時代を築いた。

「この322.40点の数字が自分自身へのプレッシャーになる。これが僕の新たな壁だ」

 平昌五輪シーズンには、人生最大の逆境が訪れた。17年11月に右足首を負傷し、連覇は未知数に。しかし五輪に向けて現地入りした直後、宣言した。

「自分にうそをつかないのであれば、やはり2連覇したい。どの選手よりも一番、勝ちたいという気持ちが強くあります」

 これは、常に言葉として口に出すことを大切にし、そして必ず実現させるという彼の手法。フィギュア男子では66年ぶりとなる五輪連覇は、幾重もの壁を越える経験の結晶でもあった。

「自分の中では平昌五輪で(連覇して)そこからがプロのスケーターとしてスタートと思っていました」

「最後の壁」4回転半

 羽生は当時、引退も念頭にあった。それでもアスリートの魂が「最後の壁」を設定させた。前人未到の4回転半だ。19年グランプリ(GP)ファイナルでは、初めて公式練習の場でチャレンジ。「まだ高さが足りない」と、うれしさと悔しさのまじる笑顔をみせた。難攻不落の頂に挑み続け、気づけば北京五輪が近づいていた。

「最終目標は五輪金メダルではなくて、4回転半を成功させること。現役やめるとか、やめないとかじゃなくて、4回転アクセル(半)を跳べないと、たぶん満足できないので、一生」

 昨年12月の全日本選手権では、初めて試合で4回転半に挑戦。ダウングレードながら、手応えを得た。そして迎えた今年2月の北京五輪は、ショート後の練習で右足首を痛め、注射を打ってフリーに臨む。アンダーローテーションでの転倒とはなったが、五輪史上初となる「4A」の文字をスコアシートに刻んだ。

 演技直後、4回転半への挑戦を続けるかについて「もうちょっと時間ください。それくらい今回やりきっています」と小さく笑った。休養とアイスショーを経て、心境の変化があった。

「もう競技会に対して、結果に対して、取るべきものは取れたなと思いますし、そこに対する評価をもう求めなくなってしまったのかな」

アスリートとしての炎

 試合という形へのこだわりが消えている自分に気づいた。一方で、アスリートとしての炎は消えていなかった。

「よりうまくなりたい、より強くなりたい。4回転半も含めて、よりアスリートらしく頑張っていきたい」

 7月19日、決意表明に臨み、「引退」の2文字は使わなかった。競技会へのこだわりが消えても、挑戦心に陰りはない。だからこそ「プロのアスリート」という言葉を使った。

「アイスショーって華やかなエンターテインメントのイメージがあると思うんですけど、もっと僕はアスリートらしくいたい。難しいことに挑戦し続ける姿や戦い続ける姿を見ていただき、期待していただきたいなと思って、この言葉たちを選びました」

 そして課題を掲げた。

「4回転半に関しては、北京五輪ですごく良い体験が出来たと思います。あの時得た知見があるからこそ、今の段階でも『もっとこうやればいい』という手応えがあります。北京五輪の時はもう伸びしろ無いのかなって思ったんですけど、いまは伸びしろをいっぱい感じています。期待しててください」

 そして「いま現在もまだ4回転半の練習を常にやっています」と言うと、目に力が宿った。その言葉は、20歳を前に「30歳になっても、何歳になっても、常に課題を持ち続ける」と誓った、あの時のまま。4回転半の壁に向かって、再び走り出した。

(ライター・野口美恵)

※AERA 2022年8月1日号