ヤクルトの石川雅規が巨人戦史上10位タイの通算33勝をあげた。過去の名だたる「巨人キラー」のエピソードを振り返ってみよう。

 金田正一は通算400勝298敗。巨人戦は65勝72敗で勝率.474。FAの前身である「10年選手制度」を使って巨人に移籍した。国鉄(現・ヤクルト)時代は353勝267敗だった。巨人戦65勝は史上1位だが、全勝利数の18パーセントなので、他球団からも同じように勝ち星を稼いでいたということになる。1958年の開幕戦で新人の長嶋茂雄を4三振に打ち取ったのは語り草になっているが、翌59年の開幕戦でも新人の王貞治から2三振を奪っている。

 巨人戦51勝47敗、勝率.520の平松政次は、もともと長嶋茂雄のファンで、大洋(現・横浜DeNA)でプロ1年目の67年は「背番号3」を付けた。のちに野球漫画「新巨人の星」で、右投げに転向した主人公の星飛雄馬が「背番号3」を付けて復活を果たしたのを思い出す。その長嶋が「最も苦手にした」のが平松の「カミソリシュート」だった。プロ野球に耳あて付きヘルメットが導入されたのは、70年に阪神・田淵幸一が死球を受けたことがきっかけだが、内角にカミソリのように鋭く切り込んでくるシュートは打者から嫌がられた。長嶋との通算対戦成績は、181打数35安打、打率.193、三振33、内野ゴロ65、本塁打8だった。

 絶妙なコントロールとスクリューボールを武器に、中日最多の通算219勝をあげた山本昌は2015年の50歳まで投げ続けた。巨人戦の成績は43勝44敗で勝率.494。1990年代に最多勝3度。巨人には全員が通算150勝以上をあげた、槙原寛己・斎藤雅樹・桑田真澄の、いわゆる「先発3本柱」が存在したが、その投手たちを相手にも勝った。すなわち「巨人キラー」とは、強い巨人の大打者を封じることだけでなく、巨人の大投手に投げ勝つことでもある。だから価値が倍増するのだ。山本は、88年・99年・2004年・06年・10年のリーグ優勝に貢献している。

 東京をライバル視する関西の象徴が阪神だろう。村山実は長嶋が巨人入りした翌年の1959年に阪神入りした。契約金は巨人が推定2000万円を提示したのに対し、阪神は推定500万円だったという。それでも兵庫出身の村山は迷うことなく阪神を選んだ。同年、天覧試合で長嶋にサヨナラ本塁打を打たれたが、村山は「あれはファウルだ!」と言い張った。後輩の江夏豊はそのフレーズを5回や10回どころか100回以上聞いたそうだ。それだけ「打倒・巨人」に対する思いは強かったのだろう。巨人戦の成績は39勝55敗、勝率.415だった。

 54年、中日は巨人に対して14勝12敗という成績だった。そのうち杉下茂が11勝をあげた。そして中日は悲願のリーグ初優勝・日本一を遂げる。「球が止まって見える」と語った打撃の神様・川上哲治が杉下のフォークに対しては「捕手が捕れない球を打てるわけがない」と言ったそうだ。この54年は32勝、防御率1.39、勝率.727、三振273、完封7。史上8人しかいない「投手五冠」に輝いている。巨人戦の成績は38勝43敗で勝率.458だった。

 巨人戦35勝31敗、勝率.530の星野仙一は巨人への入団を熱望していたが、ドラフトで巨人は島野修を指名した。そのとき「“星”と“島”を間違えたんじゃないか」と激怒した。その後、中日で「打倒・巨人」に燃えることになる。81年、星野と小松辰雄はどちらが巨人を先に完封できるか競争していたという。そんな状況下で、あの珍場面が生まれた。平凡な飛球を遊撃・宇野勝がまさかのヘディングで落球し、星野はグラブを地面にたたきつけて烈火のごとく怒った。指導者としては2013年、楽天の監督として原巨人を破り、初の日本一に導いた。

 阪神の村山実は「俺のライバルは長嶋茂雄。お前のライバルは王貞治だ」と江夏豊に語ったという。巨人戦は35勝40敗、勝率.467。プロ2年目の1968年、西鉄(現・西武)の稲尾和久のシーズン353三振を奪うチャンスが訪れた。「354個目は王さんから奪う」と公言し、実際に王から三振を奪い、意気揚々と引きあげると、辻恭彦捕手が「いまのは353個目だぞ」と指摘。その後、江夏は後続打者をゴロやフライで打ち取り、一巡させて王から354個目も奪った。王との通算対戦成績は、258打数74安打、打率.287、三振57、本塁打20。王が最も本塁打を打ったのは江夏からだったが、最も三振を奪われたのも江夏からだった

 安仁屋宗八は沖縄出身のプロ1号選手。プロ通算18年で119勝124敗。巨人戦は34勝38敗、勝率.472だった。サイドスローからの沈むシュートとスライダーのコンビネーションを武器にした。68年に23勝をあげ、広島初のAクラス入りに貢献した。119勝中、34勝(29%)が巨人戦だった。その割合からは、「紛れもない巨人キラーだ」といえるだろう。

 岡山・倉敷商高出身で星野仙一の1年後輩だった松岡弘は、岡山東商高で甲子園優勝経験のある平松政次、65年に東映(現・日本ハム)にドラフト1位指名された関西高・森安敏明と同学年。この年代は岡山県に好投手が多かった。松岡を評して長嶋茂雄いわく「球が一番速かった」。プロ通算191勝190敗。通算200勝までもう少しのところで涙をのんだ。ヤクルトのエースナンバー「背番号17」と「巨人キラー」の代名詞は、川崎憲次郎(巨人戦29勝)に受け継がれた。巨人戦の成績は34勝46敗、勝率.425だった。

 広島時代に6年連続10勝をあげた川口和久は巨人戦で33勝31敗、勝率.516。3度の最多奪三振、6度の最多与四球、そして荒れ球が武器だった。広島初のFA選手でもある。巨人時代の96年、11.5差を大逆転した「メークドラマ」では胴上げ投手になった。

 石川のストレートの最速は130キロ台だが、シンカーをはじめとした多彩な球種で打者を手玉に取る。巨人戦33勝目(30敗、勝率.524)で通算182勝をあげた。「平成の大エース」と呼ばれた巨人の斎藤雅樹が通算180勝、「平成の怪物」松坂大輔が日米通算170勝。現在、パドレスのダルビッシュ有が日米通算181勝、楽天の田中将大が日米通算186勝ということを考えても、石川は身長167cmの「小さな大投手」である。

 紹介した「巨人キラー」のなかでも勝ち越しているのは平松、星野、川口、石川の4人だけだ。「真の巨人キラー」とは、この4人のように巨人の強打者を抑え、また巨人の強力投手陣にも勝つ投手のことを言うのだろう。(新條雅紀)