ドラフト1位でプロ野球の世界に入った選手たちは、アマチュア球界でズバ抜けた輝きを放っていたアスリートばかりだ。ただ、全ての選手の注目度が高かったわけではなく、逆風からスタートした選手もいる。

 巨人は昨秋のドラフトで西日本工業大・隅田知一郎(西武)を1位指名したが4球団が競合の末に抽選で外れ、「外れ1位」で関西国際大の大勢を指名した時に驚きの声が上がった。独特の投球フォームから150キロを超える直球が大きな武器だったが度重なる故障も影響し、リーグ戦通算4勝3敗と目立った成績を残していない。制球力が課題で「即戦力ではない」という指摘も少なくなかった。だが、守護神に抜てきされると期待以上の活躍をみせる。前半戦は36試合登板で1勝1敗25セーブ5ホールド、防御率2.02。新人王の最有力候補で、最多セーブ投手のタイトルも狙える位置につけている。

 同じく1位指名で疑問の声が上がったのが、大山悠輔(阪神)だった。2016年ドラフトは創価大・田中正義(現ソフトバンク)、桜美林大・佐々木千隼(現ロッテ)、明大・柳裕也(現中日)が「大学ビッグ3」と形容され、複数球団による争奪戦が予想された。田中には5球団が競合、柳には2球団が競合したが、佐々木は名前が呼ばれない。阪神の指名を予想するメディアが多かったが、白鴎大のスラッガー・大山悠輔を1位で単独指名。大学ジャパンの4番を担った実力者だが全国的には無名の存在だったことから、ドラフト会場では「えっ!」とどよめきが起きた。佐々木が「外れ1位」で最多の5球団が競合したことから、「佐々木を指名するべきだった。大山は2位でも獲れた」と指摘されたが、プロ入り後はその評価を覆した。20年から3年連続20本塁打をマークするなど、セ・リーグを代表するスラッガーとして活躍している。

 このドラフトでDeNAは1位で柳を外し、外れ1位で佐々木を外し、「外れ外れ1位」で指名したのが神奈川大の左腕・濱口遥大だった。ブレーキの利いたチェンジアップを武器に1年目の17年に2ケタ勝利をマーク。日本シリーズ・ソフトバンク戦では3戦目に先発登板して8回1死までノーヒットノーランの快投。大記録は逃したが、新人が日本シリーズで白星を飾ったのは球団史上初の快挙だった。

 球界を代表するスーパースターの中にも「外れ外れ1位」で指名された選手たちがいる。代表格がヤクルト・山田哲人だ。履正社高で走攻守3拍子揃った内野手としてプロの評価が高かったが、10年ドラフトの目玉は斎藤佑樹(元日本ハム)、大石達也(現西武2軍投手コーチ)、福井優也(現楽天)の「早大三羽ガラス」だった。ヤクルトは4球団が競合した斎藤を1位で指名したが抽選で外し、八戸大・塩見貴洋(現楽天)を外れ1位で指名したが再び抽選で外す。「外れ外れ1位」で指名したのが山田だった。その後の活躍は言うまでもないだろう。トリプルスリーを前人未到の3度達成するなど球史に名を残す選手に。侍ジャパンでも昨夏の東京五輪の金メダル獲得に貢献するなど国際舞台で強さを発揮している。

「山田はヤクルトに入りたかったので、相思相愛の形になってよかったと思います。性格的にもガチガチに縛られるのが嫌なので、伝統を重視する球団より伸び伸びとしたチームカラーのヤクルトが合っていたと思います」(スポーツ紙記者)

 阪神の中心選手として活躍する近本光司も18年ドラフトに「外れ外れ1位」で入団している。この年は大阪桐蔭の根尾昂(現中日)、報徳学園の小園海斗(現広島)に4球団、大阪桐蔭の藤原恭大(現ロッテ)に3球団が競合。阪神は藤原を抽選で外し、外れ1位で指名した立命館大・辰己涼介(現楽天)にも4球団が競合して抽選を外す。外れ外れ1位で指名したのが近本だった。

 アマチュア野球の担当記者は「近本は社会人№1外野手でしたが、肩が強くないのがネックでした。身長も171センチと小柄で打撃がプロで通用するのかも未知数だった。失礼ですがまさかあそこまでの選手になるとは…」と驚きを口にする。1年目にセ・リーグ新人記録の159安打をマークし、新人から2年連続盗塁王を獲得。昨年は打率.313、10本塁打、50打点、24盗塁をマーク。自身初の最多安打(178)のタイトルを獲得した。

 ちなみに、近本が指名された18年ドラフトの「外れ外れ1位」でヤクルトの清水昇、巨人の高橋優貴、ソフトバンクの甲斐野央が入団している。一口にドラフト1位と言っても、さまざまなドラマが繰り広げられているのが興味深い。(梅宮昌宗)