夏の甲子園大会が8月6日に開幕するが、NPB12球団の監督たちも、高校球児時代には“聖地”を目指していた。

 PL学園主将時代の1987年に春夏連覇を達成した中日・立浪和義監督や東海大相模時代に春夏計4度甲子園に出場した巨人・原辰徳監督の活躍ぶりは有名だが、ほかの10人の監督たちはどんな成績を残したのか、その足跡を振り返ってみよう。

 まずは甲子園出場組から。ソフトバンク・藤本博史監督は、天理2年の80年夏に熊本工戦で先制の2点タイムリー二塁打を放つなど、4番打者として4強入りに貢献した。

 雨中の“泥試合”となった準決勝の横浜戦は、1対0とリードの8回2死、ぬかるんだグラウンドに転がった三ゴロをファウルと思い、スタートが遅れた藤本のお手玉をきっかけに、一気にたたみかけられ、痛恨の逆転負け。VTRでは捕球前にファウルになっていたので、判定の不運もあった。

 同年の天理は主力6人が2年生で、新チームは全国制覇も期待されたが、秋の県大会優勝直後に不祥事が明るみになり、1年間出場停止に。

 だが、藤本はじめ3人がプロ入りするなど、戦力の充実ぶりから、翌年夏の優勝校・報徳学園より強かったとする声も多く、マニアックなファンの間で“幻最強”と呼ばれている。

 国学院久我山時代のロッテ・井口資仁監督も、2年夏の91年に甲子園に3番ショートとして出場。1回戦の池田戦は、0対4の劣勢から、8回に追いついて延長戦へ。だが、10回に2つの悪送球で決勝点を許し、無念の初戦敗退。井口は4打席目に中前安打を記録し、3打数1安打1死球だった。

 翌年夏、井口は西東京大会で準々決勝まで24打数11安打5打点と5割近い打率を残し、準決勝の堀越戦でも8回の4打席目に自らの安打と二盗でチャンスをつくるも、本塁は遠く、0対1で敗れ去った。

 広島工時代の86年に背番号10の控え投手として春夏連続で甲子園に出場したのが、ヤクルト・高津臣吾監督だ。

 8強入りした春は2番ファーストで先発出場し、3試合で7打数無安打ながら、2四死球と2つの犠打を記録した。

 夏は3回戦の浦和学院戦で9回に代打で出場し、投ゴロ。春夏通じて1度も甲子園のマウンドに立つことなく終わったが、夏の県予選では、盲腸の手術で出遅れたエース・上田俊治に代わってマウンドを任されている。

 初戦から2試合連続完封の高津は、8強入りがかかった4回戦の安芸府中戦では初回に先頭打者本塁打を浴びるなど2点を失ったものの、徐々に調子を上げ、7回3失点で初登板の上田にスイッチ。準々決勝で上田が完投したあと、準決勝の尾道東戦では高津が5安打1失点で完投勝ちし、エースの負担を軽減した。

 チームが春夏連続の甲子園を実現できたのも、予選4試合で32回を4失点に抑えた高津の力投抜きには語れないだろう。

 甲子園まであと1勝の地区予選決勝で涙をのんだのが、高田商時代のDeNA・三浦大輔監督だ。

 春の奈良大会で投打の中心としてチームを準優勝に導いた三浦は、夏も春同様、決勝で谷口功一(元巨人など)を擁する前年の日本一チーム・天理と甲子園切符をかけて激突した。

 三浦は強打の天理打線から毎回の12三振を奪ったが、1対1の5回途中に降雨で試合が中断したことが明暗を分ける。試合再開直後に犠飛で勝ち越され、7回にも本塁打を浴びて1対3で敗れた。

「雨は関係ない。やっぱり天理は強かった」と“格上”相手に完全燃焼できたことに満足した三浦だったが、後日、谷口から「負けるかもしれないと思っていた」と“真相”を打ち明けられると、「何だよ、それ先(試合前に)言ってくれよ」と苦笑したという。

 日本ハム・新庄剛志監督も、西日本短大付時代の89年夏は、福岡大会決勝で福岡大大濠に4対6と惜敗しているが、その試合でサイクル安打を達成した。

 1番センターで出場した新庄は、初回に左前安打、3回に左越えソロ、7回に中越え三塁打を放ち、2点を追う9回にも自らの中越え二塁打を足場に2死一、二塁とチャンスを広げたが、次打者の長打性の打球が左翼手の美技に阻まれ、ゲームセット……。

 だが、「ヒットを打つことだけを考えた結果」がプロへの大きなアピールになった。

 浜田商のエースで4番だった広島・佐々岡真司監督は、85年夏に島根大会準決勝まで勝ち進んだが、4日間で3試合を投げた疲労から速球の伸びを欠き、大社に3対7で敗れた。

 鷹巣農林の4番捕手だったオリックス・中嶋聡監督は、86年夏の秋田大会準々決勝、横手戦で5点を勝ち越された9回裏に追撃のタイムリー二塁打を放つも届かず、5対8で敗退。1回2死三塁の先制機で敬遠されたのが「悔しかった」という。

 一方、楽天・石井一久監督は、東京学館浦安2年の90年夏に千葉大会でベスト16入り。翌91年夏も4試合で52奪三振と“千葉のミスターK”の本領を発揮したが、5回戦の銚子商戦では四球をきっかけに悪送球で失点し、0対1の惜敗。甲子園を狙っていた監督を「神様のいたずら」と残念がらせた。

 また、佐賀東の主将で1番打者だった西武・辻発彦監督は、76年の県予選3回戦で、第1シードの佐賀商を相手に、自らのタイムリー三塁打で4対1とリードを広げた直後、不運にも降雨ノーゲームとなり、再試合で敗れた。

 桜宮時代に4番捕手・主将の三役をこなした阪神・矢野耀大監督も、最後の夏(86年)は大阪大会3回戦で市岡に3対10と8回コールド負けし、「憧れのPL学園と対戦する」夢をはたすことができなかった。(文・久保田龍雄)

●プロフィール
久保田龍雄/1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2021」(野球文明叢書)。