BIGG BOSSこと新庄剛志新監督を迎えたものの、前半戦を5位から9.5ゲーム差の最下位で終えた日本ハム。オーダーをガラポンで決めるなど突拍子もないやり方に対して批判の声も少なくないが、野手を中心に若手の台頭が見られることは事実である。

 そして、その流れを作っているのが主力選手の早い見切りではないだろうか。昨年はシーズン途中で主砲の中田翔が暴力事件をきっかけに巨人に移籍し、さらにオフには秋吉亮、西川遥輝、大田泰示の3人をノンテンダーという名目で自由契約にしたことは記憶に新しいが、それ以前にもFAなどで他球団に移籍した選手は非常に多い。

 では日本ハムが選手を見切るタイミングは適切だったのだろうか。過去10年にFAなどで国内の他球団へ移籍した主力選手の翌年の成績をまとめてみたところ以下のような数字となった(昨年オフに退団した選手は前半戦終了時点)。

鶴岡慎也(2013年オフFA)
98試合 35安打0本塁打25打点0盗塁 打率.216

大引啓次(2014年オフFA)
96試合 70安打5本塁打41打点6盗塁 打率.225

小谷野栄一(2014年オフFA)
56試合 54安打4本塁打22打点0盗塁 打率.295

陽岱鋼(2016年オフFA)
87試合 87安打9本塁打33打点4盗塁 打率.264

増井浩俊(2017年オフFA)
63試合 2勝5敗35セーブ9ホールド 防御率2.49

大野奨太(2017年オフFA)
63試合 27安打2本塁打10打点0盗塁 打率.197

中田翔(2021年シーズン途中無償トレード)
34試合14安打3本塁打7打点0盗塁 打率.154

秋吉亮(2021年オフノンテンダー)
一軍出場なし(日本海オセアンリーグの福井ネクサスエレファンツでプレー、今月ソフトバンクに入団)

西川遥輝(2021年オフノンテンダー)
75試合 60安打6本塁打29打点17盗塁 打率.220

大田泰示(20201年オフノンテンダー)
33試合 25安打5本塁打13打点0盗塁 打率.281

 こうして見てみると移籍先で主力として十分な活躍を見せたケースは少ないのが非常によく分かる。最も活躍したのは増井だ。移籍1年目にキャリア2位となる35セーブをマーク。防御率も前年の2.39と同水準をキープしている。しかし翌年以降は成績が大きく低下。4年契約ということを考えると、獲得したオリックスも大成功とは言いづらいだろう。

 同じくFAでオリックスに移籍した小谷野は移籍3年目の2017年に130安打を放って復活を見せたが、所属した4年間でレギュラーとして活躍したのはこの年だけだった。今年楽天に移籍した西川も出塁率(.355)、盗塁などはさすがという数字だが、打率は2割台前半に低迷。全盛期と比べるとやはり寂しい数字となっている。陽と大野については移籍後に大きく成績が下がり、高いコストをかけて獲得した巨人と中日にとっては大きな誤算だったと言えるだろう。

 一方のトレードに関しては糸井嘉男、エスコバー、鍵谷陽平、高梨裕稔など移籍先でも活躍した例はあるが、逆に獲得した選手でも杉浦稔大、大田泰示、公文克彦、宇佐見真吾などが主力になっており、“収支”で考えれば決して悪くない結果となっている。この点でも編成は十分に機能していると言えそうだ。

 しかしそれではなぜここ数年チームは低迷しているのだろうか。その原因は、退団した選手の穴を埋める新戦力の台頭の遅れにあるのではないだろうか。かつてドラフト上位指名で入団し、主力になった選手を見てみるとダルビッシュ有、大谷翔平、有原航平は2年目で早くも二桁勝利をマークしており、中田と西川も4年目には主力に定着している。陽や吉川光夫のように時間がかかった選手もいるが、高校卒の選手でも早くから一軍で活躍するというのがかつての日本ハムのお家芸だったのだ。

 現在のチームを見てみると今年になってようやく清宮幸太郎と吉田輝星の2人が成長を見せているが、ともにまだ万全の主力とは言い難い状況である。主力を放出することで新陳代謝を促しても、新しい血が機能しなければチームは低迷するということがよく分かる。

 ただ、今年に入ってようやくチームが活性化されつつあることは間違いない。今シーズンの優勝は既に絶望的とも言える状況だが、来シーズンに向けてどのように戦力を整備していくのか。今後の日本ハムの動きに注目だ。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。