甲子園の大舞台でスカウトの目を見張らせる快投を演じ、その完成度の高さから、プロでも活躍すると思われたのに、故障などから大成できずに終わった投手も少なくない。

「甲子園史上最も美しい」と絶賛されたしなやかなフォームと抜群の制球力で将来性を高く評価されながら、NPBでは通算1勝で終わったのが、東亜学園の川島堅だ。

 1987年夏、2年連続で甲子園にやって来た川島は、準々決勝で北嵯峨を14奪三振完封するなど、伸びのある速球と切れのあるカーブを武器に4強入りの原動力になった。

 同年の甲子園出場組には、伊良部秀輝(尽誠学園)、橋本清(PL学園)、盛田幸妃(函館有斗)、上原晃(沖縄水産)らプロ注目の好投手が目白押しだったが、川島はその中でも「即戦力ナンバーワン」と評され、「1年目から10勝も」の声も聞かれるほどだった。

 広島にドラフト1位で入団した川島は、翌88年9月16日の阪神戦でリリーフとしてプロデビューをはたす。

 2度目の先発となった10月18日のヤクルト戦では、8回まで3失点に抑え、9回2死から池山隆寛の二塁打でサヨナラ負けを喫したが、2年目の89年4月29日の阪神戦で、9回を5安打8奪三振1失点で完投し、うれしいプロ初勝利。「懐かしい甲子園でしょ。お客さんもたくさん入って。前半は楽しめたけど、(6回に失点)後半はきつかったですよ」と思い出の地での大きな1勝に感無量だった。

 だが、3年目にコーチの指示でスリークォーターにモデルチェンジしたことが裏目となり、右肘を痛めてしまう。手術後、1年間リハビリに努めても球威は戻らず、94年オフに戦力外通告を受けた。翌95年に台湾・時報で1年間プレーしたあと、野球にけじめをつけて現役引退。NPB通算成績は18試合に登板し、1勝4敗だった。

 台湾から帰国後、現役時代に故障で苦しんだ経験から、「ケガに悩む球児たちに思いきりプレーさせてあげたい」と柔道整復師の資格を取得。現在は整骨院の院長を務めている。

 川島と同じ87年夏の甲子園で、「今まで見た(投手の)中で一番速い」と対戦校の監督を驚かせ、プロのスカウトから二重丸の評価を受けたのが、佐賀工の江口孝義だ。

 甲子園の初戦、東海大甲府戦ではMAX143キロを計測し、センバツ4強で夏も優勝候補だった強打のチームを4安打9奪三振と力でねじ伏せた。冒頭のコメントは、敗れた東海大甲府・大八木治監督が口にしたものだ。

 ネット裏のスカウトたちも、江口を同年の“ドラ1組”伊良部、橋本、川島と同等以上に評価した。

 だが、習志野戦では別人のように球威を欠き、まさかの5失点KO。大会屈指の本格派の評価は変わらなかったものの、江口はプロ入りを拒否してNTT九州に入社した。

 社会人2年目に野茂英雄、潮崎哲也とともに全日本代表メンバーに選ばれた江口は、キューバ戦で2回を無失点に抑え、「プロで三振を奪えるのは、野茂のフォーク、潮崎のシンカー、江口のストレート」と並び称された。

 翌90年3月のスポニチ大会でも147キロをマークし、秋のドラフトの目玉になったが、4月に右肩を痛め、再びプロ拒否を表明した。そんななか、地元のダイエーが3位指名し、肩の治療を約束するなど熱心に勧誘すると、一転入団。「肩を治して平和台で1勝したい」と誓った。

 リハビリを経て、91年9月11日のロッテ戦でプロデビュー。翌92年は、1軍昇格後、5試合で防御率1.08と安定した成績を残し、6月18日のオリックス戦でプロ初先発したが、高橋智、小川博文に連続被弾するなど、3回途中6失点で負け投手に。

 その後も右肩の状態は思わしくなく、96年に「嵩芳」と改名し、心機一転を期したが、1軍登板のないまま同年限りで現役引退。「福岡ドームで投げる」夢をはたせずに終わった。

 引退後、理学療法士の国家試験に合格し、オリックス、ソフトバンクのトレーナーを務めた。

 04年夏の甲子園で、ダルビッシュ有(東北)、涌井秀章(横浜)とともに“高校生ビッグ3”と注目を集めたのが、秋田商の佐藤剛士だ。

 同年のセンバツでは、2試合連続無失点で8強入り。夏の甲子園では済美打線に打ち込まれ、初戦敗退も、ダルビッシュ、涌井とともに大会最速タイの146キロをマーク。米球団のスカウトも「球は間違いなくいい」と高く評価した。

 同年のドラフトで広島に1位指名された佐藤は、2年目の06年、1軍先発陣の駒不足からブラウン監督に抜擢され、4月20日の横浜戦でプロ初先発初登板のマウンドに上がった。

 だが、初回に相川亮二に3ランを浴びるなど、いきなり5失点。その裏、前田智徳が1点差に迫る満塁アーチで援護してくれたのもつかの間、3回にも村田修一に3ランを浴び、9失点KO。「1軍は甘い球を見逃さない。収穫はあまりない」とプロの厳しさを味わった。

 その後は肩、腰などを相次いで痛め、故障との闘いに明け暮れた。

 09年オフ、右肘を手術してラストチャンスにかけたが、翌10年は2軍で1試合登板にとどまった。シーズン後に戦力外通告を受けると、「いつまでもダラダラやるより、区切りをつけたほうがいい」(同年12月11日付デイリースポーツ)と引退を決め、広島県内の建設会社に就職した。

 1軍登板は前記の横浜戦1試合で終わったが、郷里から両親を呼んで晴れ姿を見てもらったことが「一番の思い出」になったという。(文・久保田龍雄)

●プロフィール
久保田龍雄/1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2021」(野球文明叢書)。