今夏も欧州サッカーの移籍市場が活発な動きを見せる中、新天地への移籍を決断する日本人選手も多かった。新たに海を渡る者も含め、かつては片手で数えられるほどだった“欧州組”が、現在は60人以上に上る。しかし、その内実を見ると、南野拓実がリバプールを去り、久保建英もレアル・マドリードから完全移籍。いわゆる欧州5大リーグのビッグクラブと呼べるチームでプレーする選手は、アーセナル所属の冨安健洋のみであり、依然として日本人選手にとって「ビッグクラブで活躍する」ことは困難で、敷居は高いままだと言える。では、過去を振り返るとどうだったのか。これまで「ビッグクラブで最も活躍した日本人選手」は誰になるのだろうか。

 欧州で活躍した日本人プレイヤーの第一人者は、奥寺康彦だ。1977年10月、25歳でドイツ1部の1.FCケルンに加入。左ウイングとして1977−78シーズンのリーグ優勝とドイツ杯優勝の二冠に貢献。翌シーズンは、UEFAチャンピオンズカップ(現在のUEFAチャンピオンズリーグ)の準決勝でゴールを決めている。その後、2部のヘルタ・ベルリンを経てブレーメンに移籍し、サイドバックとして5シーズンに渡って活躍。ドイツの1部でプレーした9年間で、ブンデスリーガ通算234試合出場と26得点は、それぞれ長谷部誠と岡崎慎司に破られるまで日本人最多を誇っていた。しかし、時代はボスマン判決以前であり、ケルンとブレーメンは名門ではあるが「ビッグクラブ」とは言えないだろう。

 欧州でプレーした日本人の歴史の中では、中田英寿を語らない訳にはいかない。1998年W杯出場後に“弱小”ペルージャで大活躍した後、1999−2000シーズンの冬の途中にイタリアの首都を本拠地としたASローマへ移籍。翌2000−01シーズンには、佳境を迎えた優勝争いの中でのユヴェントスとの直接対決で“伝説のミドル”を決め、セリエA優勝に貢献した。だが、外国人枠の関係もあり、ペルージャ時代1年目の33試合10得点に比べ、ローマでは1年目が半年間で15試合3得点、2年目は1年間で15試合2得点。クラブの歴史とサポーターの記憶にその名を刻んだが、数字的には「不完全燃焼」だった。

 中田の引退後、日本サッカー界のスターになったのは本田圭佑だった。21歳で海を渡り、オランダのVVVフェンロからロシアのCSKAモスクワを経て、2013−14シーズンの冬の移籍でイタリアのACミランに加入した。当時27歳。次々と監督が交代する“迷走期”の中で背番号「10」を背負ったが、在籍3年半でリーグ戦通算81試合出場9得点。時折、“黄金の左足”で豪快なゴールを決めたが、出番を失う期間や出場しても現地メディアから酷評されることが多く、「ビッグクラブ」ミランでは期待値を上回る活躍をすることはできなかった。

 香川真司の判断は難しい。ドイツ・ドルトムント時代のパフォーマンスは誰もが認めるところだが、今夏にマンチェスター・シティへと移籍したハーランドの事例を考えても、ドルトムントは「ステップアップクラブ」であり、香川が2012年の夏に23歳で移籍したマンチェスター・ユナイテッドこそ「ビッグクラブ」だろう。そのマンUでのプレミア初年度は、故障離脱こそあったが、2013年3月3日のノーリッジ戦でハットトリックを決めるなど、リーグ戦20試合で6得点4アシストと上々の働きを見せ、チームもリーグ優勝。しかし、ファーガソン監督の勇退とともに立場が暗転。モイーズ体制となった2シーズン目は出場18試合無得点と大きく期待を裏切り、3年目の開幕直後に事実上のチーム構想外となってドルトムントへ復帰。結果的にマンU移籍は成功とは言えないものになった。

 この中田、本田、香川の“苦戦”を考えると、長友佑都の奮闘ぶりは改めて称賛されるべきだ。2010年夏にイタリア・チェゼーナへ移籍すると、その冬、前シーズンにイタリアのクラブとして初めて主要タイトルの三冠を達成したインテルに引き抜かれる形で加入。当初は懐疑的な目を向けるサポーター、メディアが多数を占めたが、他の追随を許さない運動量と逆境を跳ね返すメンタリティで自身の実力を証明し続けた。

 毎年のように「長友に代わる新戦力」が加入したが、最終的にはポジションを勝ち取り、7年半に渡って主力サイドバックとして活躍した。特に2013−14シーズンはリーグ戦35試合出場で5得点6アシスト。在籍中にリーグ戦優勝を果たすことはできなかったが、チームの副主将を務め、キャプテンマークを巻いた試合もあった。

 今後、長友を超える信頼を得て、ビッグクラブで長期間に渡って活躍する日本人選手は現れるのか。南野と久保がビッグクラブへ“返り咲き”する時が来るのか。冨安は故障を乗り越えてアーセナルでキャリアを重ねることができるのか。それとも、三笘薫や上田綺世といった進境著しい選手たちが、ビッグクラブに引き抜かれることになるのか。W杯本大会も控えた2022−23シーズンは、日本人選手たちの今後のキャリア形成にとっても非常に重要なシーズンになる。(文・三和直樹)