9月となりペナントレースもいよいよ佳境を迎えているが、そろそろ気になってくるのがストーブリーグの話題である。昨年はフリーエージェント(以下FA)で移籍した選手が又吉克樹だけと少し静かなオフとなったが、今年は森友哉、外崎修汰(いずれも西武)、中村奨吾(ロッテ)、西川龍馬(広島)などがシーズン中に国内FA権を得ており、もし宣言すれば争奪戦となる可能性は高いだろう。

 FAに絡んで移籍する場合も残留する場合も複数年の大型契約を結ぶケースも増えているが、果たしてそれに見合った活躍を見せられているかと言えば疑問が残る。そこで今回は近年結ばれた大型契約の費用対効果について検証してみたいと思う(年俸は推定)。

 まず現在最も長い契約を結んでいるのが則本昂大(楽天・2019〜2025年)、柳田悠岐(ソフトバンク・2020〜2026年)、山田哲人(ヤクルト・2021〜2027年)の7年契約だ。則本は7年総額21億円、柳田は年俸変動制ながら今年は6億2000万円プラス出来高、山田は7年総額40億円といずれも日本球界ではなかなかない規模の契約となっている。ではこの3人の契約以降の成績はどうなっているのだろうか。まとめてみると以下のようになった(今シーズンは9月1日終了時点)。

・則本昂大
2019年:12試合 5勝5敗0セーブ0ホールド  防御率2.78
2020年:18試合 5勝7敗0セーブ0ホールド  防御率3.96
2021年:23試合 11勝5敗0セーブ0ホールド 防御率3.17
2022年:18試合 7勝8敗0セーブ0ホールド  防御率3.81

・柳田悠岐
2020年:119試合 146安打 29本塁打 86打点 7盗塁 打率.342
2021年:141試合 155安打 28本塁打 80打点 6盗塁 打率.300
2022年: 91試合 94安打  16本塁打 59打点 1盗塁 打率.272

・山田哲人
2021年:137試合 134安打 34本塁打 101打点 4盗塁 打率.272
2022年:105試合 96安打  22本塁打  61打点 9盗塁 打率.244

 則本は入団から6年連続で二桁勝利をマークしていたが、大型契約を結んでからそれが途絶え、2年連続で5勝と低調な数字に終わっている。昨年は持ち直したように見えたが、今年も負けが先行し防御率も3点台後半と投高打低と言われているシーズンを考えるとかなり物足りないというのが現状だ。

 柳田も2020年は最多安打のタイトルを獲得するなど順調なスタートを切ったが、今年は打率、本塁打ともに大きく成績を落としている。山田も昨年は30本、100打点をクリアしたが今年は規定打席以上の打者としては打率部門で最下位争いを演じるなど低迷。ともにトリプルスリーを達成した時の成績と比べると、少し寂しい数字となっている。まだ契約期間は残っており、山田は今年で30歳と若いだけに今後また成績を伸ばすことも期待できるが、現時点で考えると大成功とは言いづらいのが現状だろう。

 大型契約も後半を迎えているのがともに巨人の坂本勇人と丸佳浩の2人だ。2019年から5年契約を結んでおり、ともに総額は25億円を超えると言われている。来年がその最終年となるが、ここまでの4年間をまとめてみると以下のような数字となった。

・坂本勇人
2019年:143試合 173安打 40本塁打 94打点 5盗塁 打率.312
2020年:115試合 119安打 19本塁打 65打点 4盗塁 打率.289
2021年:117試合 115安打 19本塁打 46打点 2盗塁 打率.271
2022年:62試合  63安打  5本塁打  28打点 2盗塁 打率.279

・丸佳浩
2019年:143試合 156安打 27本塁打 89打点 12盗塁 打率.292
2020年:120試合 120安打 27本塁打 77打点 8盗塁  打率.284
2021年:118試合 104安打 23本塁打 55打点 5盗塁  打率.265
2022年:122試合 126安打 24本塁打 55打点 5盗塁  打率.279

 坂本は大型契約1年目に自己最多となる40本塁打を放つなど見事な成績を残したが、それ以降は故障もあって右肩下がりという印象を受ける。特に今年は3度も登録抹消となるなどレギュラー獲得後最低の数字となることが濃厚だ。ショートからのコンバートを勧める声も上がってきており、来年が正念場のシーズンとなることは間違いないだろう。

 一方で、ここまで紹介した選手の中で最も安定しているのが丸だ。昨年は少し成績を落としたものの、それでも20本塁打をクリア。今年も坂本など他の主力選手が苦しむ中でも中軸としてふさわしい成績を残している。脚力の面ではどうしても全盛期と比べると落ちている感は否めないものの、まだしばらくは外野の一角を担うことが期待できそうだ。

 昨年オフにFAとなり大型契約を結んだのが宮崎敏郎(DeNA)、又吉克樹(ソフトバンク)、大瀬良大地、九里亜蓮(ともに広島)、梅野隆太郎(阪神)の5人だ。宮崎は6年、又吉は4年、他の3人は3年契約を結んでいる。この5人については昨年との成績を比較してみたい。

・宮崎敏郎
2021年:141試合 156安打 16本塁打 73打点 0盗塁 打率.301
2022年:96試合  107安打 9本塁打  36打点 0盗塁 打率.312

・又吉克樹
2021年:66試合 3勝2敗8セーブ33ホールド 防御率1.28
2022年:31試合 3勝3敗1セーブ14ホールド 防御率2.10

・大瀬良大地
2021年:23試合 10勝5敗0セーブ0ホールド 防御率3.07
2022年:19試合 7勝7敗0セーブ0ホールド 防御率4.46

・九里亜蓮
2021年:25試合 13勝9敗0セーブ0ホールド 防御率3.81
2022年:22試合 5勝8敗0セーブ0ホールド 防御率3.33

・梅野隆太郎
2021年:130試合 91安打 3本塁打 33打点 8盗塁 打率.225
2022年:86試合  57安打 3本塁打 19打点 2盗塁 打率.224

 又吉は試合中のアクシデントによる怪我で長期離脱となる不運はあったものの、全体的に見ても昨年から成績を落としている選手が目立つ。宮崎は高打率を維持しておりさすがの打撃技術を見せているが、広島の大瀬良と九里はともにローテーションから外れる時期があり、梅野も出場試合数を減らしている。もちろんこれだけで判断するのは早計だが、ファンや球団からするともう少し頑張ってもらいたいというのが本音ではないだろうか。

 こうして見てみると、改めて大型契約の難しさが感じられる。実績のある選手でFAが絡むと他球団との争奪戦となるため、条件が高騰することは避けられないが、契約の終盤にはどうしても成績が落ちることは想定しておく必要があるだろう。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。