今年11月開幕のサッカーW杯カタール大会。我らが日本代表はグループリーグE組(ドイツ、スペイン、コスタリカ、日本)を突破して2大会連続4度目のベスト16進出、さらにその上の「新しい景色」のベスト8以上を狙う。だが、この「W杯ベスト8」という目標は、日本だけでなく多くのサッカー中堅国にとって“言うは易く行うは難し”の非常に高い壁である。

 歴史は物語る。過去21回を数えるW杯において、その栄光は常に欧州と南米のサッカー大国のものであり、優勝経験国は8カ国(ブラジル、イタリア、ドイツ、ウルグアイ、アルゼンチン、フランス、イングランド、スペイン)のみ。その内訳は、ブラジルが最多の5回を誇り、イタリアとドイツが4回。ウルグアイが草創期の2回(1930年、1950年)で、アルゼンチンとフランスも2回。イングランドは1966年の地元優勝以外はさっぱりで、スペインも初優勝した2010年南アフリカ大会以外は早期敗退の連続。オランダは3度の決勝進出も頂点には一度も立てていない。出場国は13から16、24、そして32(2026年からは48)と増加してきたが、優勝トロフィーは一部の国が牛耳ってきた。

 優勝に限ったことではない。過去のベスト4進出国を振り返っても、全21大会での延べ84カ国中、欧州が61、南米が21とほぼ独占(残り2カ国は1930年のアメリカ、2002年の韓国)。対象を「ベスト8」に広げても、大会方式によって確定できない3大会(1930年、1950年、1982年)を除いた延べ144カ国中、欧州が100(69.4%)、南米が34(23.6%)と圧倒的。残りは10カ国のみで、北中米5(メキシコ2回、キューバ、アメリカ、コスタリカ)、アフリカ3(カメルーン、セネガル、ガーナ)で、アジアは2(北朝鮮、韓国)。欧州と南米以外の国がW杯でベスト8に進出できた割合は6.9%のみ。アジアに限ると、わずか1.4%しかない。

 その歴史を覆しての「ベスト8以上」を目指す日本代表だが、同じような立場のサッカー中堅国は当然、多くある。北中米に属するメキシコは第1回大会から出場するW杯の常連であるが、ベスト8に進出したのは、ともに開催国となった1970年と1986年の2回のみ。1994年以降、GKカンポスやDFマルケス、MFグアルダード、FWチチャリートなどの世界的な名選手が活躍して7大会連続でグループリーグ突破を果たしたが、7大会連続でベスト16の「壁」を越えられずに決勝トーナメントの初戦で敗退している。

 また、1996年のアトランタ五輪で金メダルを獲得した“スーパーイーグルス”ナイジェリアも、W杯では本大会出場6回で決勝トーナメントに3回進出したが、いずれもベスト16で敗退した。その他のアフリカ勢も1990年にカメルーン、2002年にセネガル、2010年にガーナがベスト8に進出したが、ベスト4進出はできず。“王様”ペレを始め、1990年代に予感と期待があった「アフリカ勢のW杯優勝」は依然として叶わず、グループリーグで全滅した前回のロシア大会を見ると、むしろ遠ざかっていると言える。

 欧州の強豪国においてもベスト8の壁を突き破ることは決して簡単なことではなく、過去10大会において、スペインがベスト4以上に進出したのは優勝した2010年のみ。ポルトガルも過去10大会で4位となった2006年のみで、オランダ3回、ベルギー2回と決して多くない。そもそもベスト8進出のためには理論上、FIFAランクの上位8カ国(2022年8月発表で、ブラジル、ベルギー、アルゼンチン、フランス、イングランド、スペイン、イタリア、オランダ※イタリアは今回欧州予選で敗退)などの国に割って入らなければならない。果たして今の日本代表、森保ジャパンには、それが可能なのか。もちろん“ゼロ”ではないが、客観的に選手の質、量、所属クラブ、サッカーの文化、国力を鑑みると、現状ではその確率は非常に低いと言わざるを得ない。

 確かにサッカーには“波乱”が付きもので、近年では1994年にスウェーデンとブルガリア、2002年にはトルコと韓国がベスト4に進出。EURO(欧州選手権)においては、1992年にデンマーク、2004年にはギリシャが頂点に立ったこともある。だが、重要なのは“継続”であり、毎大会においてベスト16を最低ラインに、常にベスト8以上を狙えるチーム力、選手レベルを維持しておくことが必要だ。日本サッカー協会が掲げる目標は、「2030年までのW杯ベスト4」、「2050年までのW杯優勝」である。千里の道も一歩から。カタールの地は何里の地点にあるのか。ドイツ、スペインと対戦する今大会は、改めて日本代表の現在地を確かめる戦いになる。(文・三和直樹)