昨年のセ・リーグ新人王の栗林良吏(広島)、パ・リーグ新人王の宮城大弥(オリックス)、佐藤輝明(阪神)、牧秀悟(DeNA)、伊藤大海(日本ハム)ら同様、今年もフレッシュな選手が活躍している。はたして今季の新人王は誰なのか。有力選手の活躍ぶりを紹介する(記録は9月6日時点)。

 新人王の有資格者は、(1)支配下登録されて5年以内(2)前年まで1軍公式戦で投手は30イニング以内、打者は60打席以内の規定がある。

 まずセ・リーグは巨人の大勢が新人王候補の本命だろう。開幕から巨人の守護神として活躍し、記憶にも記録にも残りそうだ。31セーブはマクガフ(ヤクルト)、山崎康晃(DeNA)に次ぐ3位。新人選手の最多セーブ記録である山崎と栗林の37セーブに迫る勢いだ。大勢が新人王になれば、巨人の選手としては2011年の沢村拓一以来で、セーブ王も16年の沢村以来(37セーブ)になる。

 大勢が断トツの本命なら、「最優秀中継ぎ投手」の獲得が射程圏内の湯浅京己(阪神)が対抗だろう。DeNAのエスコバー、伊勢大夢という左右の中継ぎエースを上回る39ホールドポイントを挙げている。独立リーグ時代の監督だった伊藤智仁(現ヤクルトコーチ)の指導を受けたことでストレートの球速は150キロを超え、野球人生を好転させた。今季4年目だが、開幕時から「中継ぎ・湯浅―抑え・岩崎優」という勝利の方程式が確立していたら、阪神の開幕9連敗はなかったかもしれない。

 その他の候補となると、巨人は山崎伊織が80回3分の1を投げて4勝4敗。ヤクルトでは木沢尚文が中継ぎで46試合に登板して8勝3敗6ホールド。長岡秀樹も面白い存在だ。高校出3年目ながら難しい遊撃のレギュラーポジションを奪取。規定打席にも到達し、7本塁打を放っている。宮本慎也以来、なかなか正遊撃手が定着しなかったが、これで安泰となるか。

 阪神からは西純矢だろう。8月18日のヤクルト戦では、開幕9連敗以降チーム最多となる連敗を8で止め、同25日は好調DeNAの連勝を8で止めた。チームへの貢献度は大きい。高校時代は佐々木朗希(ロッテ)、奥川恭伸(ヤクルト)、及川雅貴(阪神)らとともに「BIG4」と並び称せられた。中日は高橋宏斗が5勝5敗ながら新人王有資格者最多の97回3分の2を投げている。奪三振はイニング数を上回る118個で、防御率は2.49だ。

 DeNAは入江大生だろう。中継ぎ投手として10ホールドポイント。作新学院高時代は打者としても甲子園で早川隆久(楽天)から本塁打を放つなど、エース・今井達也(西武)とともに全国制覇の原動力となった。大学で投手に専念し、プロでも力を発揮してきた。

 パ・リーグは1999年以降、新人王22人中20人が投手だ。結果としてパ・リーグは即戦力野手の活躍が難しい土壌であるといえる。本格派投手が多いからだろうか。そして今季はどうなのか。ドラフトで4球団が競合した西武の隅田知一郎が3月26日のオリックス戦で7回無失点、初登板初勝利の衝撃デビュー。当初は大本命と目されていたが、その後は勝ち星に恵まれず、1勝8敗。新人王争いは本命不在の混戦模様となった。

 昨年リーグ優勝のオリックスは、山本由伸、宮城大弥、山岡泰輔、田嶋大樹、山崎福也と先発陣が充実している。そんななか、椋木蓮は7月7日の西武戦に6回無失点で初登板初勝利。登板2試合目の日本ハム戦で九回2死までノーヒットノーランに抑えて脚光を浴びたが、その2勝でストップしている。ロッテは松川虎生が2リーグ制以降史上3人目の「高校出新人捕手開幕スタメン」を果たした。最速164キロのストレートと150キロ近いフォークボールの佐々木を好リードして、完全試合をアシストした。ほかにも石川歩や美馬学のベテランとバッテリーを組む。オールスターにも出場した。ただ、57試合で24安打、打率1割7分5厘と打撃に課題は残る。

 楽天は安田悠馬が同じく「新人捕手開幕スタメン」を果たしたが、その後は人さし指を故障して戦線離脱。結局3試合の出場にとどまっている。ソフトバンクはコロナ禍で中心選手の離脱が多かったこともあり、新戦力の台頭も目立った。大関友久は、育成出身から今季6勝を挙げ、オールスターにも出場。一躍スターダムにのし上がるかと思われた。しかし、精巣の腫瘍摘出手術を受けることになって療養中だ。「ギーマ」こと柳町達は89試合0本塁打ながら79安打、打率2割8分1厘。一方、野村勇は、思い切りのいいスイングで1939年の鶴岡一人以来、83年ぶりの球団新人10本塁打。ヒーローインタビューでの「いさみちゃんピース」は話題を呼んだ。内野はどこでも守れるユーティリティープレーヤーだ。“子連れルーキー”でもある。

 日本ハムでは開幕投手に抜擢された北山亘基か。新人の開幕投手は2リーグ制以降史上14人目の栄誉だった。その後は中継ぎで登板し、47試合で3勝8セーブをマークしている。西武は水上由伸だろう。大学時代は首位打者を獲得した外野手でもあった。今季リーグトップの32ホールドポイントでタイトルも狙える。7月の月間MVPも受賞。西武は2018、19年のリーグ優勝時に「チーム打率トップ、チーム防御率最下位」だったが、今季は一転、チーム防御率1位とチームカラーを大変革している。その試合中盤を支える存在だ。

 パ・リーグは優勝争い自体が混戦模様だけに、どれだけ優勝に貢献できたかも新人王争いの重要なポイントになりそうだ。(新條雅紀)