女子ゴルフにまた新たなヒロインが誕生した。

 11日まで京都府の城陽カントリー倶楽部で開催されていた国内女子ツアーの日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯で、ツアールーキーの川崎春花が通算16アンダーで優勝。ツアー初勝利をメジャーの舞台で飾った。

 最終日を4打差4位タイで出た川崎は、8番パー4で2打目を直接入れるスーパーイーグルを奪取し通算10アンダーまでスコアを伸ばすと、後半は12番から4連続バーディ。さらに17番もバーディとすると、18番でもロングパットを真ん中から沈めて、8アンダー64で回ってみせた。終わってみれば2位の山下美夢有に3打差をつける通算16アンダー。4打差を逆転する圧巻のゴルフで地元優勝を果たした。

 ゴルフファンの中でも、川崎はノーマークの存在だったのではないだろうか。大阪学院大学高卒で19歳の川崎がプロテストに合格したのは昨年11月。今季は、レギュラーツアーとステップアップツアーでプレーしていたが、レギュラーツアーでは今大会まで10試合中6試合で予選落ちしていた。

 一方、ステップアップでは2位(タイを含む)に2度入ると、先月26日まで行われた山陰ご縁むす美レディースで初優勝。今回は、その勢いのまま公式戦の舞台に乗り込み、偉業を達成したというわけだ。

 ここ数年の国内女子ゴルフは、今回の川崎のように毎年、新たなスターが誕生し目の離せない試合が続いている。渋野日向子がAIG全英女子オープンで快挙を達成した2019年のメルセデス・ランキングトップ20を眺めてみたが、今年の同ランク(9月11日現在)にも名を連ねているのは、稲見萌寧、小祝さくらなど8名だけだ。

 3年前と上位の顔ぶれがガラッと変わっており、つまりはそれだけ新陳代謝が激しいということ。国内女子ツアーでは「黄金世代」、「プラチナ世代」など“◯◯世代”が台頭しているが、現在の同ランクトップの山下と2位の西郷真央は、2001年生まれの「新世紀世代」でその下の世代。今回優勝の川崎に至っては2003年生まれの19歳でさらに若く、もはやコロナ前に台頭していた1998年度生まれの「黄金世代」ですら、ツアーの中心でいることが難しい状況になっている。

 こうなると気になるのは次のヒロインは誰なのか?ということだろう。

 まずその候補の筆頭になるのが、同ランク10位につけている菅沼菜々だ。今年がプロ5年目で今季は11試合でトップ10入りを果たしている菅沼は、5月のリゾートトラスト・レディスでは、初勝利に後一歩に迫る2位タイ。日本女子プロでも3位となっており、初優勝が期待されている。

 2020−21シーズンに賞金シードを獲得し、ツアーをシード選手として迎えるのは今季が初めてだが、埼玉栄高3年の2017年には、日本ジュニアを西村優菜、吉田優利、山下、笹生優花、稲見など今をときめくプロたちを退けて制した。その潜在能力は高く評価されており、今季の成績を見れば初Vは秒読みと言えるだろう。

 同ランク37位の阿部未悠も注目のプロゴルファーだ。2000年度生まれの「ミレニアム世代」の阿部は、北海道出身だが中学、高校は福岡県にゴルフ留学。昨年6月のプロテストに合格し、今季からフル参戦すると5月のリゾートトラスト・レディスではホールインワンを達成し賞金800万円を獲得した。

 トップ10入りはリゾートトラストを含めて4回だが、フェアウェイキープ率とトータルドライビングは11位と安定したティーショットが魅力。爆発力もあり、可能性を感じさせる存在だ。

 岩井明愛も初優勝が期待できる。今季のNEC軽井沢72ゴルフトーナメントとCAT Ladies2022でいきなり連続優勝を達成した岩井千怜の双子の姉で、パナソニックオープンレディース7位タイ、北海道meijiカップ5位タイと上位進出も果たした。

 昨年のステップアップツアーでは、妹の千怜がカストロールレディースで優勝すると、次戦の山陽新聞レディースカップで姉の明愛が勝利するというルーキーながら国内ゴルフ史上初の快挙を達成。平均飛距離253.61ヤードで4位と飛ばせることも、さらなる上位進出、そして初勝利への大きな武器となるはずだ。

 最後は安田祐香にも注目したい。アマチュア時代は2017年の日本女子アマチュアゴルフ選手権を高校生で制し、2018年大東建託・いい部屋ネットレディスで3位タイに食い込みローアマを獲得。2019年にはオーガスタ・ナショナル女子アマで3位タイに入るなど、早くから脚光を浴びていた。

 2019年のプロテストに合格すると、早くもツアー初勝利が期待されたが、2020−21シーズンはシード入りを逃し、今季もここまでトップ10入りは2回。メルセデス・ランキングも現在50位とアマチュア時代のような活躍をプロの舞台で披露できていない。しかし、その素材とタレント性は非凡なものがあるだけに、安田も次のヒロイン候補と言える。

 国内女子ツアーには今回挙げた選手以外にも、昨年11月のプロテストで1位通過した尾関彩美悠や、同4位でプロ入りし日本女子プロ4位タイだった佐藤心結らトップを狙う10代のプロがゴロゴロいる。さらに、16日からの住友生命Vitalityレディス・東海クラシックには、日本人として37年ぶりに全米女子アマを制した17歳の馬場咲希が出場予定で、日本女子オープン、マスターズGCレディースでのプレーも決まった。

 どうやら、国内女子ゴルフの“ヒロイン量産”はしばらく続きそうだ。