エース級を何人も継ぎ込む豪華投手リレーは、オールスターならではの風物詩だが、日本シリーズでも、V決定目前の最終回にエースを投入したり、王手をかけられた試合でダブルエースの継投が見られたりする。そして、時には公式戦でも、オールスター並みの豪華リレーが実現することだってあるのだ。

 平成以降の公式戦で最も豪華な投手リレーと言えるのが、1994年10月8日の中日戦で、巨人・長嶋茂雄監督が見せたエース三本柱の継投だ。

 この日まで両チームとも69勝60敗の同率首位。シーズン最終戦の直接対決で勝ったほうが優勝という“国民的行事”の一大決戦に必勝を期した長嶋監督は、5月18日の広島戦で完全試合を達成し、10月1日にもヤクルトを3安打完封して12勝目を挙げた槙原寛己を先発のマウンドに送り出した。

 槙原は1回1死一、二塁のピンチを併殺で切り抜けたものの、世紀の大一番の重圧から苦しい投球が続く。落合博満の先制ソロなどで2点を先行した直後の2回にも、4連打を浴び、あっという間に同点。だが、後ろには最強のリリーフ陣が控えていた。

 なおも無死一、二塁のピンチで登板したもう一人のエース・斎藤雅樹は「中日ファンがすごい声援だったけど、僕はいつも気にしない」と落ち着いて後続をピシャリと抑え、相手に流れを渡さない。

 エースの力投に打線も応える。3回に落合のタイムリーで再び勝ち越すと、4回に村田真一とコトーの一発攻勢、5回にも松井秀喜の右中間スタンド上段への特大ソロが飛び出し、6対2とリードを広げた。

 そして、6対3の7回から3日前に8回100球を投げたばかりの3人目のエース・桑田真澄がマウンドへ。ハートの強さを買った長嶋監督が「一番しびれる場面で使う」と予告していたとおり、“最後の仕上げ”を託されたのだ。

「槙原さんもプレッシャーの中で頑張った。斎藤さんもいい仕事(5回1失点)をした。オレが打たれるわけにいかないんだぞ」と自らに言い聞かせた桑田は、本調子ではないながらも、気迫の投球で3回を2安打4奪三振の無失点に抑え、見事胴上げ投手になった。

 豪華投手リレーと打線がかみ合い、指揮官としては第一次政権時代の77年以来の優勝を実現した長嶋監督は「選手を信じていました。勝利を確信していた。それに応えて、選手が燃えてくれました」と感激をあらわにし、歓喜の胴上げで5度宙を舞った。

 結果論になるが、中日も最多勝の山本昌、防御率1位の郭源治が控えており、先発・今中慎二が傷口を広げる前に投入する手もあった。今にして思えば、国民的行事にふさわしい豪華リレー対決を見たかった気もする。

 主力投手8人による完封リレーという珍事を達成したのが、80年の日本ハムだ。

 前期(当時のパ・リーグは2シーズン戦)終盤の6月26日にロッテとのV争いから脱落した日本ハム・大沢啓二監督は、7月4日開幕の後期での巻き返しを期して、主力投手たちに走り込み中心の特別練習を課した。

 そして、その成果を実戦でテストしようと考えたが、この時点で残っている前期の消化試合は、6月30日の阪急戦1試合だけだった。

 そこで、この試合に8人をまとめて登板させることにした。「消化試合だからって、遊んだんじゃないよ」と力説した大沢監督は、順番を間違えないように、8人の名前を記したメモを帽子の中に忍ばせ、イニングが変わるたびにのぞき見しながら、審判に投手交代を告げた。

 先発・岡部憲章が2回をパーフェクトに抑え、5対0とリードしたあと、3回以降は木田勇、成田文男、杉山知隆、宇田東植、佐伯和司、村上雅則、高橋直樹の7人が9回まで1イニングずつ投げるというめまぐるしいリレーになった。

 結果は7対0の快勝も、試合後は誰が勝利投手なのかで、公式記録員を悩ませることになった。

 先発しながら2回で降板した岡部以外の7人全員が候補者というややこしい話は、最終的に「先発投手に最も近く、しかも、3者三振と内容もいい」という理由で木田に白星がついた。

 1イニング投げただけで、ラッキーな10勝目が転がりこんできたドラ1ルーキーは「こんな勝ち方もいいですね」とニコニコ顔だった。

 ファンサービスの豪華継投が、結果的に優勝の行方にも影響を与えてしまったのが、92年の中日だ。

 10月9日、すでに最下位が決まっていた中日・高木守道監督は、本拠地・ナゴヤ球場でのシーズン最終戦、阪神戦で、最後まで応援してくれた地元ファンへの顔見せ目的で、主力投手を次々に投入する。

 先発はリリーフエースの鹿島忠。3回から山本昌、6回から同年44試合に登板した山田喜久夫とつないだあと、8回から今中、9回は守護神・与田剛で締め。とても消化試合とは思えぬ豪華リレーで阪神打線を散発4安打に抑え、1対0で勝利した。

 この結果、V争いの真っ最中だった阪神は、首位・ヤクルトと2ゲーム差に開いてしまい、残り2試合、ヤクルトとの直接対決2連戦に連勝してもプレーオフで再戦という厳しい状況に追い込まれた。

 高木監督は「継投は計算どおり。相手が阪神だったことは関係ない」と弁明したが、阪神は翌10日、ヤクルトに敗れ、無念のV逸……。前日の中日戦も含めて、「勝ちたい」の思いが空回りして、選手が硬くなっていた一面もあったが、筆者の知人の熱烈な虎党は、今でも「あの中日の継投が……」とボヤいている。(文・久保田龍雄)

●プロフィール
久保田龍雄/1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2021」(野球文明叢書)。