近年の国内女子ツアーは、ご存知のとおり毎週のように新ヒロインが誕生するなど混戦が続いている。『〇〇世代』ともてはやされても、その“旬”は短く、次から次へと『〇〇世代』が移り変わっている状況だ。

 2015年から韓国のイ・ボミが2年連続の賞金女王になったが、それ以降は、鈴木愛、アン・ソンジュ(韓)、鈴木、稲見萌寧と毎年女王が入れ替わり、今季も2勝している山下美夢有が賞金ランクトップを牽引。また、昨季と今季(9月11日まで)のメルセデス・ランキングトップ20を比較すると、20人中9名が入れ替わっており、シーズンをまたいで上位をキープすることが難しくなっている。

 このように週替わりでスターが生まれることは、ファンにとってよりツアーを楽しめる要素だろうが、逆に言うと、昨今は“絶対女王”と呼ばれるプレーヤーがいない。ゴルフファンだけでなく、ツアーのライバルたちにも圧倒的な強さを感じさせる存在がいないということだ。

 では、過去にはどのような“絶対女王”がいたのだろうか?

 かつての国内女子ゴルフ界は樋口久子の独壇場だった。1980年代に入ると、台湾のト阿玉が5年連続で賞金ランクトップに立ちツアーを牽引。1988年のツアー制度施行後は、平瀬真由美、福嶋晃子が連続賞金女王に輝いた。

 そして21世紀に入ると、“絶対女王”と言える女子ゴルファーが誕生する。それが不動裕理だ。

 現在45歳となった不動がゴルフをスタートしたのは10歳の時。清元登子氏を師事し腕を磨くと、1996年のプロテストに合格し、同年12月の新人戦、加賀電子カップではプロデビュー戦で初優勝を果たした。1999年の伊藤園レディスでツアー初勝利を挙げると、この年の賞金ランクは4位。「不動時代」はこれが幕開けとなった。

 2000年の不動は、6試合で優勝しツアーで初めて獲得賞金1億円を突破すると、初の賞金女王の座に。01年、02年もマネークイーンになると、翌03年にはツアー新記録となるシーズン10勝を記録した。

 平均ストローク、平均パット数、パーオン率、リカバリー率など部門別ランキングも史上初めて全部門を制覇した。また、この年は1億4932万5679円を稼いだが、これは男子ツアーの賞金王・平塚哲二を上回る賞金額だった。

 この後の不動は04年に7勝、05年には6勝し6年連続で賞金女王に君臨。最近では考えられない勝ちっぷりで、まさに“絶対女王”の名に相応しい強さを発揮していた。

 そんな不動は、6年連続賞金女王の偉業があまりにも目立つが、女王の座を降りた後も、色褪せないプレーを見せてくれていた。賞金ランク15位となった06年と同6位の07年に2勝ずつすると、08年は4勝し賞金ランク5位。シーズン4勝は女王となった古閑美保と不動だけで、勝負強さは健在だった。

 09年こそ未勝利に終わったが、10年と11年は2勝ずつしツアー通算50勝を達成。生涯獲得賞金額は13億円を超え歴代トップとなっており、浮沈が激しい女子プロゴルフの世界で長い間、ツアーの顔としてプレーしていたことには頭が下がる。

 また、不動を語る上で欠かせないのが、宮里藍や横峯さくらなど、今の女子ゴルフ人気の基盤を築き隆盛を極める要因となった新星たちの大きな壁となったことだろう。

 特に印象的だったのは04年シーズンの最終戦、LPGAツアー選手権リコーカップだ。4年連続賞金女王で、この時点で賞金ランクトップだった不動に対して、当時19歳だった宮里はルーキーシーズンに5勝し“藍ちゃんフィーバー”を牽引。賞金女王争いは、二人がこの最終戦までもつれこみ、“絶対女王”と“スーパーヒロイン”のマッチレースが期待された。

 すると初日からペアリングした二人は、不動が首位発進すると宮里も負けじと、1打差の2位スタート。2日目は二人が揃ってスコアを崩しともに3位で並ぶと、3日目には宮里が単独トップに浮上し、不動は2打差の2位。こうして4日連続で同組、しかも最終日最終組での直接対決が実現することになった。

 そして迎えた最終日、不動は一時、5ストローク離されるが、後半に入って宮里が崩れるのを尻目にじわりじわりと差を詰め、宮里が17番でボギーを叩いたことで逆転に成功。最終ホールをパーで逃げ切り、宮里に女王の貫禄を見せつける結果となった。

 今をときめくツアーのヒロインたちの多くは、宮里に憧れゴルフを始めた。その宮里は、不動という高い壁を超えるために腕を磨いたことで、『〇〇世代』たちの手本となった。つまり、現在のツアーの盛り上がりがあるのは、不動という存在があったから。

“絶対女王”不動を語る時は、6年連続賞金女王や通算50勝、永久シードなど記録に特化しがちだが、実はこうした次世代への影響力こそが、不動が女子ゴルフ界に刻んできた一番の偉業なのだろう。