エンゼルス・大谷翔平が投手で14勝、打撃でも34本塁打と「異次元の活躍」を見せているが、メジャーで活躍できる日本人選手は一握りだ。特に野手は厳しい。秋山翔吾(現広島)は西武在籍時に最多安打を4度、首位打者を1度獲得するなど安打製造機として活躍したが、レッズではレギュラーをつかめないまま今季途中に自由契約に。パドレスとマイナー契約を結んだが、6月下旬に日本球界復帰を決断した。

 この男も、メジャー昇格を目指して汗を流している。ブルージェイズ傘下3Aバッファローでプレーする筒香嘉智だ。侍ジャパンで4番を担うなど日本球界を代表する長距離砲として活躍し、19年オフにポスティング・システムでレイズに移籍したが、20年は51試合出場で打率.197、8本塁打、24打点と結果を残せず、翌21年も26試合出場で打率.167、0本塁打、5打点。5月上旬に事実上の戦力外通告を受けてドジャースに移籍するが目立った活躍ができず、パイレーツに移籍する。崖っぷちに追い込まれたが、少ないチャンスを生かして、打率.268、8本塁打、25打点をマーク。今季は再契約を結んで中軸として期待されたが、腰痛の影響もあり、打率.171、2本塁打、19打点とふるわず、8月に自由契約に。現在はブルージェイズ傘下でメジャー昇格を目指している。

 スポーツ紙記者は、「現実的に考えるとメジャー再昇格は厳しい。筒香のウィークポイントは150キロ以上の直球をヒットゾーンに飛ばす確率が低いことです。相手バッテリーも把握しているので速い球をどんどん投げ込んでくる。来年は日本球界への復帰も選択肢の一つだと思います。古巣のDeNAや貧打にあえぐ中日が獲得に乗り出す可能性がある」と指摘する。

 一方で、別の見方も。セリーグ球団の編成担当者は「今の筒香を見ると、日本球界でも打率.250、20本塁打ぐらいのバッターだと思う。米国から日本球界に復帰してアジャストに苦しむ選手が多い。守備に定評があるわけではないし、高年俸で獲る選手ではない」と厳しい。

 昨年の最下位から2位と躍進した古巣のDeNAに復帰した場合も、レギュラーが保証されているとは言えない。本職の左翼は筒香から主将の座を引き継いだ佐野恵太が球界を代表する巧打者になり、牧秀悟、宮崎敏郎、ソトと強打者たちが中軸を担っている。桑原将志、楠本泰史、大田泰示、蝦名達夫らが外野で熾烈なレギュラー争いを繰り広げ、代打要員でタイラー・オースティンが控えるなど選手層が厚くなった。

 筒香自身も米国で完全燃焼していないように見える。実際に日本球界に戻るタイミングはあったが、異国の地で戦う意志を貫いている。

 筒香をよく知る関係者はこう語る。

 「子供の時からメジャーで活躍することを夢見ていたので、そう簡単にあきらめられないでしょう。筒香は結果を残したかどうかという尺度で野球をしていない。ストイックな男なので苦境も覚悟の上で挑戦し続けている。メジャーでのプレーを目指し、来年も日本球界に戻らず、米国にとどまる可能性は十分にある」

  思い描いたパフォーマンスが発揮できずに辛辣な声が飛ぶが、誰よりも悔しい思いをしているのは筒香だ。シーズンは残り少なくなったが、最後の最後まで戦い続ける。(梅宮昌宗)

※週刊朝日オンライン限定記事