今オフのFA市場で、チーム編成に大きな影響を及ぼす可能性があるのが捕手陣の動向だ。西武・森友哉、オリックス・伏見寅威、DeNA・嶺井博希がFA権の行使を検討していることが、メディア各紙で報じられている。

「打てる捕手の代表格と言える森はオリックス、巨人が獲得に興味を示しているようです。捕手はポジションが1つしかないため、他の捕手は今後のキャリアを考えた時に死活問題になる。森がオリックスに移籍した場合、伏見は出場機会が減ることは避けられない。他球団でのプレーが当然視野に入るでしょう。配球術に定評があり、打撃もパンチ力がある。今年はオリックスの26年ぶりの日本一に大きく貢献しました。伏見は人的補償がないCランクのため複数球団が興味を示している。オリックスに残留するかは、森の決断が大きく左右することになると思います」(スポーツ紙デスク)

 森が巨人に加入した場合は、大城卓三、小林誠司が出場機会を減らすことになるだろう。人的補償で小林、岸田行倫がプロテクト枠から外れる可能性があり、捕手同士で実質的な「交換トレード」になるかもしれない。

 前年の最下位から2位に躍進したDeNAも正捕手がFA流出の危機を迎えている。今季チームトップの74試合でスタメンマスクをかぶった嶺井博希が、FA権行使の決断を下したことが報じられている。ソフトバンクが高く評価しており、獲得に名乗りを挙げる可能性が高い。

 DeNAを取材するスポーツ紙記者は、嶺井についてこう語る。

「打者の苦手なコースを徹底して突く配球術に加え、意外性のある組み立てで投手の良さを引き出す。勝負強い打撃も魅力で今年は下位打線の核になっていた。嶺井が他球団に移籍すれば大きな痛手です。伊藤光、戸柱恭孝が控えているが、長丁場のペナントレースを考えた時にトレードで捕手補強を模索する必要が出てくる」

 捕手は司令塔であり、扇の要と形容される。替えの利かないレギュラー捕手の移籍で、チームが暗黒期に入るケースもあった。NPB最多の通算3021試合出場した谷繁元信は横浜(現DeNA)で1998年に38年ぶりの日本一に貢献したが、2001年オフにFAで中日へ。この移籍に伴い、当時中日の正捕手だった中村武志が出場機会を求めてトレード志願し、横浜に金銭トレードで移籍した。

 谷繁は中日で横浜の13年間を上回る14年間在籍し、リーグ優勝4度、日本一1度と落合博満監督の黄金時代の中心選手として活躍する。一方、谷繁を失った横浜は正捕手を固定できず、投手陣も崩壊状態に。02〜12年までの11年間で最下位9度と低迷期が続いた。リーグ優勝は1998年以来、24年間遠ざかっている。

 強いチームは捕手陣がうまく稼働している。日本一に輝いたオリックスは伏見と若月健矢を投手によって使い分け、リーグ連覇を飾ったヤクルトは正捕手・中村悠平に加え、プロ2年目の内山壮真も成長著しい。西武が今季リーグトップの防御率2.75をマークしたのも、女房役の森の功績が大きい。パ・リーグはシーズン終盤まで日本ハムをのぞく5球団で優勝争いを繰り広げた。戦力が拮抗しているため、主戦捕手の移籍で各球団のパワーバランスが大きく変化する可能性がある。

 森、伏見、嶺井は果たしてどのような決断を下すか。(梅宮昌宗)