第3戦を除いてすべて3点差以内、うち5試合が2点差以内と、今年も接戦が続いた日本シリーズ。昨年と同じオリックスとの戦いに2勝4敗1分で敗れ、ライトスタンドのファンのもとへ挨拶に赴いたヤクルトの高臣吾監督の両眼は、涙に濡れていた──。

 スタートは悪くなかった。今年もパ・リーグ投手四冠に輝くなど難攻不落と思われたオリックスのエース、山本由伸を第1戦で打ち崩すと、第2戦は9回裏に代打・内山壮真の同点3ランで追いつき、延長12回の末に引き分け。第3戦は、そこまでノーヒットのキャプテン、山田哲人が宮城大弥から先制3ランを放つなど大勝し、あの野村克也監督でも成しえなかった球団史上初の2年連続日本一まで、あと2勝と迫る。

 ところが、そこからまさかの4連敗。敵地のほっともっとフィールド神戸で自身が宙に舞った昨年とは対照的に、本拠地の神宮でオリックスの中嶋聡監督が胴上げされる姿を目の当たりにして、日本一まで上りつめても涙1つ見せなかった指揮官が「悔し涙」にくれた。

 それでも、高津監督の下でチーム一丸となって成し遂げた球団29年ぶりの2年連続リーグ優勝が、色あせることはない。今シーズンの最終成績は80勝59敗4分、勝率.576。ヤクルトが「80勝」の大台に達するのは、野村監督の下で球団記録の83勝を挙げた1997年以来、25年ぶりのことだ。5月の途中からは首位を独走し、8月にはDeNAに4ゲーム差まで詰め寄られたこともあったが、直後の直接対決で3連勝して引き離し、最終的には8ゲーム差をつけた。

 目立ったのは、なんといっても12球団でも屈指の破壊力を誇った打線である。チーム打率.250はリーグ3位ながら、619得点、174本塁打はいずれも両リーグNo.1。ただし、序盤の快進撃を演出したのは、その打線だけではない。月間16勝7敗で初の単独首位に躍り出た5月は、月間のチーム防御率2.25という投手陣の健闘も光った。

 この5月、チーム防御率は先発投手に限れば2.54。23試合中、先発が4点以上失ったのは1試合だけと、試合を壊すことはほとんどなかった。それに輪をかけて素晴らしかったのが救援陣で、月間防御率はなんと1.76。4月後半からセットアッパーの清水昇が1カ月近く戦列を離れる中、今野龍太が代役として12試合に登板して10ホールド、防御率0.00。左腕の田口麗斗はピンチの場面で登場する“ジョーカー”的な存在として8試合でこちらも防御率0.00と、今野と共に抑えのスコット・マクガフに繋ぐ重要な役割を担った。

 5月下旬に幕を開けたセ・パ交流戦でヤクルトが4年ぶりの王者となったのも、強力ブルペン陣の働きによるところが大きい。パ・リーグ球団を相手に救援投手が打たれて逆転負けを喫したのは、5月26日の日本ハム戦(神宮)だけで、高津監督に「リリーフみんなが(交流戦)MVPだと思ってます」と言わしめた。

 もっともシーズンを通しての“主役”は誰かといえば、文句なしに22歳の四番、村上宗隆になる。交流戦では5月24日の日本ハム戦(神宮)でサヨナラ2ラン、6月11日のソフトバンク戦(PayPayドーム)で優勝を決める逆転満塁ホームランを放つなど、打率.351、6本塁打、13打点でMVPを獲得。さらに6月は打率.410、リーグトップの14本塁打、セ・リーグ歴代3位タイの35打点と打ちまくって、月間MVPに輝いた。

 7月は高津監督のほか山田哲人、塩見泰隆、中村悠平ら多くの主力選手が新型コロナウイルス陽性で離脱し、チームが失速する中で孤軍奮闘。7月31日の阪神(甲子園)では3打席連続のアーチで全打点をたたき出してチームを逆転勝利に導くなど、リーグトップの月間8本塁打、同トップタイの17打点で2カ月連続の月間MVPを受賞する。

 8月になってもその勢いは止まらず、2日の中日戦(神宮)で先制のソロ本塁打を皮切りに2打席連続ホームランを放ち、31日から2試合にまたがってプロ野球新記録の5打席連続本塁打。2位DeNAとの直接対決3連戦(8月26〜28日)では11打数9安打、4本塁打、9打点と、「村神様(むらかみさま)」の異名に違わぬ神がかった打棒で、3タテに大きく貢献した。この月は打率.440、12本塁打、25打点で月間三冠となり、なんと3カ月連続で月間MVPを手にしている。

 そして9月13日の巨人戦(神宮)で2ホーマーを放ち、1964年に王貞治(巨人、現ソフトバンク球団会長)がマークして以来、日本選手は誰も届かなかった55号に到達。その後は60打席ノーアーチという“産みの苦しみ”を味わいながらも10月3日のDeNAとのシーズン最終戦、最終打席で神宮のライトスタンドへ特大のホームランを叩き込み、ついにシーズン56号の日本選手新記録。打率.318、134打点で史上最年少の三冠王も獲得し「いろんなプレッシャーはありましたけど、それもすべていい形でこうして終われてすごく嬉しいですし、また1つ自分の中で成長できたかなっていうふうに思います」と語った。

 だが、その「村神様」も日本シリーズではオリックスの投手陣に抑え込まれた。第1戦で追撃のソロ本塁打を放ち、第3戦では押し出し四球と2点二塁打で3打点を挙げたものの、その後の3試合はノーヒット。第7戦の8回に17打席ぶりの安打となるタイムリーヒットを打つが、四番としてチームを2年連続の日本一に導くことはできなかった──。

 日本シリーズ敗退から4日。11月3日に神宮外苑で行われた秋季練習に姿を見せた高津監督は、シリーズ終了後の数日間を振り返って「正直言うと悔しすぎて、シーズン中もあんまり熟睡はできなかったですけど、この期間もなかなか寝れなかったですね」と率直な心境を吐露した。

 悔しい思いを味わったのは、高津監督だけではない。日本シリーズ終了後に「多くの方々にたくさん期待されたにもかかわらず、期待に応えられなかったです。さらに努力していきたいと思います」とのコメントを残した村上は、その筆頭格だろう。彼はこれまでも何度も悔しい思いをしながら、それを糧に成長を続けてきた。

 ルーキーイヤーは一軍で初打席初本塁打の衝撃デビューを飾った後、13打席ノーヒット。2年目は36本塁打、96打点で新人王に輝くも、打率.231、184三振はいずれもリーグワーストだった。初めて本塁打王となった昨季も、打点は巨人・岡本和真に「1」届かずにタイトルを逃がしている。バッターなら誰もが夢見るようなシーズンを送った今年、最後に味わった悔しい思いは、村上をさらに成長させることはずだ。

「勝っていい思いをするだけじゃなくて、次に勝つためにこの悔しい思いをしたと僕は理解しているので。言葉はおかしいですけど“せっかく”負けたんで、次に勝つための“せっかく”の負けになってほしいなと思ってます」

 高津監督も、そう言って選手たちに期待を寄せる。悔しい負けを“せっかく”の負けにするためにも、1人ひとりがその思いを糧として、来シーズンは球団史上初のセ・ リーグ3連覇に挑む。その先に見据えるのは、もちろん日本一奪還だ。(文・菊田康彦)

●プロフィール
菊田康彦
1966年生まれ。静岡県出身。大学卒業後、地方公務員、英会話講師などを経てフリーライターに転身。2004〜08年『スカパーMLBライブ』、16〜17年『スポナビライブMLB』出演。プロ野球は10年からヤクルトの取材を続けている。