今季メジャーでプレーした日本人選手を独断で査定する「MLB日本人選手の通信簿」。再び二刀流で大活躍した大谷翔平選手らの評価は以下のとおり。

【大谷翔平(エンゼルス)】 評価:S

 2021年は投打で大活躍してア・リーグMVPに輝いた大谷。今季もそれに勝るとも劣らない唯一無二の二刀流プレーヤーとして大いに存在感を発揮した。

 まずは「打者・大谷」から見ていこう。昨季の46本塁打、100打点、26盗塁にこそ及ばなかったが、今季も打率2割7分3厘、34本塁打、95打点、11盗塁をマーク。負担の大きい二刀流ながら、指名打者とはいえ157試合とほぼフル出場したのは高く評価できる。

 打率(昨季は2割5分7厘)と安打数(昨季は138本、今季は160本)を除いたほぼ全てのスタッツが下降したとはいえ、OPS(出塁率と長打率を足した数値).875は十分に強打者のカテゴリに入る。打者単体ならばA+は間違いないだろう。

 では「投手・大谷」はというと、こちらは文句なしのキャリアハイだ。28試合に先発して15勝9敗、防御率2.33、219奪三振。二刀流仕様の中5日ローテーションを基本としながら30試合近く先発できたことで各スタッツが上積みされたのは確かだが、このブレークには配球の変化があった。

 昨季の大谷はフォーシームが全投球の44.1%を占めていたが、今季の大谷はその割合が27.6%まで低下。一方で昨季は22.0%だったスライダーが39.1%まで増えた。さらにカットボール(12.6%から9.1%)とスプリット(18.3%から12.0%)が減った一方で、カーブ(3.6%から8.6%)が増えている。速球中心の力押しからスライダーやカーブを使った緩急を駆使することで、9イニング平均の奪三振率は10.8個から11.9個に上がった。もはやメジャーを代表するエース級といって過言ではなく、こちらもA+を進呈。近代メジャーでは史上初となる規定打席と規定投球回の同時達成というボーナスも込みでトータル評価はSとする。

【ダルビッシュ有(パドレス)】 評価:A+

 パドレス1年目の昨季は後半に失速したことで8勝11敗と負け越し、防御率も4.22と期待を裏切ったダルビッシュだが、今季は最後まで自分の仕事を全うした。

 30試合に先発してキャリア最多に並ぶ16勝(8敗)を挙げ、防御率も3.10に改善。課題だったシーズン終盤も8試合連続クオリティスタート(6イニング以上を投げて自責点3以下)で締めるなど、クオリティスタート数はリーグ最多の25試合を数えた。同じ30試合の先発だった昨季の投球回数が166回1/3だったのに対して今季は194回2/3だったことからも、今季のダルビッシュが安定して試合を作っていたことが分かる。

 ややもったいなかったのは、ポストシーズンでのラスト2試合。ナ・リーグ優勝決定シリーズでフィリーズ相手に2試合先発し、シリーズ初戦が7回を3安打2失点、第5戦は6回を4安打2失点と好投したものの、いずれも勝てなかった。打線の援護がなかったのが最大の敗因なのは確かだが、失点はいずれもホームラン。これでポストシーズンでは2016年から数えて10試合連続でホームランを浴び、その合計は16本となった。

【鈴木誠也(カブス)】 評価:C+

 メジャー1年目の鈴木は111試合に出場して打率2割6分2厘、14本塁打、46打点、9盗塁。打撃力はレギュラーとしては可もなく不可もなく、守備の貢献度を示すUZRも1.0とほぼ平均だった。

 これがマイナーから昇格してきた若手有望株なら上々と言えるが、NPBから5年総額8500万ドルで移籍してきた「助っ人外国人」的な立場であることを考えると、やや物足りないとも取れるだろう。走塁時のスライディングで指を痛めての戦線離脱も不用意なものだけに減点は避けられない。

 とはいえ、NPBからMLBへのアジャストが一筋縄ではいかないのは数多の先輩たちが示してきたとおり。打球傾向はゴロが約4割、フライとライナーが約3割ずつで、打球方向は両翼と中堅でほぼ三等分と広角に散らばっているなど、今季を糧に来季は飛躍してくれるという可能性は示した。現地メディアでの評価もそこまで辛口ではなく、再建途上にあるカブスの中心選手として期待する向きが多い。

【菊池雄星(ブルージェイズ)】 評価:D−

 マリナーズでの3年間で一度も勝ち越せずに15勝24敗、防御率も5点台近い菊池が昨オフにオプトアウト(契約破棄)し、3年総額3600万ドルでブルージェイズと契約。文句なしに大勝利だが、これは菊池の勝利というよりは代理人のスコット・ボラス氏の勝利だったろう。

 この契約に応えなければならなかった菊池だが、結論から言うと期待を裏切った。シーズン後半は先発ローテーションから外され、32試合に登板(うち先発20試合)して6勝7敗、防御率5.19。メジャー初セーブをマークしたが、何の足しにもならないだろう。

 打ち込まれるパターンはお決まりで、制球難から四球で走者をためて痛打を浴びた。必然的に球数も早くかさむので長いイニングが投げられない。20試合の先発で6イニングを投げ切ったのはたったの3試合しかなかった。fWARはロースターに最後まで残っていたのが不思議なくらいのマイナス0.7。契約はあと2年残っているが、来季途中で戦力外となっても驚きはない。

【筒香嘉智(パイレーツ→ブルージェイズ)】 評価:E

 昨季途中から加入したパイレーツでようやくメジャーへの適応を示したかに思われた筒香だが、今季はそれ以前の筒香に逆戻りだった。

 160キロに迫るメジャーの快速球に適応できず、開幕から凡打の山。それもフライよりもゴロの方が多く、たまに出るヒットも単打がほとんど。それでも首脳陣は粘り強く起用し続けてくれたが、5月に入っても打率1割台の低空飛行が続いたうえにその下旬には負傷者リスト入りしてしまった。

 7月の戦列復帰後も調子は上がらずじまい。8月初めにようやくロースターから外された際は、地元メディアが「朗報だ!」と伝えるほどだった。その後はブルージェイズとマイナー契約を結んだが、3Aで打率2割6分5厘、5本塁打では昇格の声がかからずともやむなし。来季のメジャー復帰もほぼ絶望的と言っていいだろう。

【沢村拓一(レッドソックス)】 評価:C−

 メジャー2年目の今季は49試合にリリーフ登板して1勝1敗、防御率3.73。成績だけを見れば良くも悪くも平凡な中継ぎ投手だった。ただし制球の不安定さが変わらず、1イニング当たりの被安打と与四球を示すWHIPは1.42。首脳陣からの信頼を高めるには至らず、登板機会は劣勢の場面か大量リードのケースがほとんどで、これだけ登板したにもかかわらずホールドは3しか付かなかった。

 8月末にはロースターから外されてマイナーへ降格。9月半ばにはリリースされた。成績的には来季のメジャー復帰はまだ見込める範囲だが、来年で35歳となる年齢がネックか。

【有原航平(レンジャーズ)】 評価:E

 右肩動脈瘤の手術を経験したメジャー1年目からの完全復活を期していた今季だが、現実は甘くなかった。春季キャンプでメジャー契約を勝ち取れずにマイナーで開幕を迎えると、メジャー復帰を果たしたのは8月半ば。2度目の先発で6回無失点と好投して勝利投手となったが、よかったのはこの試合だけ。最後の先発ではブルージェイズ相手に3回を12安打11失点と完膚なきまでに打ち込まれ、翌日にロースターから外された。

 5試合で1勝3敗、防御率9.45では高評価のしようもなし。日本では150キロ台を連発していた速球が平均で92マイル(約148キロ)にとどまるなど、メジャーでは限界を感じさせる投球内容だった。

【加藤豪将(ブルージェイズ→メッツ)】 評価:E

 かつてヤンキースにドラフト2巡指名されたことで注目された加藤も、その後は長いマイナー暮らし。だがプロ10年目にして待望のメジャーデビューを果たした。ブルージェイズで開幕ロースター入りを達成すると、4月中に8試合出場。初安打を放つなど打率1割4分3厘、2得点の成績を残した。

 ただし5月初めにはマイナー降格からロースター外となり、その数日後にメッツへ移籍。以降はメジャー昇格の機会こそあったものの出場には至らず、3Aでの80試合で打率2割2分3厘、9本塁打、32打点、7盗塁では強豪メッツのロースターに割って入ることはできなかった。オフのNPBドラフトで日本ハムから3位指名。先日入団会見を開き、来季は日本でプレーすることが決まった。

(文・杉山貴宏)