今月20日に開幕するカタールW杯に臨む日本代表のメンバー26人が、1日に発表された。過去にW杯に2度の出場経験を持ち、日本代表で57試合25得点と攻撃の中心として活躍してきたFW大迫勇也(神戸)が26人のメンバーから落選したことは大きな衝撃を呼んだ。W杯のメンバーから漏れた選手が能力で劣っているわけではない。森保一監督の志向するサッカーにプレースタイルが合わないケースもある。森保監督がカタールW杯後も続投するかは不透明な状況だが、新監督が就任した場合はメンバーがガラッと入れ替わる可能性がある。

 今回落選したFW陣の中で、得点能力がずば抜けているのが、古橋亨梧(セルティック)だ。神戸から欧州に挑戦した1年目の昨季は公式戦33試合出場で20得点5アシストの大活躍。今季も公式戦10試合で8得点をマークしている。ただ、森保ジャパンでは輝きを放てなかった。スポーツ紙記者は「ポストプレーを求められる1トップでのスタメン起用が多かったが、古橋の持ち味はスピードを生かしてDFの背後に抜けるプレー。孤立する場面が多く持ち前のスピードを発揮できなかったが、3トップの左右や2トップで起用して、古橋をいかせるパッサーがいれば日本代表のエースになれる」と評する。26年のW杯を迎える時は31歳。決して若くないが、ストライカーとして円熟味が増す。欧州のビッグクラブで活躍して評価をさらに高めたい。

 メンバーが大きく入れ替わる可能性が高いのがGKだ。今大会選出されたのは39歳のベテラン・川島永嗣(ストラスブール)、33歳の権田修一(清水)、30歳のシュミット・ダニエル。Jリーグでこの3人に遜色のない能力を持つGKは少なくない。3年ぶりのJ1優勝を飾った横浜F・マリノスの守護神・高丘洋平、東京五輪で正GKを務めた谷晃生(湘南)はその筆頭格だ。鈴木彩艶(浦和)も身体能力が高く、U−21、U−23で守護神を務めたが、浦和では西川周作の控えに回っている。出場機会を増やし、経験を積み重ねたい。

 

 ディフェンスから攻撃的な役割とあらゆるポジションで、ハイクォリティーのプレーを見せる旗手怜央(セルティック)、ボランチ、センターバックで安定したプレーと得点力でJ1リーグのMVPに輝いた岩田智輝(横浜F・マリノス)は、代表の中心選手でプレーしても不思議でない選手だ。J2では右サイドバックの半田陸(山形)が大ブレークする可能性を秘めている。1対1の対人守備に強く、運動量豊富でクロスの質も高い。24年のパリ五輪世代で、J1の神戸、ガンバ大阪が獲得に動いていることがメディアで報じられた。

 中盤の選手はどうだろうか。サッカー雑誌の編集者は田中聡(KVコルトレイク)、藤田譲瑠チマ(横浜F・マリノス)をプッシュする。

「田中は豊富な運動量で守備の強度が高い。遠藤航(シュトゥットガルト)を彷彿とさせるプレースタイルで、足元の技術も高いボランチです。藤田はパスセンスが秀逸。視野が広く、絶妙なタテパスを入れて攻撃の起点になる。相手の攻撃を遮断するパスカットの能力にも優れている。田中と藤田のダブルボランチは相性が良い。日本代表でも主力になれる」

 高卒1年目の今季から強靭なフィジカルと左足の高い技術で加速度的に成長した松木玖生(FC東京)も、A代表に抜擢される可能性は十分にある。レアル・マドリードのBチームであるカスティージャに所属する18歳の中井卓大はドリブル、パス、シュートと高いセンスで、久保建英(レアルソシエダ)と共に将来の日本サッカー界を背負う逸材だ。

 この他にも、才能に優れた好素材は国内外にゴロゴロいる。日の丸を背負い、ネクストブレークする選手が楽しみだ。(梅宮昌宗)