今年もドラフト会議で支配下69人、育成57人の計126人が指名された。その一方で、上位指名候補に名を挙げられながら、指名漏れする選手も毎年何人かいる。

 現行の制度下では、これらの選手は、次のドラフトまでチャンスを待たなければならないが、過去には、指名されなかった選手をドラフト外という形で獲得できた時代もあった。

 そして、ドラ1以上に活躍したドラフト外出身選手も数多く存在する。

 指名選手の入団拒否も多かったドラフト草創期。ドラフト外は、思いどおりに補強できなかった球団への救済策でもあった。

 ドラフト外から多くの逸材を発掘したのが、西武の前身球団・西鉄だ。

 1967年に基満男、70年に加藤博一がテスト入団。基は通算1784安打、189本塁打を記録し、加藤も大洋時代の85年に48盗塁をマークするなど、俊足を売りに活躍した。

 さらに72年には、大昭和製紙で安田猛とダブルエースだった加藤初を獲得する。

 加藤もヤクルト1位の安田同様、上位指名候補だったが、会社側が「同じ年に投手2人は出せない」とプロ入りを認めなかったため、指名を見送られていた。

 だが、プロ入りを熱望する加藤は、野球部と喧嘩別れのような状態で会社を辞め、プロ側のオファーを待った。

 のちに移籍する巨人も声をかけてきたが、「オレは強いところより弱いところに行って、力を発揮したい」と、投手陣の層が薄かった西鉄に入団。1年目に17勝16敗で新人王に輝き、巨人移籍1年目の76年にも15勝4敗の好成績で長嶋巨人のV1に貢献するなど、19年間で通算141勝を挙げた。

 V9時代の巨人も、69年に当時ドラフト対象外だった韓国籍の新浦寿夫(静岡商)、松原(福士)明夫(鳥取西)の両獲りに成功。新浦はのちに左のエースとなり、通団116勝、巨人時代は0勝3敗だった松原も南海、広島で通算91勝を挙げた。

 だが、夏の甲子園準V投手・新浦の獲得は、計6球団の札束が飛び交う争奪戦の末、高校1年中退での入団となったため、高野連から「自分さえよければというプロ野球のやり方は問題だ」とクレームがつくひと幕も。この一件を機に、外国籍の選手でも日本の中学、高校、大学に在学した者はドラフトにかけなければいけないという新ルールが導入されている。

 一方、75年に巨人入りした西本聖は、ドラフト外入団の投手の中で歴代最多の165勝を挙げた“出世頭”だ。

 入団発表では、ドラ1・定岡正二が前列真ん中に座り、西本は後方にポツンと立つ“その他大勢”組の一人だったが、江川卓とダブルエースになり、通算51勝の定岡を追い抜いたのはご存じのとおりだ。

 78年に巨人が江川問題(空白の1日事件)でドラフト会議をボイコットしたあと、ドラフト外で獲得した鹿取義隆もリリーフエースとなり、西武時代も含めて通算91勝、131セーブと長く活躍した。

 本人はドラフトで指名されると思っていたのに、まさかの指名漏れ。ところが、2位指名の社会人投手が入団拒否した結果、穴埋めとしてプロ入りのチャンスを掴んだのが、71年の東映・江本孟紀だ。

 1年目は0勝4敗に終わったが、翌72年に南海に移籍すると、いきなり16勝で一躍エースに。阪神移籍後も含めて8年連続二桁勝利を記録し、通算113勝を挙げた。

 78年に中日にテスト入団した平野謙も、前年のドラフトで3人が拒否したため、球団が急きょ新人募集をテレビや新聞で呼びかけたのに応募して合格を勝ち取った。

 当時の平野は投手兼外野手の二刀流だったが、3年目にスイッチヒッターに転向し、86年に盗塁王に輝くなど、プロで大きく花開いた。

 テスト入団組は、ほかにも大野豊(広島)、松永浩美(阪急、ダイエーなど)、高木由一(大洋)、栗山英樹(ヤクルト)ら、のちの日本ハム監督も含めて多士済々の顔ぶれだ。

 また、76年のドラフトで上位3人に揃って肘鉄を食った日本ハムは、ドラフト外で島田誠、岡部憲章、坂巻明を獲得。通算352盗塁の島田をはじめ、3人の穴を埋めてお釣りがくるほどの結果を出した。

 89年のダイエーも、1位・元木大介の入団拒否が回り回って、田之上慶三郎を獲得。当時ドラフト外入団できるかも微妙で、進学も検討していた無名の高校生右腕は、戦力外の危機を何度も乗り越えた末、01年に最高勝率のタイトルを獲得した。

 各球団の指名人数が6人以内に制限されていた74〜90年(78〜80年は4人以内)は、ドラフト外での補強も大きなウエートを占めていた。

 最も成功を収めたのが、西武。79年に松沼博久、雅之兄弟、81年に秋山幸二、小野和幸ら、ドラ1クラスの大物を相次いで入団させ、本指名組と合わせて黄金期を築き上げた。

 98年に38年ぶりの日本一を達成した横浜も、主力に石井琢朗、進藤達哉、島田直也とドラフト外入団組が3人(島田は日本ハムから移籍)いた。

 だが、大学進学や社会人入りを“隠れ蓑”に、ドラフト指名を回避された選手とも契約可能なシステムがしだいに問題となり、91年から指名人数が10人に拡大されたのに伴い、ドラフト外は廃止された。

 そして、前出の石井が2012年限りで現役引退したことにより、ドラフト外入団選手は完全に姿を消した。(文・久保田龍雄)

●プロフィール
久保田龍雄/1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2021」(野球文明叢書)。