チームの成績にも大きく左右することが多い外国人選手。シーズン前の期待通りに成績を残す選手は多くないが、逆に期待以上の働きを見せる選手も確かに存在している。そんな外国人選手について、今シーズンの活躍ぶりと年俸などからベスト3とワースト3を選出してみたいと思う。今回はセ・リーグ編だ。

*  *  *

■3位:ウォーカー(巨人・推定年俸3300万円)

124試合 110安打23本塁打52打点5盗塁 打率.271

 独立リーグでの活躍が認められて今シーズンから巨人に入団。メジャーでのプレー経験がないこともあって年俸も安く、当初の位置づけは外野のバックアップ要員と見られていたが、代打で結果を残すと4月中旬からはレギュラーに定着。夏場に少し成績を落としたものの、シーズン終盤は再び調子を取り戻し、最終的には23本塁打をマークした。外野の守備はかなり不安があり、出塁率も低いなど課題はあるが、年俸と入団前の期待度を考えれば十分な働きだったと言えるだろう。

■2位:マクガフ(ヤクルト・推定年俸1億2100万円)

55試合 2勝2敗38セーブ4ホールド 防御率2.35

 2019年に来日し、4年連続で50試合以上登板をマークしたヤクルトの誇る鉄腕。昨年から抑えに定着し、クローザー2年目となった今年は開幕から18試合連続無失点を記録するなど来日以降最高の成績を残した。時折手痛い一発を浴び、フィールディングが不安定なのは弱点だが、常に150キロを超えるスピードを誇り、奪三振率も高い。外国人選手とは思えないクイックの速さも持ち味だ。来年もチームの守護神として期待される。

■1位:R.マルティネス(中日・推定年俸2億円)

56試合 4勝3敗39セーブ5ホールド 防御率0.97

 2017年に21歳(当時の満年齢)の若さで来日し、年々力をつけて球界を代表するクローザーへと成長した。今年は2試合目の登板となった3月31日のDeNA戦で負け投手になったものの、その後は28試合連続無失点を記録。登板した56試合中50試合で無失点と圧倒的な安定感を見せ、マクガフとのタイトル争いを制して初の最多セーブにも輝いた。コンスタントに150キロ台後半をマークするストレートと鋭く落ちるスプリットが武器で、どちらも狙っていても打つのは難しいボールだ。今年で26歳とまだまだ若く、今後も数多くのタイトルを獲得する可能性は十分だ。

■ワースト3位:ビエイラ(巨人・推定年俸1億4300万円)

9試合 0勝2敗0セーブ0ホールド 防御率9.82

 来日2年目の昨年はデラロサに代わって抑えを任せられると、56試合の登板で19セーブをマーク。NPB最速記録となる166キロも記録するなど活躍を見せた。しかし今年は開幕から調子が上がらず、4月上旬には登録抹消。6月に一軍昇格を果たしたものの結果を残すことができず、8月には二軍戦でプレー中に左脚を骨折して戦線離脱となり、わずか9試合の登板に終わった。6月に復帰した後は160キロ以上をマークするなどスピードは戻ってきているが、いきなり四球を連発するなどコントロールは最後まで不安定だった。来季から配置転換となる桑田真澄ファーム総監督の下で復活を目指したい。

■ワースト2位:オースティン(DeNA・推定年俸2億円)

38試合 5安打1本塁打3打点0盗塁 打率.156

 メジャーでの通算114安打中33本がホームランという長打力を買われて2020年に来日。1年目は20本塁打、2年目は28本塁打と持ち味を発揮したが、3年目の今年は右肘を手術した影響で長期離脱となり、わずか1本塁打と苦しいシーズンに終わった。打った瞬間に分かるような放物線を描くホームランと全力プレーが持ち味だが、その一方で怪我が多く、なかなか1年を通して活躍できないのが課題だ。このオフも再び右肘を手術しており、回復具合が気になるところだが、まずは万全の状態に戻すことが重要だろう。

■ワースト1位:チェン・ウェイン(阪神・推定年俸2億1000万円)

一軍出場なし

 中日時代の2009年には防御率1.54で最優秀防御率のタイトルを獲得。2012年にメジャーに移籍すると、3度の二桁勝利をマークするなど通算59勝を記録するなど長く先発として活躍した。2020年にロッテで日本球界に復帰すると、昨年は阪神に移籍して10年ぶりの勝利もマークしたが、左肩の故障で長期離脱。今年は二軍で登板を重ねていたが状態が上がらず、6月には退団となった。日米での豊富な実績から高額年俸での入団で期待も多いかったが、2年間でわずか1勝という成績は寂しいものだった。

(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文 1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。