まさか大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)が無冠に終わるとは、誰も想像していなかっただろう。17日(日付は全て現地時間)、BBWAA(全米野球記者協会)記者の投票による今季のMVPが発表された。注目されていたア・リーグは、リーグ新記録の62本塁打を放ったアーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)が30票中28票の1位票を得て、自身初のMVPに輝いた。

 最も、ある意味では事前の予想通りの結果ともいえる。しかし、大谷の2年連続のMVP受賞も期待されていただけに、ファンから落胆の声が上がっている。オンライン最大のファンサイト『エンゼルス・ウィン.com』を主催するチャック・リヒター氏は「私は大谷選手がア・リーグMVPを受賞するべきだと考えていましたが、投票者は古風な考えを持っているようですね。アーロン・ジャッジが今シーズン、ロジャー・マリスを超える本塁打記録を打ち立てましたが、それがMVP投票で有利になったようです」と憤慨。

 メディア関係者も大谷が無冠という事実に首をかしげる。スポーツメディア『スポーティング・トリビューン』のテイラー・ブレイク・ウォード記者は「(MVPを獲得した)昨季よりも優れた成績を残した大谷選手に(何の)賞も与えられないのは残念だ」と意見を述べた。

 今季の大谷は、投手としては15勝9敗、防御率2.33の成績で規定投球回数もクリア(166イニング)。打者では、メジャーでは自己最多の160安打に加え、34本塁打とエンゼルスを牽引した。満票MVPを受賞した昨年を上回る活躍で、それがどう評価されるかは現地でも注目が集まっていた。

 しかし、冒頭のMVPをはじめ、前日(16日)に発表されたサイ・ヤング賞では、ア・リーグはジャスティン・バーランダー(ヒューストン・アストロズ)が満票で受賞し、大谷は4位。ほかにも、10日に発表されたシルバースラッガー賞(ポジション別に打撃が優れた選手を選出する打撃のベストナイン)では、大谷は指名打者と今季新設されたユーティリティーの2部門にノミネートされるも、いずれも落選。今季の大谷はこれら主要な個人賞の受賞はなかった。地元記者の中には、現在の受賞者の選出方法に疑問を投げかける者もいる。

 ウォード記者は、「各賞の要素が複雑で、大谷選手を難しい立場に追いやっている」と指摘し、次のような持論を展開した。

「シルバースラッガー賞に関して言えば、指名打者部門はヨルダン・アルバレス(ヒューストン・アストロズ)の受賞は妥当だと思います。しかし、ユーティリティー部門の落選は理解できません。そもそも(同部門の)基準がよくわかりません。大谷選手は候補者の中でも明らかなベストヒッターだった。大谷選手のポジション(投手と指名打者)は考慮されるべきで、彼が受賞を逃すというのは筋が通らない」

 同記者はサイ・ヤング賞についても「大谷選手(の成績)はトロント・ブルージェイズのアレック・マノア(3位)に匹敵すると強く信じていたので、彼は少なくとも最終候補になれたと思うのですが」とファイナリスト不選出を悔やむ。ただ、今季のファイナリストには「理にかなっている」と述べ、強くは反論しなかった。しかし、MVPの選出については別だ。

「MVPについてですが、私は大方の意見と同様、大谷選手とジャッジはMVP級の活躍をしたし、球史に残る素晴らしいシーズンを過ごしたと思っていますので、2人は同じように評価されるべきだと考えています」と述べる。しかし、現地の報道について「東海岸と西海岸では偏りがあった」と非難。実際、今回の投票結果を見ればウォード記者が憤るのも無理はない。BBWAAが17日に公表した投票者の内訳によれば、大谷に1位票を投じたのはエンゼルス地元から選出された有権者2人だけ。

 一方、ヤンキースが地区優勝を果たしたことが大きく影響した、との指摘もある。エンゼルス専門メディア『ヘイローズ・ヘブン』のジェイコブ・シスネロス記者は「サイ・ヤング賞やMVPを逃しても大谷選手の価値が下がるわけではないが、彼のようなMVP級の選手は今後、(受賞するためには)チームを優勝に導くことが求められていくのかもしれない」と述べ、今後「MVP=優勝チームの選手」という構図になる可能性に警鐘を鳴らす。

 そして各記者は、MVPのあり方についても言及。ウォード記者は次のように意見する。

「アーロン・ジャッジは(ア・リーグの本塁打)記録を塗り替え、MVPにふさわしい選手ですが、彼は一度もピッチングをしていません。とはいえ、今季の大谷選手はジャッジが打席でやったようなことはしていないので、実際にどちらがより素晴らしいシーズンを送ったかは、今後も議論が続くでしょうね。ただ、私は、”Value”(価値)というのは、(投票する記者たちの)私見以外では測れないものなので、この賞の文言は変える必要があると主張したいですね。確かに選手の価値はWAR(投球、打撃、走塁、守備を総合的に評価し、選手の貢献度を数値化したもの)などの高度な指標で区別することができます。たしかにジャッジのWARは高かかったが、大谷選手のように二刀流ではないので、正直どちらが優れているなんて言えません」

 このように、ウォード記者は今回の結果を踏まえ、今後は様々なポジションの選手を公平に評価できる方法を考えていくべきだと主張する。

「2022年の野球界で最高の選手は大谷翔平だと思うが、(現在のような)個人賞で括ってしまうと、大谷選手に賞を与えることが出来なくなる。たとえ、他のどの選手よりも努力し、高いレベルでプレーしていてもです。大谷選手は去年(2021年)にすでにコミッショナー賞を受賞していますが、今年の方が同賞にふさわしいぐらいです。とにかく、今年の彼が無冠ということに納得がいきません。もっとも、彼は賞にこだわっているわけではないようなので、今回の結果が今後に影響することはないでしょうが。しかし、22年に彼の活躍に対しては何かしら表彰されるべきです。それぐらいチャンスは十分にありました」

 前出のシスネロス記者も同じような主張を述べた。

「昨今、選手にとって個人の称賛は陳腐化しつつあります。私は大谷選手はMVPに値する選手だと思いますが、個人を称えることが無価値になる時期が来るかもしれません」

 今年のMLB争いは、最後の最後まで多くの論争を巻き起こした。現在のアメリカの投票方法や選考基準が、大谷という唯一無二の存在とその並外れたパフォーマンスに追いついていないや、歴史的な活躍が形に残らなかったと、憤りを感じる現地識者は多かった。(澤良憲/YOSHINORI SAWA)