今季はリーグ4位となり、5年ぶりにBクラスに転落した巨人。来シーズンに巻き返しを図るべくオフにはFA選手の獲得を含め、大補強に動くと見られていたが、ここまでは長野久義(前広島)、松田宣浩(前ソフトバンク)とベテラン2人の獲得にとどまっている。

 今後は積極的な補強にでると見込まれているが、浅村栄斗(楽天)、外崎修汰(西武)、中村奨吾(ロッテ)、西勇輝、岩崎優(ともに阪神)、西川龍馬(広島)らFA権を保有していた選手がこぞって残留するなど移籍市場が活発化せずにいる。

 さらにFA権を行使し、獲得候補とも目されていた森友哉(前西武)はオリックスと4年総額18億円(金額は推定)で契約。また、もう一人権利を行使した“大物”の近藤健介(日本ハム)も巨人入りするというような報道は今のところでてきてはいない。

 移籍市場で獲得できる選手が減っていく中で、球界の盟主は誰に照準を絞るのだろうか。FA市場での選択肢がなくなれば、当然他に“代替案”を見つける必要性も出てくるだろう。

「松田のソフトバンク戦力外の情報は早い段階で入手していたはず。三塁の名手でもあり、坂本勇人、岡本和真、中田翔、中島宏之とともに強打の右打ちの内野手は十二分に揃った。あとは左打ち外野手を揃えれば、野手はNPBトップクラスになる。また松田と同じくムードメーカーになれる長野の復帰も大きい。同じような役割を担っていた右打ちのウィーラーを戦力外にしたのは理解できる」(巨人担当記者)

「ポランコは残留する可能性もあったが、守備力の不安もあり戦力外となった。今オフはFA権保有者に各球団主力選手が多いが、左打ちの外野手は少ない。打てる外野手として獲得へ前向きと見られた広島・西川龍馬が残留したのは予想外だった。FA権行使を表明した日本ハム・近藤健介の獲得競争にも出遅れている。そうなると日本球界復帰が予想される筒香嘉智や新外国人獲得にシフトするはず」(在京球団編成担当)

 松田、長野と契約したことに加え、ウィーラー、ポランコという外国人2人と来季の契約を結ばなかったことは今後の動きに関わってくるのは間違いない。

 2人の助っ人が抜けた来シーズンの外野手の起用については、原辰徳監督もスポーツ報知のYoutube「報知プロ野球チャンネル」に出演した際に言及。丸佳浩をライト、増田陸、ドラフト2位ルーキーの萩尾匡也らでセンターのレギュラー争いをさせるプランを明かした。またドラフト1位の浅野翔吾、来季3年目を迎える秋広優人など若手を積極的に起用するという見方もあるが……。

「獲得に動くと見られる筒香や新外国人の外野の守備力には決して期待できない。勝負どころでは守備力に長けた選手が必要となるため、そういった外野手は維持しておきたい。増田や萩尾に期待するのは守備力で、打てる外野手補強への布石と考えられるかもしれない」(巨人担当記者)

 また、今年のストーブリーグはここまで6件のトレードが成立するなど、必ずしもFA市場などにいる選手だけが狙い目ともいえない。今後は若い選手に切り替えていくという声もあるだけに、ある程度実績のある選手を“交換要員”としてのトレードなどを敢行することはあるのか。

「今のところ巨人の計算がうまく行っていない感じ。FA権を行使すると思われた選手が、次々と残留を表明。またオリックスを筆頭に、かつての巨人のように、巨額を使っての補強に動く球団もある。背に腹は変えられず、お金以外の部分で“出費”を伴っても戦力を充実させる必要が出てくる」(巨人担当記者)

 いずれにせよ、このまま巨人が補強がないままストーブリーグを終えるとは考えにくい。FA選手やメジャー帰りの選手という選択肢がなくなれば、実績ある助っ人補強や交換トレードに動く可能性などもあるだろう。果たして来季に向けてどんな選手を狙うのか。今のところ静かな巨人の今後の動向に注目したい。