森友哉(西武→オリックス)、伏見寅威(オリックス→日本ハム)のFA移籍が決まり、近藤健介(日本ハム)獲得をめぐり、各球団の争奪戦が繰り広げられるなど、FA戦線が活発化している。

 FAといえば、移籍、残留いずれの場合も年俸がアップするイメージが強いが、過去には移籍後に年俸がダウンした選手もいる(金額はいずれも推定)。

 よく知られているのが、2000年オフ、阪神からメッツに移籍した現日本ハム監督の新庄剛志だ。

 同年、打率.278、28本塁打、85打点とキャリアハイの成績を残し、FA権を行使した新庄は、年俸7800万円から5年12億円という破格の条件で阪神から残留を要請され、獲得に動いたヤクルトと横浜も同じ条件を提示したといわれる。

 だが、最終的に新庄が選んだのは、契約金30万ドル(当時のレートで約3300万円)、年俸20万ドル(約2200万円)プラス出来高払い50万ドル(約5500万円)のメッツだった。

 5年12億円を年俸に換算すると2億4000万円。にもかかわらず、新庄は最低保証2200万円という10分の1以下の条件でも良しとした。あくまで「メジャーで自分の力を試したい」という夢にこだわったのだ。

 メジャー1年目に打率.268、10本塁打、56打点の成績を残した新庄は、年俸も135万ドル(約1億6500万円)に上がり、異国で初の1億円プレーヤーになった。

 このほかの海外挑戦組では、01年に横浜からメッツに移籍した小宮山悟が年俸1億1000万円から50万ドル(約5000万円)、03年オフにヤクルトからホワイトソックスに移籍した現ヤクルト監督の高津臣吾が1億7000万円から75万ドル(約7500万円)といずれも50パーセント以上もダウン。12年オフに日本ハムからジャイアンツに移籍した田中賢介に至っては、2億7000万円から98.5パーセントダウンの4万ドル(約400万円。メジャー40人枠入りすれば約7500万円)でマイナー契約を結んでいる。

 国内でプレーを続けるほうが遥かに稼げるにもかかわらず、彼らが年俸大幅ダウンを承知のうえでメジャー挑戦を選んだのは、新庄同様、“男の夢”を優先した結果と言えるだろう。

 その一方で、国内のFA移籍で年俸が下がった選手も何人かいる。

 04年オフ、メジャー球団との交渉がまとまらず、年俸ダウンでヤクルトから日本ハムに移籍したのが、稲葉篤紀だ。

 ヤクルトが提示した年俸1億円の2年契約を断り、メジャー移籍を目指した稲葉だったが、年明け以降も移籍先が決まらず、最後に交渉していたアストロズも2月下旬、「もう少し待ってほしい」と回答してきた。

「本当に必要ならそこで決められたはず」とついにメジャー移籍を断念した稲葉は直後、「日本で暴れてやろう」と気持ちを切り替え、日本ハムと前年の7800万円から23パーセントダウンの年俸6000万円で1年契約を結んだ。

 そして、06年に打率.307、26本塁打、75打点で日本一に貢献するなど、“北海道の顔”として長く活躍したのは、ご存じのとおりだ。

 出番が減り、他球団での出場機会を求めてFA宣言するベテラン選手も、年俸がダウンする例が多い。

 ソフトバンク時代の17年オフに2度目のFA権を行使した鶴岡慎也もその一人だ。

 13年オフ、「現役でいるうちに地元の九州(鹿児島県出身)に恩返ししたい」とソフトバンクにFA移籍した鶴岡は、16年に細川亨に代わって正捕手の座を掴みかけたが、翌17年は甲斐拓哉、高谷裕亮に次ぐ第3の捕手に回り、スタメンマスクはわずか2試合の29試合出場に終わった。

 年俸7600万円の鶴岡は、ソフトバンク残留の場合、限度額一杯の25パーセントダウンでも5700万円だったが、「他球団で1からやり直したい」とそれ以上のダウンも辞さない覚悟で、あえてFA移籍の道を選んだ。

 そして、獲得に名乗りを挙げたのが、正捕手・大野奨太が中日にFA移籍した古巣・日本ハムだった。

「もともと出て行ってほしくなかった」(島田利正球団代表)と自分の力を必要とされていることを知った鶴岡は「FA選手をあまり獲得しないチーム(前出の稲葉以来2人目)だとわかっていましたので、そういうチームからオファーをいただき、本当にうれしかったです」と、2年契約の年俸3000万円プラス出来高という条件で、5年ぶりの復帰をはたした。

 翌18年、37歳の鶴岡は101試合に出場し、ベテランならではの存在感をアピールした。

 ヤクルト時代の14年オフに正捕手としての出場機会を求め、2度目のFA権を行使した相川亮二も、年俸1億1000万円から6000万円に大幅ダウンながら、阿部慎之助の一塁コンバートで空いた正捕手の座を小林誠司と「横一線で争ってほしい」(原沢敦球団代表)と励まされると、「自分自身、横一線で見てもらえるところを探していた。自分が考えていたのと一緒だった」と納得して入団を決めた。

 巨人から来季の構想外を通告された13年オフに2度目のFA宣言をした小笠原道大も、最盛期は4億円プレーヤーだったが、「まだできると思っている」と年俸7000万円から57パーセントダウンの3000万円で中日に移籍している。

「まだ第一線でやりたい」「もうひと花咲かせたい」という真摯な思いは、野球選手にとって、時として、お金の問題以上に譲れないものになるようだ。(文・久保田龍雄)

●プロフィール
久保田龍雄/1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2021」(野球文明叢書)。