オリックス・吉田正尚がポスティング制度を利用してメジャーリーグへの移籍を目指すことが決まった。日本人野手は米国で苦しむ傾向にあるが、実際メジャー側の評価はどうなのか。そして、どのチームと契約するのだろうか……。

 飛び抜けた豪打でチームを26年ぶりの頂点に導いた男の野球人としての第二章が始まろうとしている。

 身長173cm、体重85kgの小柄な体つきを感じさせない飛距離と打球速度。日本屈指の打者となった吉田が最高峰の舞台でも力を発揮できるか注目が集まる。

「打撃の評価は高く、多くのメジャー球団が興味を持ってマークしている。正確なコンタクト力があり、球種やコースに逆らわない打撃ができる。またスイングスピードに優れており、ボールを強く打ち返すことで飛距離も出る。過去、日本人選手が苦しんだ日米の投球スタイルの違いにも対応できるはず」(MLB某球団アジア地区担当スカウト)

 正確性と長打力を兼ね揃えた吉田は、プロ入り2年目以降は打率3割以上をマークし続け、2020年からは2年連続で首位打者を獲得した。またコロナ禍で試合減となった20年を除き、ここ5シーズン続けて20本塁打以上を記録。出塁率と長打率の両方を合わせたOPSも、最近2年間はリーグトップとなっている。

「スイングスピードの速さがすごい。打席に入る前の素振り時から音が聞こえてくる。見逃すだろうと思ってミットを閉じようとすると、バットが出てきて打ち返されることが度々あった。ボールをギリギリまで引きつけ見切ってから打つ。出塁率、長打率の両方が高いのが理解できる」(パ・リーグ球団に在籍する捕手)

「NPBでは長距離打者の印象もあるが、吉田クラスのパワーを持った打者は米球界には数多い。出塁率の高さへの評価が高く、打点ではなく得点に期待されている。1、2番を任せられると考え得点力を上げたい球団が注目している。ヤンキースが興味を持っているという報道も多い」(在米スポーツライター)

 最高出塁率を2度(21、22年)を獲得するなど出塁率の高さは折り紙付きで、メジャーの球団からは出塁からの得点を期待されている。

 だが、打撃では高い評価を受ける一方で、守備や走塁の評価は決して高くないのが実情だ。

「打力に関して問題ないが走力に疑問符が付く。NPB時代はクリーンアップとして打つことのみに集中すれば良かった。しかしメジャーで中軸を打つほどのパワーはないので、それ以外の打順となれば足も必要。1、2番で起用するにしては、脚力が弱いのが気になる」(在米スポーツライター)

「外野手としての評価は高くない。走力の問題もあり守備範囲は狭く、肩も強いとはいえない。DHを打てるだけの打力、パワーはないので守備でマイナスにならないことも必要。外野起用なら左翼となりそうなので、本拠地球場の形状や広さも関係するはず」(MLB某球団アジア地区担当スカウト)

 近年メジャーに移籍した日本人外野手では、鈴木誠也(カブス)には打力に加え強肩、俊足という武器がある。秋山翔吾(元レッズなど)は外野守備に優れていたため、起用される試合も増えた。しかし筒香嘉智(元ブルージェイズ)は打撃特化型だったため一塁で起用されることもあった。吉田も守備力での“縛り”が移籍に影響すると見られている。

 例えばレッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークは、左翼が極端に狭いが慣れれば守りやすいはず。筒香が最初に入団したレイズの本拠地(トロピカーナ・フィールド)も室内球場で守備での負担は少ない。一方で、広い球場を本拠地としているチームは条件的には難しなりそうだ。

「プロ2年目のオフに手術を受けた持病の腰痛の状況も気になる。今季も守備に就いたのは39試合だけ。守備の能力ではなく腰痛への不安があったのが理由だとしたら、獲得のリスクが高い。慎重に調査を進めるので契約までは少し時間がかかるかもしれない」(在米スポーツライター)

 加えて、今年はFA市場に大物がいることもあり、契約が動きだすのは彼らの去就が決まってからとなりそうだ。

「FAとなった外野手のアーロン・ジャッジなどのビッグネームの動向次第で変わってくる。(給料は)昨年、鈴木がカブスと結んだ5年総額8500万ドル(約120億円)には届くかどうか。興味を持っていると言われるヤンキース、マリナーズなど資金が豊富な球団なら可能性はあるかもしれない」(MLB某球団アジア地区担当スカウト)

「『メジャーは良いっすね』と口にするのを何度も聞いた。正尚の夢であり大きなモチベーションだった 。チームから抜けた場合の戦力ダウンは計り知れない。でも日本一の次は、彼のやりたい最高の環境で納得するまでやって欲しい」(オリックス関係者)

 野球が大好き、真面目で実直な好青年は、描き続けた夢の手前まで来ている。最高峰の舞台でも豪快なスイングはうなりを上げるのか。まずは所属する球団がどこになるか見守りたい。