新庄剛志新監督の就任が大きな話題となったものの、5位に大差をつけられての最下位に終わった今年の日本ハム。2年目も続投が決まった新庄監督は就任会見での「優勝なんか目指しません」という発言から一転、最終戦のセレモニーでは「日本一だけを目指してぶれずに頑張っていきます」と宣言し、2年目に向けての意気込みを語ったが、果たしてその可能性はどの程度あるのだろうか。少し気が早いが、今年の戦いぶりとオフのここまでの補強などから探ってみたいと思う。

 改めて今シーズンの主な数字を振り返ってみると、以下のようになっている。

■得点:463(リーグ6位)
■打率:.234(リーグ4位)
■本塁打:100本(リーグ4位)
■盗塁:95(リーグ3位)
■失点:534(リーグ5位)
■防御率:3.46(リーグ5位)
■セーブ:25(リーグ6位)
■ホールド:102(リーグ6位)

 盗塁数以外は軒並みリーグの下位に沈んでおり、あらゆる数字が最下位という結果をよく表している。攻撃面でここに出ている指標以外で気になるのは、四球の少なさだ。四球の合計は352個でリーグ最下位となっているがトップとなった楽天(535個)とは200個近い差があり、5位のソフトバンク(420個)と比べても相当少ないことがよく分かる。四球が少ないということは当然それだけ出塁率も低く、.292という数字はパ・リーグだけでなく12球団でも最下位となってしまっている。ちなみにホームラン数は3位の楽天の101本と1本差の4位だが、得点数は楽天と70の差をつけられている。積極的に打っていくことを求めていた新庄監督の方針がよく出ていたとも言えるが、得点力を上げるには出塁率の改善が必要なことは明らかと言えるだろう。

 一方の投手陣で課題となるのはリリーフ陣だ。セーブ、ホールドともリーグ最下位の数字となっており、10以上のセーブ、20以上のホールドをマークした選手は1人もいなかった。

 ルーキーの北山亘基がシーズン当初からクローザーを任されていたところにも、ブルペン陣の苦しさがよく分かる。一方で先発は伊藤大海、上沢直之、加藤貴之の3人が規定投球回をクリアしており、ある程度計算ができる投手は揃っている。それを考えても、リリーフ陣の立て直しが大きなポイントとなりそうだ。

 そしてこのオフの動きだが、ドラフトでは新庄監督の強い意向もあって1年目から使える可能性のある選手を多く指名している。1位の矢沢宏太は二刀流で注目を集めているが、早く使えるのは外野手という声が多い。足と肩はプロでもトップレベルだけに、外野のバックアップ要員として期待できそうだ。

 投手では2位の金村尚真と6位の宮内春輝が即戦力候補。金村は抜群の制球力が持ち味で、試合を作る能力の高さは大学球界でも屈指の存在。宮内は変則フォームが特徴のサイドスローで、リリーフとして期待できる。そして3位の加藤豪将はメジャーでの実績はないものの、長年マイナーでプレーしており、年齢を考えても位置づけとしては新人というよりも外国人選手の補強に近いと言える。内野も外野も守れるユーティリティープレイヤーとして期待だ。

 トレードでは阪神から斎藤友貴哉と江越大賀の2人を獲得。特に期待が大きいのが斎藤だ。これまでの4年間の通算成績は45試合に登板して1勝2敗1ホールド、防御率5.01と目立たないが、オフのフェニックスリーグでは161キロもマークするなどストレートの勢いは大きな魅力である。課題のコントロールが改善されれば、セットアッパーとして面白い存在になりそうだ。またオリックスからFA宣言していた伏見寅威も獲得。捕手は宇佐見真吾が成長していたものの万全とは言えない状況だっただけに、こちらも大きなプラスとなることは間違いない。

 しかしオフには大きなマイナスもある。長年打線を牽引してきた近藤健介がFAで移籍する可能性が極めて高くなっているのだ(11月21日現在)。近藤は2019年から2年連続で最高出塁率のタイトルを獲得しており、今年も99試合の出場にとどまったものの.418と高い出塁率をキープしている。

 前述したように出塁率が極めて低いチームにあって、近藤が抜けるとなると得点力がさらに低下する可能性は高い。残る補強は現役ドラフト、さらなるトレード、新外国人選手なども考えられるが、近藤の穴を埋めることは簡単ではないだろう。

 積極的に多くの選手を起用したことによって若手の底上げは進み、投手では加藤貴之、野手では松本剛が大ブレイクするなどプラスの面もあったことは確かだが、ここまでの状況を見てみるとやはりリーグ優勝、日本一に向けて視界は良好とは言えない。新球場で迎える2023年シーズンも苦しい戦いとなる可能性は高そうだ。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文 1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。