世界でトップクラスの強豪を相手に、サムライブルーはどう戦えばいいのか――。20日に開幕したサッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で、日本時間の23日午後10時、日本代表は1次リーグ初戦でドイツ代表と激突する。言わずもがな、組織面でも個の能力でも頭一つ抜きん出たドイツ。そんな優勝候補に死角はないのか。同じく優勝候補のアルゼンチンを撃破したサウジアラビアのように、W杯は何が起こるかわからない。日本の「勝ち筋」に迫る。

*  *  *

 ドイツ代表はイメージを一新して久しい。強くてタフな強豪国から強くてタフな上にうまくて速い、極めて現代的なチームに洗練されている。何でもできるのが、今のディー・マンシャフト(ドイツ代表の愛称)だ。

 大きな分岐点は、ハンジ・フリックの監督就任だった。

 前任のヨアヒム・レーブ監督からEURO2020(2021年開催)で惨敗したチームを引き継いだ指揮官フリックは、監督として率いた強豪クラブのバイエルン時代にともに戦った選手たちを中心に据えながら、代表の立て直しを図った。攻守の切り換えの速さ、攻撃の幅の広さなど、クラブチームと見まがうほどの多彩さを備える。出場32カ国の中でもその実力は誰もが認めるトップクラスだろう。

 日本は、この難敵と大会初戦を戦う。ここで勝ち点を取れないようだと目標に掲げるベスト8以上はおろか、グループステージ突破もかなり難しくなる。今回が3度目のW杯出場となる酒井宏樹は「数字上を考えても、マックス勝ち点9しかとれない中で、勝ち点3をいきなり取れるのか。それとも勝ち点5で突破できる可能性がある中、勝てずに残り2試合で勝ち点6を目指さないといけないのかでは全然違う」と話した。酒井はW杯ブラジル大会(2014年)でコートジボワールに逆転負けを喫して初戦を落とし、グループステージ敗退を経験。その4年後のロシア大会で下馬評を覆してコロンビアに勝ち切り、ラウンド16進出を経験している。

顔ぶれで機能不全のハイプレス

 ロシア大会の再現を狙うには何が必要か。1−2で敗れた17日のカナダとのテストマッチ後に語った吉田麻也キャプテンの発言が興味深い。

「(プレスに)行くところと、行かないところ。(ボールを)つなぐところと割り切るところを明確にしないと、1人でプレスに行ってはがされてというのが、今日も結構キーパーのところまで行って剥がされるのがありました。(ドイツのGK)ノイアーだったらもっとうまいし、そういうところを徹底しなきゃいけないなって思います」

  高い位置から相手にプレッシャーをかけてボールを奪いに行くタイミングの見極めが重要だと強調した。カナダ戦では選手の意思統一にバラツキがあり、簡単にはがされるシーンが見られた。相手の力の問題もあるものの、9月の欧州遠征のアメリカ戦で見せた前輪駆動型の戦いぶりは,続くエクアドル戦では全くと言っていいほど見られなかった。顔ぶれが変わるとハイプレスが機能しないのは、このチームの一つの課題。「行くべきか行かざるべきか」のタイミングを統一しつつ、機に応じてミドルエリアでブロックを組むことも必要というのが吉田の見解だった。

 フィールドプレーヤーとして4度目のW杯に臨む長友佑都も、同様の考えを口にする。

「ドイツの試合もたくさん見てきましたけど、中途半端にハイプレスへ行くと、GKのノイアーも使って、はがす、打開することが相手はめちゃくちゃうまいので。ハイプレスのところで、行くべきところと行かないところをかなり明確にしないと、やられてしまうと感じています。ミドルゾーンに入ってからのスピードアップが非常に速く、やらせないためにはしっかりとブロックを作ってスペースを消すのか、ハイプレスに行くなら、みんなが連動していくのかをはっきりさせないといけない」

前がかりなドイツに裏スペース

 カナダ戦後の数日間の取材では、映像を使ってミーティングしていると多くの選手が語っていた。吉田と長友が同じ指摘していることから察するに、すでにチーム内で課題は共有され、すり合わせを行っているのだろう。ただし、これはあくまで戦い方のベースの部分であって、勝ち点を奪うには、そのベースを確実に実行した上でドイツに対して何ができるかが重要になる。

 その一つは、相手両サイドバックの背後を突くことだろう。とくに攻撃志向の強い左のラウムが空けたスペースを活用したいところ。日本は対峙する伊東純也が入り込んで起点を作り、前田大然が走り込んで最終ラインにギャップを生んで、鎌田大地にパスを通す形が理想か。当然、その点は相手も警戒しているはずだが、ボールを持てるドイツは、日本を押し込む時間が増えると予想できる。つまり前がかりになる時間が多くなり、それに比例して裏のスペースが空く。

 それは日本の左サイドもしかり。三笘薫が1対1を仕掛ければ、何度か相手の右サイドバック、ケーラーを突破することが可能なはずだ。どういう状態で三笘にボールを渡すかということもポイントになるが、日本が誇るドリブラーの力は十分に通用と見る。

 さらにサイドからゴール前に早いタイミングで送るクロスも有効なプレーになりそうだ。

 ドイツは直前にオマーンとテストマッチを戦ったが(16日)、日本と同様にコンディション調整の意味合い強い試合だったとはいえ、オマーンのアーリークロスに反応できない場面が見られた。高さ勝負に望みはないものの、DFとGKの間に入れる鋭いクロスは武器になるはずだ。酒井宏樹、長友佑都、あるいは伊藤洋輝からのボールでチャンスを作りたい。

鎌田が語る「チャンス」の真意

 ドイツのノイアーに警戒すべき選手として名を挙げられた鎌田大地は、きっぱりとこう言い切った。

「付け入るスキは全然あると思います。実際試合を見ていても相手が強豪国とだけではなくて、僕たちみたいにコンパクトに守ってやってきているチームに苦戦している印象があるし、現代サッカーではボール保持率はあまり関係がない。彼らは、後ろにすごく速い選手がいるわけではないですし、もちろん自分たちにもチャンスがあるのかと思います」

 ドイツは強い。間違いなく優勝候補の一つだ。しかし、勝ち筋が全くないわけではない。

 カナダ戦翌日の囲みに応じた森保一監督は非常に追いついていた。初戦への向かい方について聞かれ、こう答えている。

「普段どおりです。皆さん、これまでやってきたことを続けることについてどうとらえるか分からないですけど、常にこのW杯での戦いを見据えて、目標、基準として毎回の活動をやってきました。その目標を見据えて目の前の試合に向けて、最善の準備をするということはこれまでもやってきた。最善という意味で、対戦相手が変われば、準備することも多少変わりますが、言葉自体に変わりはない。対戦相手に勝利できるように準備するのは変わりないので。W杯だから何か特別に(選手に)湧かせるということも、特別な大会ですでに特別なモチベーションになっていると思うので必要ないと思っています」

 この日のために4年間を費やしてきたということ。積み上げてきたすべてを、出す時が来た。

(文/AERA dot.ワールドカップ取材班)