来季のV奪回を狙う巨人。元ソフトバンクの松田宣浩を獲得し、長野久義が広島から無償トレードで電撃復帰したことで、選手層に厚みが増した。だが、現有戦力の活躍が浮上のカギを握る。

 気になるのは、4番打者だ。2020、21年に本塁打、打点の2冠に輝いた岡本和真が19年9月から「不動の4番」として活躍してきたが、今年は打撃不振により、8月11日の中日戦で6番に降格。その後にシーズン閉幕まで4番に戻ることはなかった。

 岡本に代わって、4番に入ったのが中田翔だった。昨年のシーズン途中に日本ハムから電撃トレードで加入したが、34試合出場で打率.154、3本塁打、7打点と期待を裏切る結果に。背水の陣で迎えた今季はシーズン途中で、打撃フォーム改造を断行したことが吉と出る。打率は一時3割を超えるまで急上昇。岡本と入れ替わる形で8月から4番に座ると、勝負強い打撃で役割を全うした。109試合出場で打率.269、24本塁打、68打点と復活。一塁の守備での貢献度も高く、移籍後初のゴールデングラブ賞を受賞した。

 スポーツ紙デスクは、「日本ハムで4番を務めていた時は打点王を3度獲得したが、確実性が低く長打重視の打撃だった。今は全くの別人です。ボールの内側を叩くことを意識したインサイドアウトの軌道を徹底し、ミート能力が格段に上がった。中田の場合は目一杯振り回さなくても打球が飛んでいくので、長打力が落ちていない。本人も今の打撃に手ごたえをつかんでいるでしょう。来季は故障がなければ、打率3割、30本塁打を十分に狙えると思います」と評価する。

 岡本も負けられない。今季は140試合出場で打率.252、30本塁打、82打点。右打者で球団史上初の5年連続30本塁打を記録したが、求められる水準は高い。決して確実性が低い打者ではない。18年に打率.309、33本塁打、100打点をマーク。22歳3カ月で「打率3割、30本塁打、100打点」をクリアしたのは史上最年少記録だった。

 課題は好不調の波が激しいことだろう。打ち出すと止まらないが、スランプに入ると長い。長距離砲の宿命ではあるが、淡白に凡退する打席が続くと評価が下がる。2年連続2冠に輝き、三塁の守備能力が高いにもかかわらず、昨年の東京五輪で侍ジャパンのメンバーから落選したのは、打撃不振に陥った時の修正力に不安を残したことが一因だったとみられる。

 巨人を取材するスポーツ紙記者は、「打線の本来の形は、4番・岡本、5番・中田だと思います。岡本が打てば打線が勢いづくし、岡本が好調で勝負を避けられた時は中田がポイントゲッターになれる。村上宗隆が日本記録のシーズン56本塁打を樹立しましたが、岡本も持っている能力を考えれば、40、50本塁打を狙える選手です」と期待を込める。

 原辰徳監督は今月28日放送予定の日テレジータス「超ジャイアンツ」の予告映像で、「キャプテンは〇○に思い切ってしようと思っています。まだ本人には言っていません」と発言。坂本勇人が8年連続で主将を務めていたが、指揮官は変更することを明言した。岡本が来季の主将の最有力と見られたが、23日に東京ドームで行われた「ジャイアンツ・ファンフェスタ 2022supported by DAZN」で主将就任が発表された。

 中田と岡本。来年2月の春季キャンプから実戦を経て、原監督が託す4番打者はどちらになるだろうか。(今川秀悟)