歓喜の大金星に沸いたドーハの地と日本列島。戦前は“2強2弱”と予想されていたグループEだったが、日本のジャイアントキリングによって様相は一変。第1戦を終えて1位・スペイン(勝点3、得失点差+7)、2位・日本(勝点3、得失点差+1)、3位・ドイツ(勝点0、得失点差−1)、4位・コスタリカ(勝点0、得失点差−7)となり、第2戦の結果次第で一気に“死の組”となる可能性が出てきた。

 改めて状況を整理する。続くグループステージ第2戦(日本vsコスタリカ、スペインvsドイツ)で、日本がコスタリカに勝利すれば、スペインがドイツに勝利もしくは引き分けで、日本のベスト16進出が決定する。例え日本がコスタリカと引き分けたとしても、スペインがドイツに勝利すればドイツの敗退が決定。残り1枠を得失点差で現在8点の差がある日本とコスタリカとの争いとなり、日本は最終戦でスペインに敗れたとしても高確率でベスト16に進出できる。

 だが、日本がコスタリカに勝利しても、ドイツがスペインに勝った場合が問題。一時的には日本がグループ首位に立つが、最終戦で日本がスペインに敗れれば勝点6で3チームが並ぶ可能性が高くなる。その場合、スペインはすでに得失点差+7という大きなアドバンテージを持っており、ドイツも最終戦ですでに敗退が決まったコスタリカ相手に試合開始前から「○得点以上」という明確な目標を持って攻撃的に戦うことができる。日本は次戦のコスタリカから大量得点を奪って勝利できればベストだが、それ以上に「スペインvsドイツ」の結果が日本の命運を握っているとも言える。

 2010年にW杯初優勝を飾ったスペインと2014年に4度目のW杯優勝を果たしたドイツ。両者の過去の通算対戦成績は、ドイツ8勝、スペイン9勝、引き分け8でほぼ互角だ(西ドイツ時代も含む)。だが、ドイツが統一後のW杯に限ると過去2度の対戦で、スペインの1勝1分。1度目は1994年アメリカ大会のグループリーグで、スペインがゴイコエチェアのゴールで先制するも、ドイツがクリンスマンのゴールで追い付いて1対1のドローとなった。

 そして2度目が2010年南アフリカ大会の準決勝で、息の詰まる攻防戦の末、スペインがCKからプジョルの豪快なヘッド弾によって1対0で勝利した。スペインにとっては、黄金期の幕開けを告げた2008年のEURO決勝でもフェルナンド・トーレスのゴールでドイツに1対0で勝利して優勝。大舞台での対戦ではスペインの方がドイツに対して良いイメージを持っている。

 さらに直近の2試合でもスペインが1勝1分とリードしている。第2回の欧州ネーションズリーグで同グループとなり、2020年9月のドイツホームでは1対1の同点も、同年11月のスペインホームでは前半17分のモラタのゴールを皮切りにフェラン・トーレスが3得点を決めるなど、スペインが6対0と歴史的な大勝を収めた。データ的にもシュート数23対2、ボール支配率70%対30%と圧倒した。

 スペインはその試合に出場した16選手中9人が今大会でもメンバー入りしており、指揮を執るのも現在のルイス・エンリケ監督である。一方のドイツからすると、当時のレーヴ監督から現在のフリック監督へと指揮官が代わっている。ドイツとしては両チームの代表選手が多く在籍する「バイエルンvsバルセロナ」において、今季の欧州CLのグループリーグでバイエルンが2試合とも完勝(2対0、3対0)していることを心の拠り所にしたいが、果たしてどうか。

 状態的にもスペインが上だ。第1戦のコスタリカ戦で7対0という圧勝劇。ボール支配率74%、シュート数17対0という完璧な試合だった。「強み」は世界随一のパスワークと誰が出ても変わらない選手層の厚さ。すべてのチームにおいて中3日の過密日程の中での「回復」が一つの鍵になるが、コスタリカ戦で後半10分台にベンチに下がったブスケツ、ペドリ、フェラン・トーレスの3人と後半途中から出場したモラタをはじめ、多くの選手が体力的な余力を多く残しており、これまで重用されてきたサラビアと“切り札”アンス・ファティは未出場。フル出場したガビには18歳の若さゆえの回復力がある。

 開幕前は風邪による主力数人の体調不良が報じられたが、ボールを走らせ続けた第1戦での体力的消耗度は低く、ドイツ戦でも数人のメンバーを入れ替えながら“ほぼベスト”の状態で臨める。得失点差のアドバンテージがあるためにグループステージ突破だけを考えれば「引き分けでもOK」だが、決勝まで勝ち上がるためには第3戦での“休養”は重要であり、ルイス・エンリケ監督の性格を考えても全力で「勝ちに行く」だろう。

 一方のドイツは、第1戦の日本戦で1対2のショッキングな逆転負け。多くのチャンスを作りながらも最後のシュート場面で“力み”が見えるとともに、後半に入ってから選手交代の度にチームの動きが鈍化。特にミュラー、ムシアラの2人がベンチに下がってから攻撃の機能性と迫力が大きく低下した。多くの選手の運動量も落ちたことから、中3日の中で精神的にも肉体的にもどこまで立て直すことができるか。本来は左ウイングのレギュラーでありながら膝の負傷で日本戦を欠場したサネの状態がどうか。1トップに誰を置くかも重要だ。

 本来はポゼッション・スタイルのチームだが、スペインを相手にボール支配率で上回るのは極めて困難。前線から高い強度でゲーゲンプレスを仕掛けて“ブスケツ封じ”からのショートカウンターを狙うか、もしくは割り切ってDFラインを下げ、5バック気味に守ってスペインのサイド攻撃を封じた上で、ムシアラ、ニャブリ、あるいは18歳のムココのスピードでスペインの弱点である“センターバックの裏”を狙うか。フリック監督がどのような戦術プランを持って臨むのかに注目だ。

「技術とパスワーク」のスペインと「肉体的な強さとスピード」のドイツ。近年の相性に加えて、現時点でのチーム完成度は間違いなくスペインの方が上だが、ドイツには「最後にはドイツが勝つ」と言われた土壇場での精神力がある。スペインの“ティキ・タカ”か、ドイツの“ゲルマン魂”か……。日本対コスタリカ(日本時間27日19時)の試合終了から約9時間後(同28日4時)に始まる元W杯王者同士の注目の対決は、日本の2大会連続4度目の「ベスト16」および、まだ見ぬ景色の「ベスト8以上」へ向けても重要な一戦。生粋の“ドイツ好き”と余程の“スペイン嫌い”でない限り、スペインの勝利を願いながら、目を擦ってでも見るべきだ。(文・三和直樹)