27日に行われるサッカーW杯カタール大会の日本対コスタリカ戦を前に“火花”を散らす夫婦がいる。コスタリカ出身の夫は「コスタリカは気合が違う、絶対に日本に勝てる」と断言するが、日本人の妻は「いやいや、絶好調の日本が負けるはずがない」と余裕をみせる。“バトル”の行方は果たして――。

*  *  *

 新潟市に住むコスタリカ出身のロメロ・アンタルキさん(43)と、金田彩夏さん(35)。夫妻は、コスタリカなど中米から高品質のカカオやチョコレートを輸入する会社「ロメロトレード」を経営している。

 コスタリカで育ち、2007年に文部科学省の国費留学生として、新潟大学大学院に留学してきたロメロさん。その後出会った彩夏さんと交際を始めた。大学院卒業後、しばらくは日本で仕事をしていたが、ロメロさんが母国で働くことになったため彩夏さんもコスタリカへ渡った。

 現地で挙式し、彩夏さんもインターナショナルスクールで日本語や文化を教える仕事に就いた。

 その後、また日本に戻り、今の会社を一緒に立ち上げたという。

 サッカーが大好きなロメロさんと彩夏さん。前回のロシアW杯の時はコスタリカにいたため、スポーツバーなどに連れ立って観戦したが、コスタリカのサッカー熱は日本と格が違うという。

「国中がお祭りなんです」と彩夏さん。試合の日は授業を中止して、先生と生徒で試合観戦をする学校。仕事が休みになる会社もあるそうだ。コスタリカが試合に勝つと、スポーツバーなどに詰め掛けたファンたちは、道路に出て勝手に祝勝パレードを始める。

「大会が終わっても、なかなか熱が冷めないんです」(彩夏さん)

 なかでも、ゴールキーパーのナバスは国の宝だ。日本人で例えると誰に近いかと質問してみたが、「夫婦で考えたのですが、該当する人が思いつきません。そのくらい別格なんです」(ロメロさん)という程だ。

 グループリーグでは、強豪スペインとドイツがいる「死の組」に入ってしまった日本とコスタリカ。ロメロさんと彩夏さんは当初、「お互い頑張ろうね」などとなぐさめ……、いや励まし合っていた。

 だが、大会が始まればそこはライバル。第一戦でスペインに大敗してしまったコスタリカは後がない。「ボロ負けしたからこそ気合が違う。日本には2対1か3対1で絶対に勝つ」とロメロさんは言い切る。

 一方の彩夏さんは、「いやいやいや、絶好調の日本が負けるはずはありません。1点くらいなら許してあげてもいいけど」とジャイアントキリングを果たした日本に自信満々。やりとりは日に日にヒートアップし、「けんかになりそうです」と彩夏さんは笑う。

 出入国在留管理庁の「在留外国人統計」によると、21年12月時点で日本にいるコスタリカ人はわずか203人。この国で、コスタリカの人と会ったことがある人は少ないだろう。どんな国なのか。

 彩夏さんがコスタリカに住んで感じたのは、ラテンの陽気さだけではなかった。驚いたのは、みんなが家族をとても大切にする姿だ。労働者は仕事を切り上げると、まっすぐに家に帰る。日本のサラリーマンのように飲んだくれて帰って、かあちゃんに怒られる人はいないそう。お店側もまだ夕方なのに、「もう閉店して家に帰るから、早く出て行って」などとお客さんにうながすことがあるそうだ。

 一方で、電車が所定の時間に来ないなど、行動が予定通りにならないストレスはある。

「ただ、それを仕方がないことだとと受け止める、ストレスに負けない心を持っているとも感じました。人生には波があると、理解しているのだと」(彩夏さん)

 父の仕事の関係で16歳のときに来日した経験があるロメロさん。その時、日本に憧れを持った。

「ルールを自然に守ることができたり、何事もていねいに取り組む日本人は素晴らしいと思います」(ロメロさん)

 技術力の高さにも、尊敬の念を抱いている。

 コスタリカの人の温かさが好きになった妻と、日本を愛する夫。27日は、自宅で友人たちも呼んで観戦する。夫婦と息子はそろってコスタリカのユニホームを来て応援する予定だが、「コスタリカが初戦に大敗しちゃったから、夫がみんなで着て応援しようって決めましたが、私の心は日本です」(彩夏さん)

 仲良し夫婦は一時休止。27日の夜はお互いの国の生き残りをかけた“バトル”が待っている。(AERA dot.編集部・國府田英之)