MLBのストーブリーグもいよいよ本格化し、アーロン・ジャッジ外野手(ヤンキース:カッコ内は今季所属球団、以下同)をはじめとして10年近い超大型契約を結びそうな有力選手の去就に注目が集まっている。

 21世紀になってから顕著になってきた長期の高額契約だが、MLBファンの方ならご存じのとおり契約期間中に故障や不振で期待に応えられず「不良債権」化してしまう選手も珍しくないなど弊害も指摘されている。だが大型契約を結んだ選手がそれに見合った活躍を続けた例がないわけではない。今回はそうした「Win−Win」の大型契約を紹介する。

 何をもって成功や失敗とするかだが、比較的コンスタントに好成績を収め続けたか、ワールドシリーズ制覇を含むプレーオフ進出に貢献できたかどうかなどは基準としていいだろう。その点で言えば、2001年からレッドソックスと8年1億6000万ドル(約222億円)で契約したマニー・ラミレス外野手は合格ではないだろうか。

 1993年にインディアンスでメジャーデビューしたラミレスは98年に45本塁打、145打点をマーク。99年には打率3割3分3厘、44本塁打、リーグ最多の165打点をマークし、29歳となる2001年からレッドソックスと大型契約した。

 以降の8年間でラミレスは全てオールスターに選出、06年までは6年連続でシルバースラッガー賞にも選ばれた。主要スタッツも打率は6年で3割以上(残り2年も2割9分台)、本塁打は7年で33本以上(うち3年は40本以上)、打点も7年で100の大台に乗せた。02年は打率3割4分9厘で首位打者、04年は43ホーマーで本塁打王を獲得。そしてなにより、04年と07年の2度に渡ってワールドシリーズ制覇に貢献し、04年にはシリーズMVPも獲得した。

 契約最終年の08年途中にはドジャースへトレードされたが、この8年間の通算成績は打率3割1分6厘、291本塁打、921打点(1年平均では36本塁打、115打点)だった。ちなみにラミレスは37歳となる09年以降は一度も20ホーマーを超えることなく11年を最後に現役引退。レッドソックスはまさに絶妙な契約期間でラミレスの全盛期を手中にしたと言えるだろう。

 今季限りで現役を引退したアルバート・プホルス一塁手(カージナルス)は22年間のキャリアの中で2度の大型契約を経験。そのうち1回目は2004年2月にカージナルスと結んだ8年総額1億1600万ドル(約161億円、最終年の契約オプション込み)の契約だった。プホルスはこの年24歳。01年のメジャーデビューから3年連続で「打率3割・30本塁打・100打点」をクリアし、新人王と首位打者を獲得するなど若きスーパースラッガーとしての地位を早くも確立していた。

 大型契約後もプホルスのバットは快音を響かせ続け、契約満了1年前の10年まで「打率3割・30本塁打・100打点」を途切れさせることがなかった。09年からは2年連続で本塁打王のタイトルを手にし、オールスターには当たり前のように毎年選出。シルバースラッガー賞には4回、ゴールドグラブ賞には2回輝き、リーグMVPは3回も獲得している。

 11年こそ打率2割9分9厘、37本塁打、99打点で大台にわずかに届かなかったものの、8年間で打率3割2分6厘、331本塁打、948打点(1年平均では41本塁打、118打点)。さらに06年と11年にはワールドシリーズ優勝にも貢献した。

 なおプホルスは11年オフにエンゼルスと10年2億5400万ドル(約353億円)と自身2度目の大型契約を結んだが、この間は一度も打率3割に届かず、30本塁打以上のシーズンは3回、100打点以上は4回あったもののタイトルには縁がないまま契約最終年の21年途中にドジャースへ放出された。エンゼルスでは通算で打率2割5分6厘、222本塁打、783打点。高額年俸に見合った活躍はできず、ワールドシリーズの舞台に立つこともなかった。

 MLBでの大型契約を振り返るならば、やはり2001年1月にレンジャーズと当時のスポーツ界で最高額となる10年総額2億5200万ドル(約350億円)の契約を結んだAロッドことアレックス・ロドリゲス内野手を避けては通れない。25歳にして若きスーパースターではあったAロッドだが当時の常識を超える超大型契約には否定的な意見も多く、特に古巣であるマリナーズファンからは金の亡者呼ばわりされ、蛇蝎のごとく嫌われる羽目になった。

 結果的には、レンジャーズはAロッドを擁しながらも3年連続で地区最下位に沈むなど大型契約を持て余すようになり、04年2月に残りの1億7900万ドル(248億円)のうち6700万ドル(約93億円)を負担することでヤンキースへAロッドをトレードした(交換選手はアルフォンソ・ソリアーノら2人)。レンジャーズ視点で言えば大失敗の契約なのだが、ロドリゲス個人に焦点を当てればこの契約は必ずしも失敗ではなかった。

 レンジャーズ時代の3年間は、チームの低迷をよそに52本塁打、57本塁打、47本塁打と3年連続で本塁打王のタイトルを獲得。02年は142打点で二冠を制し、03年はキャリア初のリーグMVPを獲得した。ちなみにこの2年間は守備でもゴールドグラブ賞に選ばれている。

 ヤンキース移籍後も05年に打率3割2分1厘、48本塁打、130打点、21盗塁で2度目のリーグMVP、07年には打率3割1分4厘、54本塁打、156打点、24盗塁で3度目のリーグMVPと大活躍。このオフに残り3年の契約を破棄する代わりに新たな10年総額2億7500万ドルでヤンキースと再契約したため、当初の契約は実質的に7年間となった。

 この7年間の成績は打率3割4厘、329本塁打、908打点、132盗塁(1年あたり47本塁打、130打点、19盗塁)。ラミレスやプホルスと違ってワールドシリーズ制覇には縁がなかったが(キャリア唯一のWS優勝は2度目の長期契約中の09年)、十分に大型契約に見合った活躍だった。

 打者に比べて消耗が激しい投手はそもそも長期の大型契約例が少なく、いくつかを取り上げてもケビン・ブラウンの7年1億500万ドル(約146億円)やバリー・ジトの7年1億2600万ドル(約175億円)といった失敗が目立つが、マックス・シャーザーが2015年に結んだ7年2億1000万ドル(約291億円)の契約はレアな成功例となった。

 2008年にダイヤモンドバックスでメジャーデビューし、10年からはタイガースでプレーしたシャーザーは、13年に21勝3敗、防御率2.90、240奪三振で最多勝とサイ・ヤング賞を獲得。翌14年も18勝で2年連続の最多勝を獲り、そのオフにナショナルズと大型契約を結んだ。30歳からの長期契約と不安要素はあったが、新型コロナウイルスで短縮シーズンとなった20年を除けば毎年2ケタ勝利をマーク。16年と17年には2年連続でサイ・ヤング賞にも輝いた。19年にはナショナルズ史上初となるワールドシリーズ制覇にも貢献している。

 この間には2度の最多勝、3年連続の奪三振王のタイトル獲得もあり、途中でドジャースへ移籍した契約最終年の21年を含めて7年間で99勝47敗、防御率2.75、1699奪三振。衰え知らずの30代前半を過ごし、21年オフにはメッツと3年総額1億3000万ドル(約180億円)の契約を結んだ。1年あたりの年俸4333万ドル(約60億円)はMLB史上最高額となっている。

 ちなみにジャッジは来年で31歳。そのジャッジとともに大型契約が濃厚な注目FAであるトレイ・ターナー遊撃手(ドジャース)は30歳で、カルロス・コレア遊撃手(ツインズ)は29歳。冒頭のラミレスはほぼ30代での長期契約でもしっかり結果を残したが、プホルスとロドリゲスは2度目の長期契約ではそれ以前ほどインパクトは残せなかった。

 やはり歴史に残る名選手であっても40歳近くまで最高レベルを維持するのは並大抵のことではなく、長期の大型契約がコストパフォーマンスに見合うのかは何とも言い難いところ。10年後に「あの契約は大正解だった」と称賛される大型契約は果たしてこのオフに実現するのだろうか。(文・杉山貴宏)