Bクラス(4位)からの巻き返しを図る巨人。このオフは松田宣浩(前ソフトバンク)、長野久義(前広島)のベテラン2人を獲得しているものの、今のところFAなどでの大型補強はなく、若手の底上げが重要になりそうだ。球団としてもかつての“育成の巨人”復活を目指すと宣言しているが、ここ数年特に目立つのが育成ドラフトでの積極的な指名だ。今年を含めた過去3年間の育成ドラフトでは合計31人を指名しており、セ・リーグでは最も多い数字となっている。

 しかし、そんな大量の育成指名も現時点では成功しているとは言い難い。昨年までの過去10年間に育成ドラフトで巨人に入団した選手は60人いるが(2015年育成3位の松沢裕介は故障で入団辞退し、2016年育成8位で再び指名され入団)、その中から今シーズンまでに一軍出場を果たしたのは14人。その14人の一軍での成績をまとめてみると以下のようになっている(成績は巨人在籍時)。

篠原慎平(2014年育成1位)
30試合 1勝1敗0セーブ0ホールド 防御率4.34

田中貴也(2014年育成3位)
2試合 0安打0本塁打0打点0盗塁 打率.000

増田大輝(2015年育成1位)
263試合 27安打1本塁打10打点57盗塁 打率.209

長谷川潤(2015年育成8位)
3試合 0勝1敗0セーブ0ホールド 防御率8.53

加藤脩平(2016年育成2位)
6試合 0安打0本塁打0打点0盗塁 打率.000

坂本工宜(2016年育成4位)
2試合 0勝0敗0セーブ0ホールド 防御率13.50

松原聖弥(2016年育成5位)
271試合 199安打15本塁打60打点29盗塁 打率.255

堀岡隼人(2016年育成7位)
15試合 0勝0敗0セーブ1ホールド 防御率7.41

山下航汰(2018年育成1位)
12試合 2安打0本塁打0打点0盗塁 打率.167

沼田翔平(2018年育成3位)
7試合 0勝0敗0セーブ0ホールド 防御率9.45

平間隼人(2019年育成1位)
1試合 0安打0本塁打0打点0盗塁 打率.000

喜多隆介(2020年育成2位)
14試合 1安打0本塁打2打点0盗塁 打率.111

戸田懐生(2020年育成7位)
17試合 1勝0敗0セーブ0ホールド 防御率5.76

菊地大稀(2021年育成6位)
16試合 0勝2敗0セーブ0ホールド 防御率5.60

 完全に一軍の戦力となっている選手は増田と松原の2人だけ。しかし昨年はレギュラーをつかんだかに見えた松原も今年は成績を落とし、背番号9もわずか1年ではく奪となっている。他では2018年育成1位の山下が1年目にいきなり二軍で首位打者を獲得しているものの、翌年以降は故障で結果を残すことができず、他球団での支配契約を目指してわずか3年で退団している(今年からは社会人野球の三菱重工Eastでプレー)。これを見ても“育成の巨人”と呼ぶには寂しい状況であるのが、よく分かるだろう。

 一方で12球団で最も多く育成選手を指名しているソフトバンクは千賀滉大、牧原大成、甲斐拓也の3人が主力となった2010年以降も飯田優也(2012年育成3位)、石川柊太(2013年育成1位)、周東佑京(2017年育成2位)、大竹耕太郎(2017年育成4位)、大関友久(2019年育成2位)が一軍の戦力となり、リチャード(2017年育成3位)と渡辺陸(2018年育成1位)もブレイクの兆しを見せている。育成ドラフトの結果だけがもちろん全てではないが、巨人とソフトバンクのチーム力の差の一因となっているとは言えそうだ。

 ただ、そんな巨人の育成ドラフトだが、過去2年では喜多、戸田、菊地の3人が早くも一軍デビューしており、二軍、三軍で結果を残している選手も少なくない。そして今年育成ドラフトで指名した選手は過去と比べても楽しみな選手が非常に多い顔ぶれとなっている。特に育成1位の松井颯(明星大)は150キロ前後のスピードと安定したコントロール、変化球を備えた投手で、育成まで残っていたのが不思議な存在だ。菊地と比べても大学4年時点での実力は明らかに上であり、それを考えると早期の支配下契約、一軍デビューも十分に期待できるだろう。

 松井以外の8人は全員が高校生という思い切った指名になったが、それぞれ特徴のある選手が多く将来的に面白い。特に投手では育成2位の田村朋輝(酒田南)、野手では育成6位の三塚琉生(桐生第一)がこの順位で指名できたのは幸運だったと言えるポテンシャルの持ち主である。順調に成長すれば、チームの将来を背負う選手になることも十分に期待できそうだ。

 楽しみな素材は増えているだけに、今後重要になってくるのはハード面だ。現在のジャイアンツ球場とは別に建設予定のファーム新球場は完成時期が再来年になると報じられており、その点で抜群の施設を持つソフトバンクとの差はまだ埋まっていない。多くの育成選手を抱えるには設備面の投資も当然必要となってくる。そういう意味でも指導現場、スカウト部門だけでなく、球団をあげていかにそういう面をスピードアップできるかが今後重要になってくることは間違いないだろう。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文 1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。