強いチームには二遊間の選手が安定していることが多い。2000年以降のチームで真っ先に思い浮かぶのが中日の荒木雅博、井端弘和の“アライバコンビ”ではないだろうか。2004年から6年連続で2人揃ってゴールデングラブ賞を受賞。記者投票によって選ばれるため、近年はその選考に疑問が多い同賞だが、当時のあらゆる守備指標を見てもこの2人は常にリーグ上位の数字をマークしており、揃って球界トップクラスの守備力を誇っていた。

 またこの2人が秀でていたのは守備だけではない。荒木は2004年から6年連続で30盗塁以上を記録し、井端もこの期間に打率3割を3度記録するなどリードオフマンとしてもチームに欠かせない存在となっていたのだ。球史に残る二遊間コンビであることは間違いないだろう。

 では現在のプロ野球界で最高の二遊間コンビは誰になるのだろうか。攻守両面の総合力でまず挙がるのが西武の外崎修汰と源田壮亮の2人だ。守備面では源田はプロ入りから5年連続でリーグ最多の補殺数を記録。今シーズンは新型コロナウイルス感染で108試合の出場に終わったこともあって補殺数を大きく減らしたものの、5年連続でゴールデングラブ賞を受賞している。一方の外崎も入団直後はあらゆるポジションで起用されていたが、2019年からはセカンドのレギュラーを獲得すると、それ以降の4年間で3度リーグ最多の補殺数をマークし、ゴールデングラブ賞も2度受賞している。

 またこの2人に関しては単純な補殺数だけでなく、セイバーメトリクスが示す多くの指標においても12球団でトップクラスの数字を示しているのだ。一方で課題となっているのが打撃面だ。外崎は2019年の146安打、26本塁打が目立つがそれ以降は目立った数字を残していない。源田も今年は入団後最低の安打数、打率に終わった。このオフには外崎が4年、源田が5年という長期契約を結んでチーム残留となったが、球団とファンの高い期待に応えるためにも、来年は攻撃面でも成績を伸ばしてくれることを期待したい。

 外崎と源田は同学年だが、他の球団を見てみると二遊間のどちらかは実績のある選手で、もう一方はこれから成長が期待される若手というケースが目立つ。特にセ・リーグはそのようなコンビが多く巨人の吉川尚輝、坂本勇人、ヤクルトの山田哲人、長岡秀樹、広島の菊池涼介、小園海斗はまさにそういったコンビの代表例と言えるだろう。

 この3組の中で今後最も大きな可能性を感じさせるのはやはり山田、長岡の2人だ。山田はトリプルスリーを3度達成しており、攻撃面では現役でも最高のセカンドであることは間違いない。また守備においてもゴールデングラブ賞の受賞こそないものの、あらゆる指標においてリーグでもトップクラスの数字を残しており、今年はキャリアハイとなる守備率.995もマークしている。

 持ち味の打撃面で少し苦しんだが、今年で30歳とまだまだ老け込むには早い年齢であり、今後も球界を代表するセカンドとして君臨する可能性は高い。一方の長岡はプロ入り3年目の今年ショートのレギュラーに定着すると、いきなりゴールデングラブ賞を受賞するなど大ブレイク。チームの優勝に貢献したという印象的な部分だけでなく、セイバーメトリクスなどの指標においてもリーグでもトップとなる数字をマークしている。打撃面はまだ確実性には課題が残るものの、9本塁打を放っているようにパンチ力は大きな魅力だ。今後順調に成長すれば、代表クラスのショートになることも十分に期待できるだろう。

 パ・リーグの若手&ベテランコンビではソフトバンクの三森大貴、今宮健太を挙げたい。三森はプロ入り5年目の昨年から一気に出場試合数を増やし、今年は初めて100試合出場、100安打をクリア。抜群のスピードが持ち味で一塁までの到達タイムは12球団でも1、2を争うレベルにあり、今年は9本塁打を放つなどパワーアップしたところも見せた。守備面でも守備範囲の広さは素晴らしいものがあり、年々堅実さも加わっている。今後のパ・リーグを代表するセカンドになることも期待できそうだ。

 一方の今宮はここ数年は故障もあって大きく成績を落としていたが、今年はキャリアハイとなる打率をマークするなど見事に復活しベストナインも受賞。また守備面でもゴールデングラブ賞こそ逃したものの、まだまだ高いレベルを維持している。今年の状態を維持することができれば、三森と組む二遊間コンビはパ・リーグでもトップクラスの存在となりそうだ。

 まとめると総合力では外崎と源田だが、今後を考えると山田と長岡、三森と今宮も逆転の可能性はあるように見える。また今年は中日が二遊間のレギュラークラス2人をトレードするなど、大きな動きを見せている球団も少なくない。またドラフトでもショートの選手が多く上位で指名されているだけに、今後新たに球史に残るような二遊間コンビが誕生することも期待したい。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文 1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。